【イノセンス-冤罪弁護士】6話の視聴率とネタバレ!須賀健太の弁護で誘拐事件勃発!?

ドラマ【イノセンス-冤罪弁護士】6話の視聴率とあらすじ・ネタバレ

ドラマ【イノセンス-冤罪弁護士】6話が2月23日(土)に放送されました。

資産家の息子・樽前裕也(須賀健太)を弁護することになった黒川拓(坂口健太郎)と和倉楓(川口春奈)。

本人の態度は反抗的で印象も最悪、犯行は間違いないと思われた。

さらに、裕也の弁護に反対する何者かによって、穂香の息子・晴斗が誘拐されるという事件まで発生する。

はたして、黒川拓(坂口健太郎)は晴斗を無事に救い出し、裕也の弁護に勝訴できるのでしょうか。

この記事では【イノセンス-冤罪弁護士】6話の視聴率と、あらすじ・ネタバレを書いています。

【イノセンス-冤罪弁護士】の視聴率と最終回ネタバレ! 黒川拓には、父親が無実の罪で収監され獄死した悲しい過去を引きずっている?…
土曜ドラマ【イノセンス~冤罪弁護士~】が日本テレビ系列で2019年1月からスタート! 若き弁護士の黒川拓(坂口健太郎)が、科学…
スポンサーリンク

【イノセンス-冤罪弁護士】6話の視聴率

【イノセンス-冤罪弁護士】6話の視聴率は、9.4%でした。

今回は、殺人事件の弁護という重い内容でしたが、過去最高に並ぶ視聴率を記録しました。

拓の引きずる過去の事件について徐々に明らかになってきたのが、視聴率upの要因でしょうか。

【イノセンス-冤罪弁護士】6話のあらすじ

【イノセンス-冤罪弁護士】6話のあらすじです。

楓は拓が弁護士を志すきっかけとなった、東央大学生殺人事件に関するファイルを見ていた。

そこで、その事件の被害者が秋保恭一郎(藤木直人)の妹の秋保彩花で、交際相手の学生が有罪判決を受けた後に自殺したことを知る。

当時、被疑者の弁護を担当したのは、別府(杉本哲太)の兄で、担当検察官は拓(坂口健太郎)の父の真(草刈正雄)だった。

その事実を知った楓は動揺を隠せずにいたのだった…

楓の混乱している様子に気付いた穂香(趣里)は、楓を自宅に招き、自身がシングルマザーになった経緯や、保駿堂法律事務所で働くことになったきっかけなどを話す。

さらに、この事件について冤罪の可能性があり、関係者は皆、過去を引きずっていることを説明したのだった。

しかし、拓がこの事件にこだわっているのには別の理由があると言う…

そんな中、拓と楓は事務所が顧問契約をしている樽前物産の社長の息子・樽前裕也(須賀健太)の弁護を担当することになる。

裕也は大学時代の友人である新島彰を射殺した疑いをかけられ、容疑を否認するも部屋には違法改造のエアガンがあり、状況証拠が揃っていて不利な状況だった。

拓と楓が接見に行くと、裕也は事件発生時は部屋でベースを弾いていたと主張し、

「弁護士なら自分の無実を晴らせ」と上から目線で言うのだった。

さっそく拓と楓は裕也の自宅を訪ねて、住み込みの使用人である有珠田(吹越満)に聞き取り調査をする。

有珠田は事件当時、裕也はずっと部屋にこもっていたと証言するも、近所で裕也のベースの音を聴いていた人は見つからない。

そんなある日、殺害された彰の母親と名乗る一人の女性が事務所を訪れ、裕也の弁護をやめてほしいと話す。

女性によると、彰は大学時代、裕也と2人で起こした性的暴行事件について、裕也を脅迫していたから、その報復として殺害されたのだという。

そんな中、穂香の息子・晴斗が誘拐される事件が発生し、誘拐犯から裕也の弁護をやめなければ子供の命はないという脅迫のメールが届く。

彰の母が誘拐したと直感する拓は、家にいって強引に中に入るも、そこに寝ていたのは、先日の事務所に訪ねてきた母親とはまったくの別人だった。

その後、拓と楓は、誘拐犯は過去の裕也たちの性的暴行事件の被害者の親族だと推測し調査。

そして、ついに事件の真相にたどり着くのだった…

【イノセンス-冤罪弁護士】6話のネタバレ!

ここからネタバレありますので、まだドラマをご覧になっていない方はご注意を。

裕也(須賀健太)のアリバイが裁判で証明される

拓は裕也の裁判で、事件発生時刻になぜ近所の人が裕也のベースの騒音を聞いていなかったのか説明する。

秋保は法廷で、周波数の発生する装置を使って検証を行い、今回の事件で起こった現象を「聴覚特性」によるものだと解説。

実は事件発生時刻、裕也の家の近所では工事が行われており、工事の音が周波数の関係で裕也のベースの音が打ち消していたのだった。

これにより裕也が事件発生時刻に家に居たことは証明されるのだった。

誘拐犯の正体は?

裁判の当日、警察は誘拐犯の居所を掴み穂香と一緒に、連れ去った女性の家に踏み込んで晴斗を救出する。

彰の母親と名乗っていた女性は丸山依子といい、彰と裕也から暴行を受けて自殺した女性の母親で、使用人・有珠田の元妻だった。

子供を誘拐してまで裕也の弁護を妨害するほど、裕也のことを恨んでいたのだった。

真犯人は使用人・有珠田!

裕也のアリバイが証明された後、証言台には使用人・有珠田が立つことに。

拓はあまりにも状況証拠が揃っている中、エアガンが第三者によって持ち出された可能性がある事を切り出し、裕也の部屋を自由に行き来できる有珠田が真犯人だと追求する。

有珠田は犯行を認め、泣き崩れながら真相を話し始める。

過去の裕也の暴行事件がきっかけで自殺した娘の復習をするために、裕也の家で使用人として働きながら、その時を伺っていたという。

有珠田は、裕也に罪をかぶせて彰を殺したのだった。

【イノセンス-冤罪弁護士】6話の感想

【イノセンス-冤罪弁護士】6話のまとめ

今回の事件でも、拓は殺人事件の被疑者である裕也の冤罪を晴らすことが出来ましたが、裕也の素行は酷いもので、結局、過去の事件で起訴されることになりました。

これまでのように、「冤罪被害者が救われてよかった!」と素直に喜べない内容だっただけに、モヤモヤした気持ちが残りましたね。

また、6話では、東央大学生殺人事件が冤罪の可能性があり、犯人は拓の幼馴染であることが明らかになりました。

次回以降も、この事件の真相がどのように明かされていくのか注目です!

記事内の画像出典https://www.ntv.co.jp/innocence/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク