【やすらぎの刻~道】51話の視聴率とあらすじ!いしだあゆみと大空真弓登場で「大変だ」

【やすらぎの刻~道】51話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』51話が2019年6月17日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
現代『郷』に戻る51話。元女優が入居!マヤと冴子のライバルか!?
『やすらぎの刻~道~』51話の視聴率とネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】51話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】51話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】51話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』51話・公式HPあらすじ

早朝、緊急地震速報がけたたましく鳴り響き、菊村栄(石坂浩二)をはじめ、『やすらぎの郷La Strada』の住人たちは取るものも取りあえず本館へと避難した。だが、そこに高井秀次(藤竜也)の姿だけがなく…。

『やすらぎの刻~道』51話あらすじ・ネタバレ

緊急地震速報は機械の誤作動で誤報だった。
秀次(藤竜也)がいないことで、サロンでは「ひとりで逃げた」と噂に。
マヤ(加賀まりこ)も冴子(浅丘ルリ子)も「秀ならありえる」といい、もどってきたらいびってしまおうと笑い話にしていた。

<菊村(石坂浩二)の心の声>
いつもつまらない人間に思いもよらず長所をみつけたときより、叶わないと思っていた人間に欠点をみつけると、これはワクワクする。
芸能ニュースでも不倫や逮捕されたとか、不幸なニュースのほうが面白い。

そのとき、ニュースでは大麻所持で俳優が捕まったと報道されていた。

**
この日は、新しく入居者が。
元女優の桂木怜子(大空真弓)と妹分の中川玉子(いしだあゆみ)。

怜子は、テレビ初期の“よろめきドラマ”でブレークし、“視聴率女王”とよばれた大女優。
玉子はお世話をしている。

車から降りてきた玲子を見て
「こりゃぁ大変だ」
マヤと冴子がため息をつく。

<続く>

【やすらぎの刻~道】51話の見どころ

【やすらぎの刻~道】51話の見どころを紹介します。

【やすらぎの刻~道】51話の感想

現代に戻りました。
菊村の心の声はなかなかいいですね。
さて、いしだあゆみさんと大空真弓さんが登場した51話。
怜子と玉子の入居で女の闘いがありそうな予感。
女優というものは、本当に綺麗でもあり、傲慢でもあると感じた51話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク