2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】4話視聴率とネタバレ!セレブママ友にご近所トラブル?

スキャンダル弁護士QUEEN/冬ドラマ2019

1月31日(木)22時から竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の4話が放送されました。

第4話ではドロドロのママ友トラブルが勃発?

ということで、今回はドラマ【スキャンダル専門弁護士QUEEN】4話のあらすじネタバレと視聴率、感想をお伝えします。

※4話を見逃してしまった方に朗報!

FODプレミアムを利用すれば、無料で【スキャンダル専門弁護士QUEEN】を見返すことができます!

さらに今であればその他ドラマもイッキ見できます!ぜひご利用ください!

FODプレミアム

 

スポンサーリンク

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】4話視聴率

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』4話の視聴率は1月25日(金)に発表予定です。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】4話あらすじネタバレ

ご近所トラブル勃発

4話の氷見(竹内結子)のクライアントは大手ゼネコン次期社長候補、佐久間。佐久間家は玄関前にゴミがばら撒かれたり、誹謗中傷のビラを貼られたり、挙句の果てには妻の京子(原田佳奈)が階段から突き落とされたり、といった嫌がらせを受けていた。

氷見たちの調査の結果、京子と息子・(南出凌嘉)はママ友や同級生の間で浮いた存在であること、5年前の怜の担任・佐野が鬱になって退職していたことが発覚。2人を恨む人物として佐野の妻が浮上した。

犯人確保

調査中の氷見たちに京子から連絡が。怜がとつぜん行方不明になったのだ。必死で怜を発見した氷見たちは、怜が心に抱えた孤独に寄り添い、彼の自殺を食い止める。さらに、怜をつけていた佐野の妻を捕まえて、彼女が一連のトラブルの犯人であることを確かめた。

佐野の妻と京子を事務所に集めた氷見は真相を確認する。実は怜は発達障害があったのだが、そのことを内緒にしていたせいで佐野を鬱にまで追い込むことになってしまった過去があったのだ。2人のトラブルの本質は教員不足の現状にあることを氷見は指摘し、ある衝撃の作戦を企てる。

世論を動かせ!

氷見の作戦。それは別件のクライアントである都議会議員やクライアントと対立している都議会議員たちの意図を巧みに操り、全員で“教員増員”の世論を作ることであった。

氷見の狙い通り、世間では“教員増員”や“働き方改革”を訴える声が高まり、佐久間家のトラブルも無事収束したのであった。

氷見に魔の手が…

今回の調査では休みがちだった氷見。実は彼女は調査の合間に氷見の過去を探っているジャーナリスト・茂呂裕也(佐野岳)と会っていた。茂呂によれば、氷見はかつて東議員の秘書であったが、事故でひとを殺した過去があるようだが…。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】4話感想

ご近所トラブルドラマ言えば『砂の塔』?

ご近所トラブルを取り上げた4話。かつての菅野美穂主演ドラマ『砂の塔』を思い出した方も多いみたい。個人的には当時のがんちゃん懐かしいなあ…。

タイムリーな子連れ議員

今回登場した子連れ都議会議員。熊本市でそんなことありましたよね…。タイムリーな攻めたトピックに食いつく方が多いです。

怜の悩み…変でもいいじゃない!

世間と自分のギャップに悩んでいた怜。“自分は変なんだ!”という怜の悩みに寄り添った藤枝にはあっぱれでしたね!怜の悩みに共感したり、思いをはせた方がいたみたいです。

佐野岳がかっこいい!

ダークな雰囲気で登場した佐野岳。闇を抱えた感じのジャーナリストがぴったりでした。なんとも色っぽい姿にきゅんきゅんした方も多いみたい!やー!かっこよかったですね!

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】4話まとめ

単なるご近所トラブルで終わると思いきや、政治問題にまで発展した4話。毎度毎度思いますが、張り巡らした伏線や見事な回収にはあっぱれですね。

次回【スキャンダル専門弁護士QUEEN】5話は2月7日(木)22時から放送予定!

引き続き一緒に楽しみましょう!

(記事内の画像出典:公式サイト)

スキャンダル専門弁護士QUEEN
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】