2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【やすらぎの刻~道】38話の視聴率とあらすじ!清野菜名がおてんば娘卒業!?

【やすらぎの刻~道】38話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』38話が2019年5月29日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
しのが恋をする!?
38話の視聴率とネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。 主人公菊村(石坂浩二)が描く脳内劇『道』の世界と現代の2つの物語で構成される『やすらぎの刻~道』...
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】38話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】38話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】38話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』38話・公式HPあらすじ

近在の女学生たちになぎなたを教えはじめたしの(清野菜名)は、道場主の小沼良吉(大貫勇輔)にひと目ぼれ。自分から良吉に試合を申し入れるが…!? そんなしのに対し、警察官である良吉は意外な任務に就いていることを告げて…

『やすらぎの刻~道』38話あらすじ・ネタバレ

しの(清野菜名)は小沼の1本で気絶をしてしまう。
目が覚めると、小沼が傍にいた。

その時、小沼が特高の刑事だと知る。
しのは室井先生のことを小沼に訊ねる。
室井先生は召集されていた。

**

しのと小沼は途中まで一緒に帰ることに。

しのは無口になる。
そんなしのの変化を小沼は自分が警察の人間だからだろう、と察する。

「警察だとわかると、みんな態度が変わる」という小沼。
刑事でも平凡な普通の人なのに、色眼鏡で見られるとも。

しのはすかさずそれを否定。色眼鏡で見てはいない。
「与えられた仕事をしている真面目な方だと思う」としっかりと話す。

別れ際、小沼の下駄のはなおが切れた。
それを直すしの。
「女らしいとこもあるんだな」ポツリと小沼。
そして
「あなたは好きな人がいますか」と訊ねた。
しのは「ひとりいます」と答える。それは三平のこと。

小沼はしのに言う。
「あなたは薙刀が強い。でも、あれ以上強くなることはない。
武道は身を守るためのもの」
「それより、好きな相手をくるンでやるやさしさ、そっちの方が何倍も大事です。
しのさんももう大人。優しい女になりなさい」

小沼は女として生きることをしのに伝えたのだった。

<公平のナレーション>
そんなことがしのちゃんにあったなんて僕は知らなかった。
この頃からしのちゃんは急に優しくしとやかになった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】38話の見どころ

やすらぎの刻名言

しの(清野菜名)がキュンとするセリフ♪

【やすらぎの刻~道】38話の感想

どうやらしのは小沼のことを好きになってしまった様子。
おてんばのしのがこれからどんな恋をするのでしょう。
三平のことも好きなはずだけど??
あっちも好き、でもこっちも好き。
恋は時代など関係なく、心揺れるものですね。
しのと公平は夫婦になるはず。しのの心に公平はまだいない。
この先どんな変化があるのでしょう。気になる♪♪

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

やすらぎの刻
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
【dorama9】