【ルパンの娘】キャストとあらすじ!深田恭子と瀬戸康史が泥棒と刑事に?原作との違いは?

2019年7月期の木曜劇場(毎週木曜22時~)にて『ルパンの娘』の放送が決定しました。原作は同名のミステリー小説で、主演は『初めて恋をした日に読む話』のヒットも記憶に新しい深田恭子さんが務めるとか。そんな深田恭子さんの恋のお相手はイケメン俳優・瀬戸康史

今回はドラマ【ルパンの娘】のキャストとあらすじについて。

スポンサーリンク

【ルパンの娘】の基本情報

放送時間:毎週木曜22時~

放送開始予定:2019年7月某日(細かい日程は未発表)

放送局:フジテレビ

【ルパンの娘】の主要キャスト・登場人物

フジテレビ系列木曜劇場【ルパンの娘】の主要キャストを紹介します。

深田恭子(役:三雲華)

登場人物三雲華(みくも・はな)…代々泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘。家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。泥棒逮捕を仕事とする警察官・桜庭和馬と付き合っていて…。

キャスト深田恭子(ふかだ・きょうこ)…女優。1982年11月2日生まれ。ドラマ【ルパンの娘】放送中は36歳!東京都出身。

・キュートな姿が印象的な深田恭子さんですが、実はもうアラフォー!
・代表作は『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系列/1998)『ダメな私に恋してください』(TBS系列/2016)『初めて恋をした日に読む話』(TBS系列/2019)など。
・フジテレビ系列のドラマに主演するのは『隣の家族は青く見える』(2018)以来。
・泥棒役は映画『ヤッターマン』(2009)以来2回目。

<深田恭子のコメント(一部抜粋)>

演じるのは泥棒ですが、登場人物それぞれが真面目に生きていて、それが面白く見えるといいと監督がおっしゃっていましたので、三雲華という女性が持つ、泥棒なんてやりたくないと図書館司書として普通に働く“昼の顔”と、盗みの才能に恵まれてどこかで血が騒いでしまう“夜の顔”という二面性をしっかり演じ分けられたらなと思います。

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/introduction/index.html

瀬戸康史(役:桜庭和馬)

登場人物桜庭和馬(さくらば・かずま)…代々警察一家の息子。自身も警察官で、泥棒逮捕が仕事なのだが、代々泥棒一家の娘、華と付き合っている。たびたび華の家族や悪党たちに追い詰められ窮地に陥っているが…。

キャスト瀬戸康史(せと・こうじ)…俳優。1988年5月18日生まれ。ドラマ【ルパンの娘】放送中は31歳!福岡県出身。

・瀬戸康史さんも深田恭子さん同様、ベビーフェイスな印象ですが、なんともう30代!
・代表作は『ミュージカル・テニスの王子様』(2006~2007)『連続テレビ小説・あさが来た』(NHK/2016)『連続テレビ小説・まんぷく』(NHK/2018)など。
・フジテレビドラマに出演するのは月9ドラマ『海月姫』(2018)以来
※現在放送中の『パーフェクトワールド』は、カンテレ制作ドラマ
・刑事役は『刑事 犬養隼人(第2弾)』(朝日放送/2016)以来。
・深田恭子さんとの共演は『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(2012)以来、およそ7年ぶり。

<瀬戸康史さんのコメント(一部抜粋)>

刑事ということで体重を10キロ増やしました。僕が演じる和馬は何事にも全力で取り組む、おもしろいくらい真っ直ぐな人間です。そしてさまざまな事件に巻き込まれ、運が良いのか悪いのか解決していきます。それから恋…和馬が男としてどう成長していくのか、僕自身も楽しみです。

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/introduction/index.html

【ルパンの娘】のあらすじ

「わたしは泥棒の娘。結婚を考えた彼は警察官でした…」

これは世にも不思議な“ロミオとジュリエット”!?

代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

三雲華(みくも・はな)は泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。そんなの恋人は警察官一家の息子で自身も刑事である桜庭和馬(さくらば・かずま)。悪党しか狙わないことをモットーとしている“Lの一族”ですが、盗みの計画の先には、泥棒逮捕を仕事とする和馬がいつも関わっていて、悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまいます。は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまい…。

【ルパンの娘】の原作

横関大『ルパンの娘』(講談社文庫刊・累計発行部数10万部突破)が原作です。

横関さんの小説がドラマ化されるのは「第56回江戸川乱歩賞」を受賞『再会』を原作としたスペシャルドラマ『再会』(フジテレビ系列/2012)以来、およそ7年ぶりです。

画像出典:http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000212717

横関大(よこぜき・だい)情報…1975年2月18日生まれ。小説家。推理作家。武蔵大学人文学部卒業。2010年『再会』で第56回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。

<横関大さんのコメント(一部抜粋)>

原作の魅力を存分にいかしながら、ドラマオリジナルの要素を加え作り出される木曜劇場『ルパンの娘』。ドラマの軸となっている華と和馬の恋愛模様はもちろん、三雲家と桜庭家それぞれの家族ドラマ、「泥棒vs警察」の攻防戦やミステリー、アクション、そしてまさかのミュージカル要素までも詰め込み、エンターテインメントの粋を集積させた奇想天外なラブ&コメディー『ルパンの娘』に乞うご期待!

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/introduction/index.html

【ルパンの娘】のスタッフ

脚本…徳永友一

・代表作は『海月姫』(フジテレビ系列/2018)『グッドドクター』(フジテレビ系列/2018)『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系列/2019)など。

・木曜劇場は2019年春放送の『ストロベリーナイト・サーガ』に続き2期連続続投。

主題歌…未定

※発表され次第、更新いたします(Coming Soon…)

プロデュース…稲葉直人

・代表作は『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(2018)『テルマエ・ロマエ』(2012・2014)『信長協奏曲』(2016)など。

・『テルマエ・ロマエ』で、各年で最も優れた映画プロデューサーに贈られる「藤本賞」を受賞しているヒットメーカー。

<稲葉直人プロデューサーのコメント(一部抜粋)>

「普通の女の子になりたい」と泥棒家業から遠ざかって生きてきた主人公の華が、愛する彼・和馬を救うため、嫌々ながら泥棒スーツを身にまとうことになってしまい…しかし、ひとたびスーツを着ると大泥棒一家のDNAが騒ぎ出し、強く、かっこよく、そしてセクシーな泥棒になってしまう…そんな仕掛けを。その活躍がアダとなり、華は毎回望んでもいない怪盗にならざるを得なくなってしまうのです。

~中略~

なお、『翔んで埼玉』『テルマエ・ロマエ』の脚本・監督・プロデューサーが集まったもので、多少コメディ色が強めになる恐れがございます。ご容赦ください。でも、見てくださる方々にとにかく楽しんでもらい、ワクワクしてもらえるようなドラマを、真面目に作ろうと思います。

強く、かっこよく、セクシーな怪盗・深田恭子と、どこまでも振り回されるピュアな刑事・瀬戸康史に、是非ご期待ください!

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/introduction/index.html

演出…武中英樹

・代表作は『電車男』(2005) 『のだめカンタービレ』(2006)『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015)など。

制作…フジテレビ第一制作室

【ルパンの娘】のまとめ

笑って泣けるラブファンタジーの誕生!?

ドラマ『ルパンの娘』は代々泥棒一家の娘と代々警察官一家の息子の恋を描いた物語です。

こんな設定だけでも楽しい気配がしますが、『飛んで埼玉』や『テルマエ・ロマエ』のスタッフが集合し、深田恭子と瀬戸康史という実力派がドラマを彩ります。面白くないわけがない…!

毎週木曜は笑って泣けてときめけて!そんな時間を過ごしましょう。

また、まだ現時点では未発表の情報も多々ありますので、最新情報が公開され次第、随時更新いたします。こうご期待!

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク