【刑事ゼロ】7話の視聴率とあらすじネタバレ!声優・釘宮理恵が話題!

刑事ゼロ表紙

画像出典:テレビ朝日

ドラマ【刑事ゼロ】7話の視聴率とネタバレ!

ドラマ【刑事ゼロ】7話が2019年2 月21日(木)に放送されました。

沢村一樹が迫る「800キロの遠隔殺人」、その真相とは!?

今回は【刑事ゼロ】7話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

画像出典:テレビ朝日 ドラマ【刑事ゼロ】のキャストとあらすじ! 2019年1月スタートのテレビ朝日・木曜8時枠のドラマは…
スポンサーリンク

【刑事ゼロ】7話の視聴率

刑事ゼロ7話

画像出典:https://www.tv-asahi.co.jp/keiji-0/story/0007/

【刑事ゼロ】7話の視聴率は、10・6%

前回から0・7ポイントのダウンも、7回連続で二ケタ視聴率の高数字キープです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

画像出典: 【刑事ゼロ】の視聴率と最終回ネタバレ! 2019年1月期のドラマ『刑事ゼロ』は、テレ朝・得意の刑事ドラマ。 …

【刑事ゼロ】7話のあらすじネタバレ

記憶を失う前とは打って変わってズボラな性格になった時矢暦彦(沢村一樹)を、佐相智佳(瀧本美織)は見かねて注意。そんな智佳に時矢は反発し、2人はケンカになってしまう。そこへ、“月影カレン”という女性が何者かに連れ去られたという知らせが入り、智佳は時矢を置いて内海念也(横山だいすけ)と現場に急行する。

そんな中、警視庁捜査一課の山之辺裕作刑事(阿部進之介)が時矢を訪ねてきた。山之辺によると、2日前に東京、京都、仙台で発生した同時自殺事件が、以前時矢と共に捜査に当たった事件と酷似しているという。

それは3年前の冬、全国で7人の女性が同日同時刻に自殺を図った事件で、いずれの現場にもイギリスの詩人、ウィリアム・ブレイクの詩集『無垢の予兆』が残されていたという。やがて、自殺者たちが失恋者専用のサイトにアクセスしていた事実が発覚。“セブン”と名乗るサイト管理人・川上昇(亀山貴也)が言葉巧みに自殺をほう助していたことが判明したものの、彼は逮捕直前に服毒自殺。事件は被疑者死亡で幕引きとなったはずだった…。

ところがつい2日前、またしても3人の女性が同時自殺を図り、現場に『無垢の予兆』が残されていたという。かねてから真犯人は別にいると考えていた山之辺は、3年前、同意見だった時矢に協力を依頼。時矢は、右腕の智佳がいないまま、捜査に乗り出す。

一方、連れ去り事件の捜査を開始した智佳は、被害者は女性ではなく、“Vチューバー”の田所健三(須藤公一)だと知って驚く。田所は“月影カレン”というキャラクターになりきって動画配信を行っていたのだ。智佳は、彼の自宅で認知心理学者・兵藤幸雄(石橋蓮司)の写真を見かけるが…!?

“Vチューバー”とは、「VTuber」。バーチャルYouTuberから派生した言葉。つまり、2Dまたは3Dのアバターを使って動画配信などを行っている人のこと。キズナアイが有名。配信者は匿名なことが多い。

3年前の生存者は昏睡状態が続いているが、事件直前に「信頼できる人がいる。お姉さんみたいな人」と話していたという。

その人物像は、川上昇とはほど遠い。そのため別の犯人=女性がいる…

佐相(瀧本美織)は、兵藤幸雄(石橋蓮司)に会うと、関係性は大学の教え子だという。ゼミの同窓会の写真を気になった佐相。

今回の3人は映画好きだが、3年前は全員趣味が違った。どういうことか時矢は悩むが…

月影カレンがブレイクの詩集を読み、「今は亡き7人に捧ぐ」というメッセージもアップされた。

つまり生存者のいう「お姉さん」とは200万のファンがいる月影カレンこと田所(須藤公一)だと時矢は推理。

しかし月影カレン(声:釘宮理恵)の生配信に血だらけの田所(須藤公一)が映る

時矢は驚異の記憶力・観察力で、撮影場所は京都シーズンホテルと指摘する。

刑事たちが向かい血だらけの男・榊原伸一(坂口涼太郎)を確保。殺害動機はカレンの正体がハゲでオッサンだったから。正体はオンラインサロンで知ったという。

被疑者死亡で一件落着かと思われたが、佐相は思い出す。川上昇の顔が兵藤幸雄のゼミの写真にいたと判明。

オンラインサロンとは兵藤の塾。3年前の川上と今回の田所は兵藤のサロンを通して繋がっていた

事件解決編

・真犯人は、兵藤のサロンの第1期メンバー。全員が「セブン」。
・兵藤はサロンを通して、「人の心を操ること」をメンバーに教えた。
・3年前の犯人は7人いた。だから相談内容が変わっても対応できた。集団だから罪悪感も希薄になった。
・兵藤は責任を認めない。誰が彼らを裁けるのかとも言い放つ。

山之辺裕作刑事(阿部進之介)の暴走!

・山之辺は兵藤に銃を向ける。山之辺は3年前の生存者・橘水樹(小池唯)の兄だった。
・今回の3人の集団自殺の首謀者は、山之辺!
・時矢は「あなたのやってることはセブンと同じじゃないか」と追い詰めるが、容体が危ない妹・みづきのため本気だった。
・時矢は、銃を向けられた佐相をかばい「撃てよ」というが2人はかばいあう。
・時矢・佐相のケンカを通して妹が浮かんだ山之辺は涙し「兄妹みたいすね、羨ましいなあ、俺たちはできなかった」

山之辺は、時矢に逮捕された。時矢は残り5人のセブンを捕まえることを約束する…。

時矢と佐相はお互い謝り仲直り。したと思われたが、外付けハードディスクとして必要だと言われた佐相はご立腹…。

【刑事ゼロ】7話の感想

声優・釘宮理恵が話題!

【刑事ゼロ】7話のまとめ

声優・釘宮理恵が月影カレンの声役で出演し話題でした。

題材も新しい要素、“Vチューバー”を取り入れた『刑事ゼロ』第7話。

3年前と現在の集団自殺、時矢と佐相の別々の捜査も絡み合い、1時間(正味45分)で見事に収束していくテンポも秀逸。

時矢・佐相コンビの痴話ゲンカ(!?)も息ピッタリ。

テレビ朝日が得意とする刑事ドラマだから、視聴者も安心して見られるのか…、

二桁視聴率を7話連続キープ中の『刑事ゼロ』ですが、

沢村一樹・瀧本美織コンビがイキイキ演じているのも魅力的。残り3話でしょうか、最後まで楽しみたいドラマです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク