【人生が楽しくなる幸せの法則】9話の視聴率とネタバレ!会社の奪還と恋の進展!

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】9話の視聴率とネタバレ!

3月7日に第9話が放送されました。

機密漏洩事件は、会社の吸収合併話に発展!

どうなるジャストライト物産!

第9話のネタバレをどうぞ!

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】の全話視聴率とネタバレ! 夏菜主演のドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】が1月10日スター…
スポンサーリンク

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】第9話の視聴率

第9話の視聴率は2.6%!

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】第9話のネタバレ

ジャストライト物産が、ワンオアエイトカンパニーに吸収合併される見込みとなった。社長の神原(田山涼成)は、行方不明のままで、譲吉(阿南健治)はそれを「大口契約が飛んで資金繰りが悪くなったから逃げたんだ」と説明し、譲吉が残って指揮を執ることになる。
里琴(高橋メアリージュン)は職場復帰できることとなったが、まだ情報漏洩の疑いは晴れていない。それでも譲吉は「情報漏洩の犯人捜しより、円満に合併を進める方が重要」と社員に言い含めた。
「会社はどうなっちゃうの?」と彩香(夏菜)、里琴佳恵(小林きな子)が心配していると、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)が彼女たちを呼び寄せる。「神様嬉しいです。今、自分が追い込まれているのに、あなたたちは自分のことだけじゃなくて、会社や仲間の心配もしてる」と神様


その神様が三人に授ける次のお言葉が、巻物で彩香らにそれぞれ渡された。だが開くと、全部白紙。「どういうこと?」と言う三人に、「今あなたたちは、正念場。未来の自分を思い描いて、この先どうなりたいか、自分で決めて、書きなさい」と神様。それが今回のお題だった。
社内に、『ワンオアエイトカンパニー相談窓口』が設置され、ワンオアエイトカンパニーの人事部の蝶野(東加奈子)が、「いつでもお話聞きに来てくださいね」と取り仕切る。彩香里琴佳恵たちは警戒して行かないが、営業部員の水島(板倉チヒロ)、小松(遊佐亮介)らは「一言文句言ってやる」と乗り込んでいく。だが、逆に「合併にはメリットしかない」と丸め込まれて戻ってくるのだった。
その夜、会社に残っていた彩香里琴佳恵たちは、せっかく居場所のできた会社を失うのは嫌だと、「会社がなくならない未来にするってどうですか?戦わないブスより戦うブス!」と一致団結する。佐久間(和田琢磨)と森(忍成修吾)も参加してくれることになり、作戦会議を開く彩香たち。まずは全ての事情を知る社長を探すこと、情報漏洩の犯人と思われる三宅を探すこと、そして裏で糸を引いている黒幕を突き止めること、を課題として掲げた。
翌朝には、合併反対の署名運動を始める彩香里琴佳恵佐久間。それに鴨志田萌(佐野ひなこ)も 「やるからには勝ちに行きますよ」に加わる。
一方、吾妻(徳井優)が、蝶野から早期退職を勧められ凹んでいると、「落ち込んでいる場合じゃありません!ジャストライト奪還作戦ですよ!」と里琴佳恵に連れて行かれる。「黒幕はうちの会社を恨んでいる人間」と里琴佳恵は、総務部長の吾妻のパソコンに保存されている過去の退職者データを探る。


彩香佐久間は社長の行方を追う。社長宅に問い合わせると社長は「カジキマグロを釣ってくる」といって家を出たきり、帰っていないのだった。
蝶野に取り入り、本音を聞きだす。蝶野は多くの同僚をリストラさせて生き残った社員だった。も過去にワンオアエイトカンパニーに吸収合併された社員から「合併時に提案された条件は、合併後、簡単に撤回されるらしい」と聞き出してきた。
松澤初美(伊藤修子)は、ワンオアエイトカンパニーの第二秘書・(山添寛・相席スタート)をバーに呼び出し、黒幕であるのボスの名を聞きだそうと画策する。
また佐久間は、スナックで豪遊している三宅を捕まえ、三宅がワンオアエイトカンパニーから金をもらって情報を流していたことを掴む。
彩香らが必死に奪還作戦を実行する中、総務部に譲吉が現れ、「今日の夕方、ワンオアエイトカンパニーと合併契約を締結する事になった」と言う。
締結に向けて粛々と進む中、神原社長は、サメを釣った写真を自宅の妻に送っていた。それを見た佐久間は、「俺ここ知ってる!」と、彩香とともにその釣堀へと走る。だが逃げ回る神原社長。神原は、密漁ウニを食べた写真を撮られており、譲吉から「これがSNSで拡散したら、炎上するから身を隠せ」と言いくるめられていたのだった。


一方、ジャストライト物産では、ワンオアエイトカンパニーの八乙女社長(大浦龍宇一)が現れ、譲吉と調印式を行おうとする。里琴は、合併反対の署名を譲吉に渡し、「金で情報漏えいをさせていた会社ですよ?」と反対するも「合併は会社のためだ」と譲吉
そこに松澤が現れ、「一番の反対理由はこれです」と、から聞き出した黒幕の正体が譲吉だったと暴露する。さらに里琴たちが調べたところによると、譲吉は設立当初の社員で、社長の座を狙ったところ、先代社長ともめて追い出されたことが分かる。「会社への不満から裏で仕組んだこんな合併話を認めるわけにはいきません」と里琴たち。
だが強引に調印を進めようとする譲吉八乙女。そのとき、調印の印鑑を差し替えた吾妻は本物の印鑑を持って逃げる。里琴佳恵ら社員がそれをかばう。だが、譲吉八乙女吾妻は捕まり、印鑑を奪われてしまう。
そのとき、彩香佐久間神原社長を連れ帰ってきた。「合併は中止だ!ジャストライトの社長は私だ!社員を不幸に陥れるやつは許さない!」と神原。そして合併は無事、白紙となった。
そして、神様の前に呼ばれた彩香里琴佳恵。「ちょうどいいブスは仲間を大事にする」「ちょうどいいブスは自分の居場所を自分で守る」「ちょうどいいブスは世界を平和にする」と書いた巻物を見せる。すると「うん、みんな合格!」と神様。実はそれは卒業試験だった。「さ、あなたたちにもう私は必要ない。自分たちで未来を開くのよ!」と彩香たちは送り出される。神様は、自分との記憶を三人から消す。


突然の卒業に戸惑う彩香たちだが、それぞれの恋に進展の兆しが見える。だが三人はその進展から走って逃げ出してしまう。

見逃し配信はこちら

ytv my do

チェインストーリーはこちら

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】第9話の感想

最終回を前にそれぞれの恋が進展!次週の最終回は見逃せませんね。

記事内画像出典:公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク