【人生が楽しくなる幸せの法則】6話の視聴率とネタバレ!情報漏えい勃発でサスペンス風味に!

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】6話の視聴率とネタバレ!

元AKB48の秋元才加がゲスト出演!佐久間の元カノでBARのママを演じます!

今回は情報漏えい事件も加わってサスペンス風になってきました。

第6話のネタバレをどうぞ!

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】の全話視聴率とネタバレ! 夏菜主演のドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】が1月10日スター…
スポンサーリンク

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】第6話の視聴率

第6話の視聴率は2.6%でした。

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】第6話のネタバレ

ある日、ジャストライト物産では、我妻博和(徳井優)が「僕の頭皮マッサージ機がない」と言い出したのをきっかけに、「それは怪奇現象、幽霊のしわざ!」と佳恵(小林きな子)が言い出す。一同、「絶対にない」と佳恵を小ばかにしたものの、福田(山本直寛)と小松(遊佐亮介)が「近頃土偶の位置が毎日変わる」と言いだしたり、部屋にあったミニカーが勝手に動き出したりしたため、「幽霊!?」と彩香(夏菜)らは急に怯えだす。だがただ一人、里琴(高橋メアリージュン)だけが冷静だった。
その時、彩香里琴佳恵は“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)の前に呼び寄せられる。「人は未知のものが苦手。見えないから想像力が掻き立てられてしまって余計怖くなってしまうの」と神様神様は幽霊以外にも未知なものはたくさんあると言う。「仕事だったり、未来だったり、人間関係だったり。そういうものが本当に正しく見えてる?怖がって受け身でいて、幸せが勝手に舞い込んで来るなんて思ったら大間違い!“ちょうどいいブス”は回遊魚!止まらず、怖がらず、前のめりで泳ぎ続けるの!」と神様


元の世界に戻った彩香ら三人。「……受け身でいないで、今こそ動く」と言う彩香に、「でもやることないよね」と佳恵。三人はお祓いするために神社へ向かう。すると目前の公園で佐久間涼太(和田琢磨)が、伊澤尚美(秋元才加)と、「いい加減はっきりさせたい」と痴話げんかのような言い合いをしていた。そのまま歩き出す二人に、「気になる」とついていく里琴佳恵。「ダメですって!」と言いつつ最も気になってついていく彩香
すると佐久間尚美は公民館に入っていった。そこではオセロのリーグ戦が開かれていて、二人が「はっきりさせたい」といっていたのは、オセロのことだった。二人は決勝戦に出て決着をつける。彩香はいつもの冷静な佐久間が別人のように熱くなっているのを見て驚く。尚美が勝利をおさめ、勝負が終わると、佐久間彩香たちがいることに気づく。「たまたま見かけて」と言い訳する彩香たち。
佐久間さんがいつもと全然違う様子なので驚きました」と言う彩香佐久間は、自分は一人っ子で、子供の頃、両親が共働きで鍵っ子だったため、たまたま近所でオセロをやっているのに誘われて出入りするうちにいつの間にかハマったことなどを話してくれた。「一人っ子だったんだ。それも知らなかった」と彩香。そして一緒にいた尚美は“元カノ”で、ふられたのは自分の方だと言う佐久間。「男女の友情なんて存在しないから。あれ、男が引きずってるパターンだね」と佳恵。

その佳恵は、「幽霊探知機」を購入して、吾妻の頭皮マッサージ機のありかを探す。頭皮マッサージ機はなかったが、ミニカーが磁石の影響で動いていたことや、土偶が動いていたのは福田小松がそれぞれに思う位置に動かしていたせいだとわかる。「幽霊なんていないじゃない」と言う吾妻に「それでも頭皮マッサージ機はまだ見つかってません。真相を解明します!」と佳恵


その時、佐久間は、無名だが本格派の名酒を出す“タケノコ酒造”という会社のお酒を売り出そうと熱心にがんばっていたが、突然にその契約の話が破談になった。というのも、ワンオアエイトカンパニーという企業が突然にタケノコ酒造のもとに現れ、よりよい条件を提示し契約をしてしまったからだった。
森一哉(忍成修吾)は、ワンオアエイトカンパニーの動きを怪しみ、里琴に「内密で、そこにある会社にうちから転職した社員か、逆に転職してきた社員がいないか調べてほしい」と頼み込む。だが里琴は「理由も教えず、個人情報を調べろと言われても無理です」と断ってしまう。「……だよな」と去っていく。その様子が気になる里琴
一方、彩香は、思い切って佐久間を励ましに行くが、「僕は、君が思うような特別な人間じゃない」と突き放されてしまう。凹む彩香
彩香里琴佳恵は再び神様に呼び寄せられる。「あなたたちの敵はその先入観」と神様神様は“虹”を出し、「虹は半円に見えるけど、本来はこんな形」と円状の虹を見せる。「半分も見えてないのに、見えているものだけを見て、あなたたちは分かった気になってる。先入観は最大の敵よ。物事の本質をちゃんと見極めなさい。謎の真相も、人の真意も、好きな人の本当の素顔も」と神様
再び元の世に戻る三人。里琴の元へ行き、社員を調べる理由を尋ねるが、は、「言えない。ただ会社にとって重要なことなんだ。だからこそ、木原
さんにしか頼めない」と言う。里琴はそれ以上理由を聞かずに調べてやる。するとある社員の父親が、その会社に勤めていることがわかる。
また、佳恵は改めて吾妻のもとに行き、頭皮マッサージ機について、よく聞き直す。するとそれは、社長室に花を生けるときに使った剣山であることが発覚する。佳恵は、吾妻に剣山を取り返してやり、無事、事態は解決する。
彩香は、佐久間にオセロをやりたいと頼み込む。「どうしてまた」と言う佐久間に、「私、全然佐久間さんのことを知らないと思って、せめて同じ目線で何かしたくて」と彩香。そして彩香は「佐久間さんのことを好きって言ったの、撤回します」と言う。「え?」と言う佐久間に、「気持ちが変わったというのではなくって、今まで佐久間さんに勝手な理想を押し付けていたなって。佐久間さんも人間ですもんね。それなりに不器用と言うか、ちょうどよくないというか。そんな当たり前のことに今さら気付いたので出直します」と彩香。そんな彩香に「中川さんってやっぱり変わってる」と優しく微笑む佐久間
そしてその佐久間に、は「うちの会社に、ワンオアエイトカンパニーに情報を漏らしているやつがいる」と言う。その夜、暗い社内で一人作業をする松澤初美(伊藤修子)の姿があった。

見逃し配信はこちら

ytv my do

ドラマ【人生が楽しくなる幸せの法則】第6話の感想

確かに気になる終わり方でしたね。松澤課長は本当に黒幕なのでしょうか?

記事内画像出典:公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク