【スキャンダル専門弁護士QUEEN】8話視聴率とネタバレ!新婚竹内結子が白い巨塔で大奮闘

スキャンダル弁護士QUEEN/冬ドラマ2019

スキャンダル専弁護士QUEEN』8話視聴率とネタバレ!

2月28日(木)22時から竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の8話が放送されました。第8話では白い巨塔に氷見が登場!美人女性発明者の大発明にねつ造疑惑?ということで、今回はドラマ【スキャンダル専門弁護士QUEEN】8話のあらすじネタバレと視聴率、感想をお伝えします。


※2話を見逃してしまった方に朗報です!

FODプレミアムを利用すれば、無料で【スキャンダル専門弁護士QUEEN】を見返すことができます!

さらに今であればその他ドラマもイッキ見できます!ぜひご利用ください!

FODプレミアム

 


スポンサーリンク

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】8話視聴率

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』8話の視聴率は6.1%と、前回の6.2%から0.1ポイントダウンとなりました。

主演の竹内結子さんが4歳年下のイケメン俳優・中林大樹さんとの結婚を発表した直後の放送となりましたが、イマイチ作品の注目度アップには貢献できなかったようです。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】8話あらすじネタバレ

白い巨塔に黒い噂

氷見江(竹内結子)の8話のクライアントは帝都大学の研究者・和久井純菜(森矢カンナ)。純菜は医療ベンチャー『フィニシス』を立ち上げ、髪の毛1本で様々な疫病が判別出来るという検査キットの開発で注目を集めていたが、過去の論文に不正があったと疑われ、検査キットも嘘ではないかとネットニュースになっていた。純菜の希望は2つ。1つは検査キットが本物であることを証明し、研究を続けること。もう1つはこの問題を機に男性優位な大学の現状を改善することであった。

研究を守れ!

まず1つ目の希望を実現するために、氷見は純菜の共同研究者・柏木さつき(伊藤麻実子)に“純菜が資金集めを優先するあまり研究をおざなりにしている”という嘘の告発を行わせる。純菜を糾弾するような告発によって、さつきの研究の正当性が逆に証明され、さつきは新たな研究室で『フィニシス』の研究を続けることが可能になった。

男女差別の鉄拳を!

次に2つ目の希望を実現するべく、氷見は純菜に会見を開かせる。この会見で純菜は氷見や真野聖子(斉藤由貴)がこっそり録音した帝都大学理事長の楽山大作(長谷川初範)の男尊女卑発言や入試では女子受験者を一律減点して女子合格者を抑制している実態の告白をリークする。このリークにより楽山は理事長から失脚し、純菜は帝都大の役員として男女差別問題にメスを入れることになった。

氷見の後ろに黒い影?

今回も見事な手腕で依頼人の希望をすべて実現した氷見。一方で、今回の純菜の人事異動は氷見がかつて秘書を務めていた吾妻涼介(山本耕史)にも利益をもたらすものであった。氷見と吾妻の関係を疑った与田知恵(水川あさみ)は疑惑を氷見にぶつけるも氷見はどこ吹く風。そんな中で東堂裕子(泉里香)から氷見にメールが来て…。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】8話感想

小保方さん+東京医科大?

今回は女性研究員への差別や医科大学の女子合格者抑制問題が取り上げられましたが、どちらもどこかで聞いたことあるような…。研究室にリラックマのグッズがいっぱいあったあたりは完全に小保方さんのムーミンを意識している感じがしますね!

藤枝はハーバード?

一応、アメリカのハーバード大学出身“らしい”藤枝。その割にはいつもお茶目な抜けた姿を披露しており、8話ではついにハーバードはハーバードでも“東京ハーバード学院”卒疑惑が浮上。与田に至っては確信さえしている様子ですが、その真偽はいかに…?個人的には氷見の過去以上に気になる問題です。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】8話まとめ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』8話では大学での男女差別が明らかになりました!

次回【スキャンダル専門弁護士QUEEN】9話は3月7日(木)22時から放送予定!

氷見の意味深な過去にフォーカスが当たりそう。

そして氷見と与田の確執はどうなるのか…?2人が仲良くしている姿をもう1度見たい方も多いのでは?

気になることが盛りだくさんの9話も一緒に楽しみましょう。

(記事内の画像出典:公式サイト

タイトルとURLをコピーしました