【わたし、定時で帰ります。】5話の視聴率とあらすじ!桜宮(清水くるみ)に意外に共感?

わたし定時で帰ります。

【わたし、定時で帰ります。】5話の視聴率とあらすじ!

吉高由里子主演のTBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。(わた定)』第5話が2019年5月14日に放送。

5話は、結衣(吉高由里子)がセクハラ問題と戦う!?

放送後、小悪魔女子の桜宮(清水くるみ)に意外に視聴者から共感が集まって…!?

今回は【わたし、定時で帰ります。】5話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

動画は、パラビで配信あり。※当ページの情報は2019年5月21日時点のものです。
ドラマ【わたし、定時で帰ります。】のキャストとあらすじ! 2019年4月16日(火)スタートのTBS・火曜ドラマは『わたし、定…
スポンサーリンク

【わたし、定時で帰ります。】5話の視聴率

【わたし、定時で帰ります。】5話の視聴率は、9.8%!

二ケタ視聴率はならなかったものの、前回から1.4ポイントアップしました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

【わたし、定時で帰ります。】の視聴率と最終回ネタバレ! 吉高由里子主演のTBS系火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。(わた定)…

【わたし、定時で帰ります。】5話のあらすじ

【わた定】5話のあらすじ

ある日ランダー社から緊急の要件だと呼び出される制作4部のメンバー。
先日OKがでたはずの20周年サイトのデザインに「ピンとこない!」と言われ、困り果てる結衣(吉高由里子)たちであったが、「桜宮さん(清水くるみ)に任せておけば問題なし!」と笑顔で中西(大澄賢也)らに言われ、桜宮との関係を不信に思う…。

数日後、吾妻(柄本時生)に呼び出されて外にでると、ランダー社の草加がいて、中西らと一緒に露出の多いユニフォームを着てランニングをする桜宮の動画を見せられる。
その話を聞いて憤慨する結衣はランダーへ打ち合わせに向かうが――。

出典https://www.tbs.co.jp/watatei/story/ep5.html

5話の見どころ

予告動画では「どっからどう見てもセクハラですよ」という結衣の声があり、桜宮が「人にはそれぞれの働き方がある。東山さんならわかってくれますよね?」と話す場面などが収録。

女を使う桜宮。本人は良いと思っているようですが…。

セクハラ問題が第5話のキーになりそうです。

5話のあらすじネタバレ

結衣たちのプレゼンに賛同したランダー社の部長と専務が異動になった。

そのことも原因で、ランダーのサイトがやり直しになる。しかし桜宮と中西がやたら親密だ。

ある日。結衣と晃太郎は2人でランダー社へ。打ち合わせ後、人事部にセクハラの訴えがあったと話すが…。

中西がみせた動画には桜宮が「ここの筋肉なんですか?」(中西の筋肉をつつく)と笑顔な場面が!?

中西との飲み会の動画で、桜宮は楽しんでいた。そのため、結衣は何も言えなくなる。

後日。結衣は「本当にあれが楽しい?」と尋ねた。桜宮は相手に気を持たせる所で止めている、自分の考えで働いている反論した。

セクハラ行為を否定する桜宮に対して、福永(ユースケ・サンタマリア)が女性には役割がある、プライベートで会う分については問題ないと助言する。

ある日。桜宮は中西にランニングを一緒にするように呼ばれ、商品を試着させらることに。(=ヘソ出しで布の量が少ない競技用の商品)

ランダー社の下っ端・草加が動画を撮り、結衣と吾妻(柄本時生)に見せた。(=吾妻とはプラモデルメーカーのタミヤのキーホルダーで意気投合していた。)

翌日。結衣は桜宮に詰め寄って告げた「(桜宮のこと)仕事相手としてみてないよ、そういうのヤダよ私

動画を福永に見せても「穏便に」と言われる始末。

打ち合わせの日。結衣と来栖(泉澤祐希)がセクハラ行為を批判すると全否定。

遅れて到着した晃太郎は部下の非礼をお詫びした。その陰でそのまま続行と付箋で指示。

結衣「横暴が許される時代は終わってるんです。仕事とスポーツ一緒にするヒエラルキーってどうかしてる」

中西は怒り、他社に依頼することを決めた。晃太郎は御社の意向に沿うと引き上げた。

晃太郎は自社の制作本部長に話した。そしてランダーはCM炎上から学んでいなたいため契約を切りたいと意見が一致。

体裁上、ランダーから切られるように仕向けたのだった。

後日。週刊誌にて、ランダ―社の未払いやパワハラなど告発された。

……そして桜宮は派遣の期間が満了。

結衣の前で無理していたことを認めた桜宮。「自分を大切にしてね」と結衣は抱きしめた。

そんな中、晃太郎が退社・独立のウワサがでて・・・。

【わたし、定時で帰ります。】5話の感想

【わたし、定時で帰ります。】5話のまとめ

『わた定』5話の放送後、桜宮(清水くるみ)に意外に共感の声が上がりました。

ベレー帽をいつも被り、相手に気に入られるようにしていた桜宮。

仕事を効率よく進めるためにしていたことですが、事態はエスカレート。

露出の多いセパレートの競技用の服を着て「恥ずかしい」と(笑顔で)言っていた桜宮。

NOと言えない性格・立場な人、これって現実社会のあるあるでしょう。

終盤の桜宮の涙が、視聴者の共感を呼びました。

何か占いや劇的な出来事で大逆転は起きないものの、小さな奇跡・成長を描く本作。

視聴率は二ケタをキープできず苦戦中ですが、今回も好評のようでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク