【集団左遷】4話の視聴率とあらすじ! 花沢(高橋和也)退場に視聴者涙!

集団左遷

【集団左遷】4話の視聴率とあらすじ!

福山雅治の主演ドラマ【集団左遷!!】第4話が2019年5月12日(日)放送されました。

ここでは【集団左遷!!】4話の視聴率とあらすじをまとめます。

ドラマ【集団左遷!!】のキャストとあらすじ! 2019年4月21日スタートのTBS系・日曜9時のドラマは【集団左遷!!】 …

【集団左遷】の動画はパラビで配信中!30日間無料体験するなら、まずは登録+ログイン!※本ページの情報は2019年5月14日時点のものです。

スポンサーリンク

【集団左遷!!】4話の視聴率

『集団左遷!!』4話の視聴率は、9.2%!

前回から0.9ポイントのダウンとなりました。

(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ調べ)

【集団左遷!!】の視聴率と最終回ネタバレ! 【集団左遷!!】は、福山雅治が主演を務める、銀行を舞台にした平成最後の下克上ドラマ…

【集団左遷!!】4話のあらすじ

蒲田支店廃店か、存続か、ノルマ達成期限まで残り4ヶ月──。
街中で商談会のチラシを配っていた片岡(福山雅治)は、三嶋(赤井英和)から自社ビルを建てる予定だと聞く。うまくいけば20億円の融資につながる。さらになんと花沢(高橋和也)が前の支店にいた時の得意先だった不動産コンサルタントの神崎昇が蒲田支店を訪れ、高級ビジネスホテル建設計画のために40億円融資して欲しいと持ちかけてくる。

この2つの融資が成立すれば、ノルマ達成に大きく前進する。またとないビッグチャンスに、片岡は本部からまた妙な邪魔をされないよう横山常務(三上博史)に直接釘を刺しに行く。しかし、横山は思わぬ言葉を片岡にかける…

出典https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/story/4.html

横山常務の思わぬ言葉とは、「頑張ってください」という激励。

そんな中、花沢が記者・原 珠希 (猫背 椿)に出会う。原が蒲田支店を取材に来た。告知になると思われたが…。

しかし週刊誌の記事は、「蒲田支店が集団左遷」という内容だった。片岡が訂正を求めたが聞き入れられず。

記事をみた神崎昇 (戸次重幸)が心配して来店。今週中に融資を決めるよう求めてきた。

宿利(酒向芳)に叱られた片岡だったが、40億の融資の稟議を申し込む。なぜか、通る見込みで…。

不安に思った真山副支店長が調べたところ、神崎が紹介した地主たちは詐欺師だった。

契約の際中、小切手をもって逃走する神崎。花沢が逃がさなかった。警察が逮捕し被害額はゼロ。

その頃、蒲田支店には多くの来店者が…。廃店にならないように預金や融資の相談にきたらしい。

…蒲田支店のノルマ達成まで、残り57億円となった。

そんな中、花沢の出向が決まる。片岡が横山常務に撤回を掛け合う。

横山「信用を一度失うとおしまいなんです。…そんな行員、私は知りません」

片岡「知らない人間の人生もてあそぶなよ!」

横山「私は三友銀行の未来をみている。半年間の成果たのしみにしていますよ」

花沢は、片岡に感謝した。そしてまた蒲田支店の一日が始まる。

記者に集団左遷をリークしたのは宿利。

今回の失態で追い詰められた宿利は蒲田支店に来ていて…。

【集団左遷!!】4話の感想

花沢(高橋和也)退場に視聴者涙!

【集団左遷!!】4話のまとめ

花沢(高橋和也)が出向してしまいました。(スーパーマーケットのようです。)

横山常務の電話を無視したから、という理不尽すぎる人事。

チャンスをあげたかったです。

しかし、宿利部長がなんだか怖い表情。

映画『検察側の罪人』を観た方は酒向さんの怪演を思い出したのでは?

そして、まだ57億円のノルマがある、花沢退場後の蒲田支店はどうなっていくのか。今後も注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク