【トレース~科捜研の男~】2話の視聴率とネタバレ!賛否は続くも、ラストで視聴者がキュン?

トレース3

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】2話が1/14(月)に放送されました。

暗い過去を持つ科捜研法医研究員が、新人研究員と捜査一課の刑事と共に事件を解決していくサスペンスドラマ。

真実を知りたい娘へ、パーティー中に殺害された男性に隠された秘密が明らかに…!?

今回は、【トレース~科捜研の男~】2話の視聴率とあらすじネタバレ、感想についてご紹介。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

スポンサーリンク

【トレース~科捜研の男~】2話の視聴率

トレース2話

【トレース~科捜研の男~】2話の視聴率は11.8%。

【トレース~科捜研の男~】2話のあらすじとネタバレ

~【トレース~科捜研の男~】2話のあらすじ~

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

~【トレース~科捜研の男~】2話のネタバレ~

真田と同じく医師への道を進んでいた有里が、貧血で倒れたとノンナを診断。

有里は捜査について真野とノンナに聞き、その最中に薬を飲みだす。

心臓が弱いと話す有里は、患者としても真田の姿を見て来ていて尊敬していたこと、「父の身に何があったのか、本当のことが知りたい」と強く願っていた。

そんな有里に真野は「一つ気になっていること」があると、バルコニーの手すりに残された靴の跡が不自然だと説明。

手すりに登った後、振り向き犯人と会話していた?面識があったのか?

しかし、真田に恨みを持った人間はいないと有里は言い切った。

新たな手掛かり:折り鶴

再び現場へと向かった真野とノンナは、手すりの靴跡を調べ「なぜ、振り返る余裕があったのか?」と疑問に思う。

真田の遺体があった、バルコニーの外側から突き落とされたであろう現場を眺めていると、枯葉が落ちて来て花が植えられていたプランターの中へと落ちた。

気になった真野がプランターを覗くと、花の間から血の付いた折り鶴が見つかる。

鑑定した結果、血痕はO型の女性のものであること・10年以上前の紙で折られたものであることが判明したが、DNAは不明だった。

ノンナは真田の葬儀に参列し、そこで有里に「お父さんが殺された理由について」話しに来たという女性を目撃、しかし記者たちに囲まれた有里もその女性と話せずじまいとなる。

誰だか思い出せないという有里、さらに真田の遺品から妙な物が出てきたと言い、それは「折り鶴」だった。

気味が悪いと言い、その折り鶴は血が付いていて真っ赤だという。

その折り鶴に付いていた血痕も、O型の女性のもので紙も同じものであると分かり、真田と宮永には面識があったのかと疑われた。

共犯者の存在?

虎丸は公安に手を回し、真田の着衣に付いた血液のDNAをデータベースにかけるよう指示し、一人の男・岸田が浮上。

共犯者かと思われた岸田だったが、身体検査の結果は体に傷はなく虎丸は行き詰まる。

その頃、ノンナは自分が意識を失い倒れた時にワインをぶちまけてしまったことを後悔し、「あれがなければ何か見つかっていたかも?絨毯からワインを抜いて調べることが出来たらいいのに」と真野に話すと、何かを思いついた真野は折り鶴を鑑定。

そこへ岸田のDNA再鑑定を虎丸が依頼しに来るが、真野は「かすり傷1つもなかったのか?」と岸田の身体検査をした写真を見せてもらい、背中に4つの赤い点があるのを見つける。

さらに、明日までに解決しなければならないと焦っている虎丸に、血を除いて鑑定した折り鶴の紙を見せ、「中原」と書かれた答案用紙であったことを話した。

宮永の指紋も付いていたことから、真田と何らかの関係があるのではないかと推測し、宮永の血痕からDNAを鑑定したい真野は事件直後、包帯を巻いていた宮永が包帯を買った薬局に向かった。

その薬局では、クレジットカードでの支払いが2000円以上と記載があり、それを見た真野は売上金を調べ血の付いた500円玉を発見。

なんと、真田の着衣に付いた血痕のDNAと一致、岸田と同一のDNAであるという奇妙な結果となった。

犯人の目的とは?

困惑する虎丸に真野は、宮永は骨髄移植をした結果、特異体質となり体の中に2つのDNAを持つ「キメラ」であると説明し、岸田の背中の跡は骨髄移植の跡で宮永のドナーだったのだ。

宮永は高校生の時に骨髄移植を受けていて、当時付き合っていた恋人の中原さちえ(小篠恵奈)も同じ病院に担ぎ込まれ死亡していることが分かる。

その病院には当時、真田が勤務していたことから彼女の命を救えなかった逆恨み、もしくは医療ミスがあったのかもしれないと、真野とノンナは有里の身を案じ病院へと急いだ。

その頃、宮永は病院内で有里の跡をつけ「恨むなら親父を恨め」と言い放ち、首を絞めて襲っていた。

しかし、途中で手を離しやってきた真野や虎丸たちに取り押さえられる。

事件後、有里と話しに病院へと向かった真野とノンナ。

明かされた真実

15年前、中原さちえは宮永のお見舞いに行く途中、病院近くの工事現場の落下事故に巻き込まれ死亡していた。

事故後、病院に運ばれ緊急手術となり真田が担当。

医療ミスかと思われたが、有里の心臓移植の経験が全ての始まりだった。

真田は、中原さちえの手術を担当したが「容体が急変した」と脳死であることを伝え、宮永はずっと「何かおかしい」と思い続け、最近になりその手術に関わった女性医師を見つけ真実を聞く。

当時、真田の元に有里の心臓移植の順番が近いとの連絡がドナー協会から来ていた。

そんな時、有里が危篤状態となり、さらにそこへ同年代の中原さちえが運ばれてきた。

恋人の宮永のこともあり、中原さちえがドナー登録をしていることを知った真田は、有里の順番が1番だったらと考え筋弛緩剤を投与したのだった。

さらに、事件当時の真田と宮永の会話も判明。

「許さない」と詰め寄る宮永に、「すまなかった」と泣きながら謝罪していた真田。

真田は自ら手すりに上がり、「あの折り鶴を私もずっと持っている。忘れたことはない」と話し身を投げようとしていたように見えた。

そこを後ろから宮永が突き落とし、真田は死亡。

全てを聞いた有里は、「自分は生きていていいのか。無理矢理人から奪ったもの」と話し出した。

真野「宮永さんは、咳き込むあなたの前で立ち尽くしていました。2人共、許せなかったから殺そうとしていたが最後の最後で復讐をやめた。宮永さんはあなたをじっと見下ろしていたんです。首を絞めた時、脈動を感じた。亡くなった恋人の心臓が生きているのを感じやめたのではないでしょうか。あなたは、受け継いだ命を大切にしていくべき。それが宮永さんと中原さん、2人の望みだと思います」

有里は泣き、お礼を言った。

帰り道、ノンナは「知らないほうが良かったのでは?」と真野に問う。

真野「どんな真実だったとしても、知らないほうがいい真実なんてない。遺族は真実を知ることで初めて前に進むことができるんだ。お前はよくやった」

その日の夜、帰宅途中の真野の目の前に兄の姿が。

しかし、兄は過去に首吊り自殺と判断され死亡している。

真野「あの日、何があったの。教えてよ、兄ちゃん」

【トレース~科捜研の男~】2話の感想まとめ

2話目もストーリー設定に賛否が目立ち、これからの評価がさらに不安を感じる結果に…。

原作が面白い内容なだけに、その違いは厳しい結果となりそう…?

しかし!最後には錦戸亮さんのスマイルで、世の女性たちはキュンキュンしたのではないでしょうか?

モヤモヤした気持ちを吹き飛ばしてくれたであろう、錦戸亮さんのスマイルパワーで今後も癒してほしいところですね(笑)

記事内の画像出典:【トレース~科捜研の男~】公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク