ドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】のキャストとあらすじ!石原さとみ主演!

ヘブンのキャストとあらすじ

ドラマ【Heaven?(ヘブン)~ご苦楽レストラン~】のキャストとあらすじ!

2019年7月期のTBS火曜ドラマは『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(毎週火曜よる10時放送)。

主演・石原さとみが、フレンチレストランのオーナー役に

佐々木倫子の同名コミックを原作に、風変わりなオーナーと個性豊かな従業員たちが繰り広げる“至極のレストランコメディー”です。

今回は注目のドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】のキャスト・あらすじ・主題歌・原作・見どころ・放送情報などについて!

ドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】の動画

ドラマ【Heaven?(ヘブン)】の動画はパラビで配信。スピンオフドラマも独占配信されます。※2019年8月13日時点の情報です。

【Heaven?~ご苦楽レストラン~】の視聴率と最終回ネタバレ! 石原さとみ主演のドラマ『Heaven?(ヘブン)~ご苦楽レス…
スポンサーリンク

ドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】は2019年7月スタート!<キャスト一覧>

2019年7月期のTBS火曜ドラマは、『Heaven(ヘブン)?〜ご苦楽レストラン〜』。

主演は石原さとみ。共演に福士蒼汰・志尊淳の若手から、岸部一徳などベテランまで豪華俳優陣が集結!

原作は、「おたんこナース」などの佐々木倫子(ささき・のりこ)の同名漫画。

気になるあらすじをおさえた上で、キャスト一覧、主題歌など、ドラマ「Heaven(ヘブン)?」の最新情報を紹介します。

ドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】のあらすじ

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目で融通が利かず、営業スマイルもできない堅物な男。

そのせいで、伊賀は仲間からも客からもまったく評価されていなかった。

しかし、そんな伊賀を高く評価する謎の女性・黒須仮名子(石原さとみ)が現れる。

仮名子「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」

仮名子は新たに開業するフレンチレストラン「ロワン・ディシー」*に伊賀をスカウトした。

しかし、「ロワン・ディシー」は墓地の中にある最悪の立地!?

ほかの従業員は異色の経歴で、フレンチ未経験の素人ばかり。

・元・美容師見習いの川合太一(志尊淳)

・牛丼屋の店長歴5年の堤計太郎(勝村政信)

・在籍した店が次々に潰れる天才シェフ・小澤幸應(段田安則)

・元・銀行役員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)

仮名子はなぜそんな素人を集めたのか。店は無事にオープンできるのか。

“至極のフレンチレストランコメディー”がオープンする!

*店名の「ロワン ディシー」はフランス語(Loin d’ici)で、意味は「この世の果て」。


〈関連記事〉

第1話「予測不能!オーナーのための店オープン」のあらすじネタバレ

第2話「シェフの秘密が明らかに!」のあらすじネタバレ

第3話「オーナー激似の伊賀母登場!超難敵!!息子を長崎に連れ帰る!?」のあらすじネタバレ

第4話「オーナーの正体!」のあらすじネタバレ

第5話「スゴ腕ライバル登場川合君がリストラ!?」のあらすじネタバレ

第6話「店長、人生を賭けた大勝負!」のあらすじネタバレ

・第7話「辿り着いたレストランの意義」は2019年8月20日放送

ドラマ【Heaven?(ヘブン)】の主演キャスト:石原さとみ

石原さとみ(役:黒須仮名子)

heaven-cast1

画像出典https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/chart/

登場人物:黒須 仮名子(くろす・かなこ)

【ドラマの黒須仮名子】

・フレンチレストラン「ロワン ディシー」のオーナー。
・美人だがワンマンな性格で周囲を振り回す。
・瞬間瞬間の言葉は本心のため、従業員の心に響くことも。
・店を繁盛させる気などなく「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という自分の欲求を叶えるために店を開く。
・「ロワンディシー」は「オーナーの、オーナーによる、オーナーのための店」。

【原作の黒須加名子】

・「レストランで一番大事なこと」の答えがそのときの気分で違う。

  • みんなには「酒がたくさん飲めること」
  • 伊賀(福士蒼汰)には「距離感よ」
  • 川合(志尊淳)には「快適な空間よ」
  • 堤(勝村政信)には「経営よ」
  • 小澤(段田安則)には「味よ」
  • 山縣(岸部一徳)には「非日常よ」と告げている。(原作第2話より)

・西京焼きを知らずに生で賄い(=従業員の食事)に出したことがある。(原作第11話)

・店が混んでいても「一度とった席は自分のもの」という自分勝手さ。(原作第11話)

・オーナー黒須仮名子の秘密は、ミステリー作家。銀行員時代の山縣(岸部一徳)を取材したこともある。(原作第14話)

・「ロワンディシー」の開業資金は、借金なし。黒須仮名子が3年前に翠嵐(すいらん)ミステリ倶楽部新人賞を受賞し、受賞作品が中ヒットした小金が元手。(原作第14話)

・昼の臨時営業(32名の貸し切り)の際にコックコートを着て店を手伝ったこともあるが、賄いを食べられなくなる営業なら「やめてしまえ」と社員を叱った。(原作第30話)

・カニが食べたいときに北海道へ社員旅行でみんなを連れて行ったり(原作第31話)、伊賀がソムリエの講習会参加の際にはお店を2日休業にしてまで沖縄に付き添ったり(バカンス気分?)(原作第36話)、経営コンサルタントにホール4人のうち2人リストラするよう指導されても「誰もやめさせないわ」と守る(原作第32話)社員思い(?)な一面もある。

・持論をはいた回があり…「客のためになんて働いていない。自分のために働いてるのよ。夢を見るのも感動するのも私。」とコンサルタントに告げている。(原作第32話)

・酔いつぶれ寝ぼけていても「まかないできたよ」「食い逃げです」には反応。食い意地はピカイチ?(泥棒、火事、地震には反応しなかった)(原作38話より)

・泥棒が店に入ったことに喜んだことがある。二階から逃げる泥棒の命綱を切ろうとした。逮捕された泥棒でさえ早く捕まりたかったというほど、オーナーは恐ろしい。(原作38話より)

・「ロワンディシー」を墓地の隣で、どの駅からも15分の土地で開店した理由は、ついでに来られないためお店のことだけ考えてもらえるから。実は、本音はオーナー仮名子の住むマンション(賃貸)に近いから。(原作44話より)


キャスト:石原さとみ(いしはら・さとみ)

【石原さとみプロフィール】

生年月日:1986年12月24日生まれ。(本ドラマ放送時:32歳)

デビュー:子役時代にホリプロ系列の俳優養成所に所属。2002年のホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。その後、女優活動スタート。

代表作:NHK朝ドラ『てるてる家族』ヒロイン、NHK大河ドラマ『義経』、『Ns’あおい』(フジテレビ)主演など。…続きを開く

・2018年1月期のドラマ『アンナチュラル』で主演を務め、高い評価を得て、「東京ドラマアウォード2018 個人賞主演女優賞」など多数受賞。

・2018年7月期のドラマ『高嶺の花』でも主演を務め、視聴率は低迷したが、念願の野島伸司(「101回目のプロポーズ」などの脚本家)のラブストーリーに出演し話題になった。

「ぴったんこカンカン」(2019.07.05)出演時の情報

①楽屋に炊飯器を持ち込み自炊している。玄米・黒米・薬草を入れて炊き、段田安則には差し入れした。勝村政信の楽屋には来なかったので焼きもちを焼いたらしい。

②外食は好きでよくする。食べログのプレミアム会員のため気になったら調べてすぐ行く。

③よく笑う人がタイプで、日本人の顔が好き。サッカー日本代表の久保建英の顔が超注目。年齢は父の73才以下なら大丈夫(←高田純次へのサービス?)

④部屋着やパジャマが好きで沢山もっている。番組ではベットも購入。

ドラマ関連

・現場では「大阪のおばちゃん」と言われているらしい。勝村政信曰く「割と若いのに色々周りに気を配ったり、本人はツッコミだと思っているんですけどド天然なんですね。で、現場ではよくアメちゃんを配ってくれています」と明かす。(2019.07.01制作発表会見より)

・本ドラマ『Heaven?(ヘブン)』第1話を見た印象は「演出ってすごい」。(「王様のブランチ」2019.07.06より)

ドラマへのアピールコメント
石原さとみ「前室でもこのメンバーでずっとしゃべっているのですけど、しゃべっていない時間も心地いい現場ってなかなかないな、と思って。
ただ近くに、ただ座って、そばにいるだけで、空気が出来上がっている現場というのは、なかなかあまりないなと思うので、すごく良い空気でドラマをお届けできると思います。
そして、悪い人がひとりも出てこない平和なドラマで、もしかしたら今までなかったんじゃないかなと思うので。
で、正直、“賭け”な部分もあるんですけど、でもなんか、みなさんの疲れがこう癒されたり、明るくなったり、なんか見ちゃうんだよな、って言ってもらえるドラマになればいいなと思って、撮影日々がんばっております。
ぜひ火曜10時、なんか楽しいな、なんか面白かったなって思ってもらえるように頑張りますのでご期待ください。よろしくお願い致します。」(2019.07.01制作発表会見より)

出典:Amazon

石原さとみ(黒須加名子 役)コメント

面白くて笑える、今までの“レストランモノ”とは違う視点の原作に、これを実写化したらどうなるんだろう、とワクワクざわざわ(笑)しながら一瞬で読み終わりました。

こんなにもツッコミどころの多い役柄は久し振りです! その時の気分で本音を言いまくる最高に自由な生物、黒須仮名子をとことん楽しんで演じていきたいと思います。

原作ファンの皆様、そしてまだこの原作を読んだことがない方にも、【諦観の笑み】を習得してもらえるよう、頑張りたいと思います。7月の火曜よる10時はぜひ何も考えず、気軽に(笑)『Heaven?』をお楽しみください!
出典http://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/intro/

ドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】のキャスト

福士蒼汰(役:伊賀観)

heaven-cast2

画像出典https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/chart/

登場人物:伊賀 観(いが・かん)
【ドラマの伊賀】
・「ロワン ディシー」のシェフドラン(上級ウェイター)。
・真面目な堅物だが、理不尽な客には毅然とした態度で接する。仮名子やレストランの従業員の暴走を止める役割も持つ。大学受験のトラウマで試験が苦手。
・「3枚持ちがイケメン」と主演石原さとみに評価されている。(「王様のブランチ」2019.07.06より)
【原作の伊賀】
・長崎県出身。
・大学進学せずフランス料理店に就職。大学受験のときにフレデリックにスカウトされた。猫の手でも借りたかったらしい。
・高校時代のこのスカウトの経緯は第10話のエピソードで紹介された。…東京文理大学の受験のときに、母と受験票取り違えなどで、試験開始あと3分で到着。しかし通用門がしまっていて過激派(?)に門を登れば近道だと助言され、警察に逮捕される。そこをフレデリックがうちの若い人だと助けた。
・自分の名前の「観」は観念、諦観の観だと思っている。(原作第10話より)
・父の転勤で母もジンバブエへ。伊賀もついていくか迷っていたが仮名子に止められた。(原作43話)

キャスト:福士蒼汰(ふくし・そうた)
・1993年5月30日生まれ。東京都出身。研音所属。
・2011年のドラマ『美咲ナンバーワン!!』(日本テレビ)にて俳優デビュー。同年9月より『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日)でドラマ初主演。
・その後、2013年度前期のNHK朝ドラ『あまちゃん』の種市先輩役で知名度を上げる。以降、フジテレビ月9ドラマ『恋仲』主演、日テレ系ドラマ『お迎えデス。』『愛してたって、秘密がある。』で主演を務めるなど活躍。
・(ご苦楽レストランにかけて)ご苦楽を感じることは?…「筋肉痛ですね。ジムできたえたあと筋肉痛が後日現れますよね、やったぞ俺はって気持ちよさがね」(2019.07.01/制作発表会見より)

福士蒼汰(伊賀観 役)のコメント開く

濃いキャラクターが沢山登場する『Heaven?』ですが、僕が演じさせていただく伊賀観という人物は、様々な出来事や人々にことごとく振り回されるので、視聴者のみなさんに近い目線になるのではないかと 思います。今は、そんな彼がもしかしたら一番変わっているのでは? などと想像を膨らませながらとても楽しく原作・脚本を読ませて頂いています。
石原さん演じるオーナー仮名子の言葉が笑えたり、胸に突き刺さったり、言葉の力がある作品でもあると 思います。ぜひレストラン経営の一員になったつもりで彼女の声を聞いてみてください。
自分もこのドラマに登場する、人・料理・空気を愛してもらえるように演じていきたいと思いますので、 毎週火曜は『Heaven?』を楽しんでご覧いただけたら幸いです。
出典http://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/intro/

志尊淳(役:川合太一)

heaven-cast3

画像出典https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/chart/

登場人物:川合 太一(かわい・たいち)
・「ロワン ディシー」のコミドラン(ウェイターアシスタント)。
・元・美容師見習いで、飲食店経験なし。物覚えが悪くなかなか戦力にならないが、素直で、人に好かれるキャラ。伊賀のことが大好き。・原作では、霊感があり気の合う霊と会話できる。(原作27話より)

・数多くのお客様と友人になり、プレゼントをもらったり寿司をご馳走になったりしたことがある。これはオーナー仮名子の公認。(原作43話より)

キャスト:志尊淳(しそん・じゅん)

・1995年3月5日生まれ。東京都出身。ワタナベエンターテインメントの若手男性俳優集団D-BOYSおよびD2のメンバー。
・主な出演作に『烈車戦隊トッキュウジャー』(主演)、『きみはペット』(主演)、『潤一』(主演)など。
・2018年にはNHK朝ドラ『半分、青い。』に主要キャストで出演。共演した女優の永野芽郁と清野菜名とは、2019年3月の志尊淳の誕生日に再会している。(2019年6月19日の志尊淳インスタグラムより)
・2018年に主演を務めた『女子的生活』(NHK)は、第73回文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門で放送個人賞を受賞している。

志尊淳(川合太一 役)のコメント開く

原作を読ませて頂き、ページをめくればめくるほど、その先に待っている未来が気になり、そして期待をはるかに超える展開が待っていました。この作品がどのようにドラマとして完成するのか、ワクワクが止まりません。この作品で生きられる喜びを噛み締め、皆様に最高の“お料理”を届けられるように努めます。楽しみにしていてください!
出典http://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/intro/

勝村政信(役:堤計太郎)

heaven-cast5

画像出典https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/chart/

登場人物:堤 計太郎(つつみ・けいたろう) …「ロワン・ディシー」の店長。

牛丼屋の店長を5年務めていた。スケールの小さい節約と平凡な企画力で経営に尽力する。

キャスト:勝村政信(かつむら・まさのぶ)…1963年7月21日生まれ。シス・カンパニー所属。劇団第三舞台などで活躍。映像でもNHK朝ドラや大河ドラマをはじめ、数多くの作品に出演している。代表作に、米倉涼子主演のドラマ『ドクターX』シリーズのレギュラー出演、『ドクターY』シリーズ主演など。

段田安則(役:小澤 幸應)

heaven-cast6

画像出典https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/chart/

登場人物:小澤 幸應(おざわ・ゆきお)…「ロワン・ディシー」のシェフ。

在籍した店が次々に潰れる不運の天才シェフ。心配性で弱気になると味が薄くなるが、コック見習いには尊敬されている。

キャスト:段田 安則(だんた・やすのり)…1957年1月24日生まれ。京都府出身。シス・カンパニー所属。主な出演作にドラマは『スウィート・ホーム』『長男の嫁』(以上、TBS)、朝ドラ『ふたりっ子』『オードリー』大河ドラマ『秀吉』『真田丸』(以上、NHK)など。

岸部一徳(役:山縣重臣)

heaven-cast4

画像出典https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/chart/

登場人物:山縣 重臣(やまがた・しげおみ)…「ロワン・ディシー」のソムリエ。

・資格取得が趣味で、元銀行の役員。年寄りを利用し、人を丸め込みラクをする老獪かつお茶目な性格。

・原作の山縣重臣は…

  • ワインソムリエの資格取得の必要な実務経験5年たつまで「ロワン・ディシー」をやめられない。
  • 原作37話で、ソムリエ協会に入会していれば3年で受験資格を得られると知ってがく然とした。山縣は未入会。

キャスト:岸部 一徳(きしべ・いっとく)…1947年1月9日生まれ。京都府出身。アン・ヌフ所属。解散したザ・タイガースではベース・コーラスを務めた。主なドラマ出演作に『相棒』シリーズ、『ドクターX』シリーズなど。

その他のキャスト

ご近所さん/友人

鱸 克雄(すずき・かつお)- 演:田口浩正
…「ロワン・ディシー」の近所にある石材店の主人。常連客。お店の道案内役もする。

和田英代(わだ・ひでよ)- 演:内田 慈
…仮名子の友人。辛口グルメレポートが人気のエッセイスト。

コックたち

月川陽平(つきかわ・ようへい)- 演:大重わたる
…「ロワン・ディシー」のコック。小澤を尊敬している。

高遠大地(たかとお・だいち)- 演:松本ししまる
…「ロワン・ディシー」のコック。小澤を尊敬している。

常連客

小枝 繁(こえだ・しげる)- 演:矢柴俊博
…「ロワン・ディシー」の常連客。シェフ・小澤のファン。

幹みのり(みき・みのり)-  演:上田 遥
…「ロワン・ディシー」の常連客。シェフ・小澤のファン。

謎の人物

謎の紳士役-  演:舘ひろし ※ナレーション兼務

〈関連記事〉

【Heaven?(ヘブン)】舘ひろし(謎の紳士役)のネタバレ! 石原さとみ主演のTBS火曜ドラマ『Heaven?(ヘブン)』に舘ひろし…

各話のゲスト

《第1話のゲスト》

●態度の悪い客 – 演;波岡一喜 / ピーチキス

●レストラン客の絵美 – 福島雪菜

●保健所の職員 ‐ 吉田ウーロン太

●レストラン店長 – 夙川アトム

●パーテイの客 – 山本圭祐

《第2話のゲスト》

●丘野耀司(アパレル会社社長) – 石橋凌

【Heaven?~ご苦楽レストラン~】2話ゲスト石橋凌のネタバレ! 石原さとみ主演ドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】が毎週火…

●大判辰 – 野間口徹

●伊賀勝代(伊賀の母) – 財前直見(第2話終盤 – 第3話)

:<財前直見福士蒼汰のコメント>…開く


Q.キーパーソン・伊賀勝代がいよいよ登場します! どんな人物ですか?

財前:とにかく破天荒で、我が道を突き進む女性。そんな母に育てられたからなのか、観はすごくいい子!観は親のために、家にいてもずっと何かやってくれるんですよ。

福士
:いまの観があるのは、お母さんがずっとこんな感じだったからこそ。どこか母と似ているオーナーに対しても“諦観”でいられるのは、お母さんのおかげなんだと思います。

財前
:勝代や仮名子のように、やりたいことを迷わずやるってすごく羨ましいなって思うんです。観を含め、周りは振り回されるでしょうけど、本人たちはすごく楽しい人生だろうなって。

福士
:観にとっては、オーナーと出会うまでの道はすべてお母さんが作ってくれている気がします。そしてオーナーと出会って、今度はオーナーが道を作ってくれているんです。伊賀の“誰かのために動く”という精神は、間違いなく両親によって作られてます。

財前
:観は両親の影響もあって、おおらかで優しい人間に育ってるのがすごく素敵ですよね。

福士
:お母さんの言動が飛び抜けているから、反発する余地もなかったんでしょうか・・・。

財前
:反抗期とかなかったのかな?

福士
:なかったんだろうなと思います。

財前
:このドラマは、いろいろな人たちが出てくるのが楽しいですよね。仮名子みたいな人や、観みたいな人。ぜひ、人間ドラマとして楽しんでください。

出典https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/topics/

《第3話のゲスト》

●伊賀静 (伊賀の父)- 鶴見辰吾

●山田泰三(著名な映画監督) – 六平直政

●関優夫(子供の形見の傘を取り違えられた夫婦) – 越村友一

●関晴美(子供の形見の傘を取り違えられた夫婦) – 鳥居みゆき

《第4話のゲスト》

●根本親文(出版社社員) – 山内圭哉(第4話)

●花岡仁志(出版社社員) – 小柳友(第4話)

●桑野信義 – 本人役

●コメンテーター – LiLiCo

●コロッケ屋のおばちゃん – じゅんこBAN!BAN!(第4話)

●自転車で倒れる男 – ジャッキーちゃん

《第5話のゲスト》

●大岡山啓介(覆面記者か?) – 竹中直人

●山縣の銀行員時代の上司 – 古坂大魔王

●バイク川崎バイク – 本人役(山縣に万札でヘルメットを売った男)

●峰和彦(英代から紹介された即戦力の人材) – 小関裕太

●新藤柊二(英代から紹介された即戦力の人材だが辞退する) – 柾木玲弥

●クレーム客 – アンミカ

●記者 – 眞鍋かをり

《第6話のゲスト》

●土屋文也(堤の前職の牛丼屋「猛牛太郎」の元上司) – デビット伊東

●谷浩正(堤の前職の牛丼屋「猛牛太郎」の仲間) – 浜野謙太

●音無真由美(待ちぼうけの女性客) – 黒川智花

●盛田大吾郎(水道修理の業者)- 加治将樹

●本人?(「猛牛太郎」キャンペーンポスターの広告キャラクター) – 天山広吉

●本人? (「ロワン・ディシー」の客) – ひょっこりはん

●鷲田義男(「ロワン・ディシー」の客) – JP

●鷹居千穂(「ロワン・ディシー」の客)- 樹里果

●「ロワン・ディシー」の客(シミ取りのシーンで登場) – 近江 爽良

●本人?(女子会3人組の客のひとり)- 風間ルミ(元レスラー)

《7話のゲスト》

●湯浅(山縣にぶしつけな態度を取る客) – 丸山智己

●古瀬(「ロワン・ディシー」の常連客 / かつての大女優か?) – 加賀まりこ

●香宮(火曜に来店する、美しい常連客)- 相武紗季

〈関連記事〉

【Heaven?〜ご苦楽レストラン〜】7話に相武紗季がゲスト出演!原作から役どころをネタバレ! 石原さとみ主演のドラマ【Hea…

ドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】の相関図

ヘブン相関図

出典https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/chart/

ドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】の主題歌:あいみょん

主題歌:あいみょん「真夏の夜の匂いがする」
・あいみょんが歌う​「真夏の夜の匂いがする」(unBORDE/Warner Music Japan)は、2019年7月24日リリースの8th single。
・あいみょんがテレビドラマ主題歌を担当するのは、ドラマ『獣になれない私たち』(2018年10月期、日本テレビ系)主題歌の「今夜このまま」以来となる。

ドラマ【Heaven?~ご苦楽レストラン~】の原作:佐々木倫子

原作:佐々木倫子「Heaven? ご苦楽レストラン」(小学館ビッグスピリッツコミックス刊)

出典Amazon

佐々木 倫子(ささき のりこ)…北海道出身の漫画家。代表作に「動物のお医者さん」「おたんこナース」「チャンネルはそのまま!」などがある。

・本作『Heaven? ‐ご苦楽レストラン‐』は、青年誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて1999年40号から2003年29号まで全45話が連載された。

・単行本は小学館ビッグコミックスペシャル版・全6巻、新装版〈ビッグコミックス〉全6巻。文庫版は全4巻(小学館)。

*佐々木倫子氏の最近のドラマ化では地方局ながら高い評価を得ている「チャンネルはそのまま!」(芳根京子主演、HTB北海道テレビ制作)があります。本作も期待大!?

【Heaven?~ご苦楽レストラン~】の見どころ

見どころ①石原さとみ主演作!

石原さとみ主演といえば2018年の『アンナチュラル』のヒットが記憶に新しいところ。

『高嶺の花』の方が連ドラとして前作になりますが、作品自体に賛否がありました。

華がある女優さんなので、美人でわがままで個性的な役はハマリそうです。

初回は話題になること間違いなし!?

見どころ②レストランコメディ―!

過去のレストランが舞台の連続ドラマといえば…

・『王様のレストラン』(1995、フジテレビ/筒井道隆主演)
・『バンビーノ!』( 2007、日本テレビ/松本潤主演)
・『ハングリー!』(2012、向井理主演)
・『dinner』(2013、フジテレビ/江口洋介主演)
・『問題のあるレストラン』(2015、フジテレビ、真木よう子主演)
・『Chef〜三ツ星の給食〜』(2016、フジテレビ/天海祐希主演)

などがあります。

連ドラでは刑事・医療ドラマが全盛の中、漫画原作ありとはいえ、この題材に挑戦すると言う点で一見の価値ありです。

さらにいえば、主演:石原さとみ曰く「悪い人がでない」ドラマ。ドラマの中で毎日のように人が亡くなる日本のテレビ。家族で視聴できるホームドラマが昔、昭和の時代にはあったのでしょうが、現代は話題作りや刺激が必要…。

そんな中、視聴率がとれるかは賭けとなるのですが、今どき珍しい(レストランが舞台の)平和なコメディードラマに注目です。

【Heaven?~ご苦楽レストラン~】のスタッフ情報

脚本:吉田恵里香

・吉田恵里香(よしだ・えりか)…1987年生まれ。主な脚本作品にドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS火曜ドラマ、全11話すべて担当)、映画『ヒロイン失格』『恋と嘘』『センセイ君主』など。いずれも少女漫画原作の実写化。

・ドラマ発表時コメント(公式Twitterより↓)

プロデュース:瀬戸口克陽(『花より男子』シリーズ、『華麗なる一族』他)

演出

・木村ひさし(『99.9-刑事専門弁護士-シリーズ』『TRICKシリーズ』 『警部補 矢部謙三』 『ATARU』 『民王』他)
・松木 彩(『グッドワイフ』『下町ロケット第2期』『花のち晴れ~花男 Next Season~』他 )
・村尾嘉昭(『アンナチュラル』『ラブホの上野さん season2』『リバース』他)

料理監修:服部栄養専門学校/佐藤月彦(過去にTBS日曜劇場『天皇の料理番』でも料理協力・技術指導を担当)……劇中の料理は本物のフレンチレストランでも出せるクオリティーだという。

【Heaven?~ご苦楽レストラン~】の放送日情報

ドラマ放送開始日:2019年7月9日(火)スタート

放送曜日・時間:毎週火曜 22時~22時57分(57分間)

放送局:TBS系全国ネット

※オリジナルのスピンオフ動画もパラビで配信されます!7/9第1話放送終了後から独占配信予定!

Paravi

〈関連記事〉

【Heaven?(ヘブン)】スピンオフ動画のキャスト・あらすじ・配信日・無料視聴! 石原さとみ主演のTBS火曜ドラマは『Heaven?…

本作『Heaven?(ヘブン)-ご苦楽レストラン-』は、フレンチレストランを舞台にしたコミカルなドラマなので、火曜の夜にふさわしそうです。

お客でなく自分が第一主義の変わり者オーナーと素人集団が、どんなアンサンブルを魅せてくれるのか。とても楽しみな作品です。

【Heaven?~ご苦楽レストラン~】のまとめ

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』のキャストやあらすじ・原作・主題歌・スタッフ情報などをまとめてきました。

放送後の評判も気になりますよね。簡単にまとめてみました。

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』は賛否両論!?

放送前に書いてきた当記事では、見どころ満載とお知らせしてきましたが、放送後は賛否両論あります。

否定派の大まかな指摘は2つ。

①志尊淳の演じる川合くんが不快との声が多いです。仕事ができないのに能天気なので仕方ありません。(これは原作通りなのですが…。)

②内面をしゃべらせるときに、魂が抜けたような演出が「亡霊」のようで違和感。

名前は伏せていますが、とあるドラマ制作スタッフの「デイリー新潮」に寄せたコメントによると、主演の石原さとみ自身が演出に不満があるとのこと。

ネット上でも話題になっていますが、出演者の内面が描かれる時は、それぞれの顔が亡霊のようになったCGが画面に浮かび、心の声をつぶやく。さらに、出演者の頭上に『諦観(ていかん)」という文字が浮かび上がることも……。こういった演出に、石原さんが『視聴者に刺さっていないので、止めたほうがいいのではないでしょうか?』と進言したそうです

出典https://www.dailyshincho.jp/

亡霊の演出も「面白い」「楽しい」「慣れてきた」との声ももちろんありますが、おおむね不評。

折り返しの第5話までで平均視聴率9・3%と二ケタ割れ。各回の視聴率は7%台~10%台を右往左往。

後半戦での巻き返しが期待されますが、果たしてどうなっていくのでしょうか。(第5話放送終了時点の記述です。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク