【なつぞら】13話の視聴率とあらすじ!広瀬すず本格的に登場、子牛の出産に反響!

【なつぞら】13話の視聴率とあらすじ!

NHK朝ドラ『なつぞら』第13話が2019年4月15日(月)に放送。

13話から、ヒロイン・広瀬すずが本格的に登場します。

農業高校編とも呼べる第3週「なつよ、これが青春だ」がスタートです。

今回は【なつぞら】13話の視聴率・あらすじ・感想について。

【なつぞら】12話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第12話が2019年4月13日(土)に放送。 …
朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
スポンサーリンク

【なつぞら】13話の視聴率

なつぞら13話

https://mantan-web.jp/article/20190412dog00m200053000c.html

『なつぞら』13話の視聴率は、22.6%

12話から1.0ポイントアップ。好調キープです。

【なつぞら】の視聴率とネタバレあらすじ・最終週まで! 映画主演多数の若手女優・広瀬すずがNHK朝ドラ『なつぞら』ヒロインに抜擢…

【なつぞら】13話のあらすじ

13話のあらすじ(事前情報)

昭和30年の初夏。なつ(広瀬すず)が十勝の柴田家に来てから、9年が経過していた。なつは地元の農業高校に通いながら、酪農の仕事を手伝っていた。ある朝、柴田家の牛が産気づき、泰樹(草刈正雄)たちは出産の準備をするが、いざ破水が始まると逆子であることが判明する。必死に仔牛を引っ張り出す泰樹や富士子(松嶋菜々子)だったが、生まれた仔牛は息をしていなかった。落胆する一同を前に、なつは思わぬ行動をとる…。

出典http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-04-15&ch=21&eid=10611&f=4681

13話のあらすじから事前レビュー

第3週はなつ(広瀬すず)の高校生編。

柴田家の子供たちも大きくなってキャスト変更です。

さらに先生役で柄本佑が登場。

生徒役には吉沢亮・山田裕貴のほか、映画「チア☆ダン」などで広瀬すずと共演している富田望生も登場します。

なつは、学校に行きつつ、相変わらず酪農の仕事も手伝っているもよう。

第13話は、9年たっての近況報告とともに、

なつの取った思わぬ行動が何か…が気になるポイントです。

13話のあらすじネタバレ

息をしていない生まれたての仔牛に対し、なつは人工呼吸をする。学校で習ったのだ。

息をした仔牛は立って歩いた。

なつは戦争で亡くなった両親に感謝し学校へ向かう。馬に乗って。

授業中だったが、倉田先生(柄本佑)の許可をもらい、仔牛を助けた話を話す。

居村(富田望生)に仔牛役になってもらい実演した。

なつはここで生きることに夢中だった。

その日の放課後。夕方の搾乳を免除されたなつは天陽(吉沢亮)の元へ

【なつぞら】13話の感想

広瀬すず本格的に登場、子牛の出産に反響!

成長したなつを演じる広瀬すずが登場。いきなりの子牛の出産に大きな反響がありました。

酪農家の泰樹たちがあきらめていたのに、仮死状態から救ったなつ。

羊水ようすいを飲んでいた子牛を人工呼吸。さらに足も動かして息を吹き返しました。

習ったという自信からくる行動で、教育の大切さを感じます。

学校も授業そっちのけで実体験を聞きたがる先生や同級生たち。

普通課と違い、農業高校で畜産課だから興味関心があるのでしょう。座学以上に大切なものがある教育の場を見た、といったら大げさか…。

このまま酪農の物語でも良い、という声が上がるほど十勝編が充実して好評です。

*次回・14話のあらすじネタバレと感想はコチラ

【なつぞら】14話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第14話が2019年4月16日(火)に放送。 …

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク