【いだてん】21話の視聴率とあらすじ!黒島結菜(富江役)「くそったれ」が爽快!

いだてん

【いだてん】21話の視聴率とあらすじ!

NHK大河ドラマ『いだてん』21話が2019年6月2日に放送されました。

黒島結菜(村田富江役)「くそったれ」が話題に!?

今回は【いだてん】21話の視聴率とあらすじについて。(見逃した方はNHKオンデマンドまたはU-NEXTで!)

スポンサーリンク

【いだてん】21話の視聴率

【いだてん】21話の視聴率は、8.5%!

前回から0.1ポイントダウンとなりました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【いだてん】の視聴率と最終回ネタバレ! 中村勘九郎×阿部サダヲ主演のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の視聴率…

【いだてん】21話のあらすじ

第21回「櫻の園」のあらすじ

1920年、アントワープオリンピックでメダルを逃した四三(中村勘九郎)は失意の内にヨーロッパを旅し、第1次世界大戦の傷跡が生々しいベルリンを訪れていた。そこで四三が目にしたのは戦災に負けずにたくましくスポーツを楽しむ女性たちだった。その姿に大いに刺激を受ける四三。帰国するとスヤ(綾瀬はるか)から引退して熊本に帰るよう頼まれるが、その胸には日本に女子スポーツを根付かせるという固い決意が生まれていた。
出典https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/021/

四三 が教える名門女学校。いきなり欧米人と日本人の身体の差を図解して、生徒たちから猛反発。

リーダー的存在 ・村田富江(黒島結菜)から、この学校が美人のいない=シャンナイ、スクールと呼ばれていると知らされる。

体育をすると日焼けして嫁に行けなくなると意見された四三。

自分の顔を立てて欲しい、とやり投げをしてもらうが…。

富江「くそったれ!!!うおおおおおお」

遠くに飛んだやり。女子学生たちは歓喜に沸いた。

シマ(杉咲花)も「嫁になんか行かなくていい!」と宣言。体操着を来て走った。

そしてシマは増野(柄本佑)とのお見合いを断った。

まだ女子の陸上はオリンピック種目ではないが、あきらめたくないのだ。

しかし予想に反して、増野は結婚してもやめなくていいと言う。子どもとオリンピックを応援する、とも。

大正10(1921)年夏。シマは増野と結婚した。

【いだてん】21話の感想

黒島結菜(富江役)「くそったれ」が爽快!

【いだてん】21話のまとめ

『いだてん』21話は、女子スポーツの指導回。

黒島結菜が何でもいいから投げるとき叫べと指導され、まさかの…

くそったれ!」

お嬢様のうっぷんを晴らすかのようなかけ声が爽快で、カッコイイと話題です。

NHKのドラマ『アシガール』ヒロインが、ヤリガールになっていました。

思えば、同じ宮藤官九郎脚本のTBSドラマ『ごめんね青春』にも出演していた黒島結菜。

アシガールとクドカン両方つながりでの抜擢かもしれません。

なお、本編後には女子サッカーのレジェンド・澤穂希さんも出演。

女子があまりサッカーをしない時代に先駆者となった方として、紹介されていました。

女子だから…という縛りに対しての「くそったれ」が叫ばれた回なので、見事なはまり役?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク