【スキャンダル専門弁護士QUEEN】1話視聴率とネタバレ!SMAP解散劇をオマージュ!?

2019年1月期の<木曜劇場>【スキャンダル専門弁護士QUEEN】が1月10日(木)22時に放送されました。

竹内結子が6年ぶりに地上波連続ドラマの主演として登場した【スキャンダル専門弁護士QUEEN】!

万を期しての登場でしたが、果たしてその結果は?

また、見逃した方は気になるであろう、1話のあらすじは?

そこで今回は【スキャンダル専門弁護士QUEEN】1話視聴率とネタバレ!について。

※1話を見逃してしまった方に朗報です!

FODプレミアムを利用すれば、無料で【スキャンダル専門弁護士QUEEN】を見返すことができます!

さらに今であればその他ドラマもイッキ見できます!ぜひご利用ください!

FODプレミアム

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】キャストやあらすじはこちら!

ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】キャストとあらすじ 2019年1月スタートのフジテレビ系列のドラマとして【スキャン…

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】最終話ネタバレはこちら!

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】の視聴率と最終回ネタバレ 2019年1月スタートのフジテレビ<木曜劇場>は【スキャンダル専門弁…

スポンサーリンク

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】1話視聴率

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】1話の視聴率は未発表です。

連続ドラマの初回視聴率は今後の勢いを左右する大事な数字と言えるでしょう!

ここで、好調なスタートを切れるといいのですが…

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】1話ネタバレ

国民的アイドルに一大スキャンダル!

鈴木法律事務所・危機管理部のリーダーの氷見江(竹内結子)は、スキャンダルやトラブルの裏側を主戦場に活躍する異色の弁護士であり、情報操作のプロ“スピン・ドクター”としてクライアントを窮地から救ってきた天才トラブルシューター。

多忙を極める氷見の元に、ミナトテレビプロデューサーの深川章一(宇野祥平)から依頼が舞い込む。

深川が担当する国民的アイドルグループ「フォレスト」の冠番組『フォレスタ』放送中に、メンバー・白石杏里(馬場ふみか)が、同メンバーの赤江桃子(中村ゆりか)を突き飛ばし、ネット上で大炎上。「フォレスト」には解散説や不仲説が流れ、ミナトテレビには大量のクレームや杏里の殺害予告が届く始末。

事態を収めるため、次回の番組収録時に謝罪会見を開こうと思った深川は、会見を円滑に行うため、氷見たちに協力を求めたのだった。

杏里が逃亡!

次回フォレスタ収録まで12時間を切り、杏里へのバッシングは加速する一方。事務所前には覆面を被った不審な人物が、動画投稿に実況動画を掲載するなど大騒動になっていた。

氷見は渦中の杏里に、幼なじみで仲良しがウリのフォレストにおいて杏里の行動は度が過ぎていると諭すが、杏里は頑なに謝罪会見を拒み“解散したい”と主張したまま、事務所から逃亡してしまう。

一方、被害にあったはずの桃子はあくまでも杏里をかばい、解散を否定するのであった。

フォレストの内部事情

杏里捜索と並行して、氷見たちは関係者から事情を聞き出す。

マネージャーによれば、最近高音が出にくくなってきた桃子に代わり、実力派の杏里の人気はうなぎ登りだったのだという。だが、社長の判断で桃子がそのままセンターに続投し、嫉妬した杏里が以前は仲良しだった桃子を敵視するようになったのだという。

深川はピークを過ぎたにも関らずギャラの高いフォレストを打ち切りたいと思いつつ、

絶大な力を誇る森プロダクションの圧力でどうしようもできずにいるのだという。彼はスポンサーや会社への忖度に追われる現状に無力感を覚えていた。

恐怖の違約金の男のカゲ

事務所では杏里が見つからないまま、杏里と見知らぬ男の2ショットが発見されたり、覆面を被った不審者が侵入したりと大混乱。

追い打ちをかけるように、ワイドショーではフォレストには今解散すると違約金12億円が生じてしまうことが報道され、身内のリークが疑われる事態に陥る。

ようやく杏里を発見した氷見の部下・与田(水川あさみ)は杏里の本音を聞き出そうとするも、杏里は男の存在を否定する以外は無言を貫く。

その姿勢から氷見と与田は“杏里は自分が悪者になるころで何かを守ろうとしているのではないか”と予測。

最近森プロダクションを退社したフォレストの元マネージャー・海老原に話を聞きに行く。海老原はメンバーを商品として扱う社長への反感以外は多くを語らなったが、彼の反応からカギを握るのは杏里と男の2ショットだと確信する。

2ショットの真実

氷見と与田は2ショット写真を改めて観察し、杏里が持っている紙袋がフォレストメンバー行きつけのうなぎ屋のものであることを発見。驚愕の真実にたどり着く。

なんと、杏里の2ショットの相手は桃子だったのだ。

桃子は昔から性同一性障害を抱えており、メンバーはありのままの桃子を受け入れていた。

さらに、海老原も桃子の事情に気づいて、社長に桃子の脱退を掛け合っていたのだという。

味方の海老原はクビになり、違約金のしがらみを抱えた杏里は、あえてクビになる行動を取ることで桃子を守ろうとしていたのである。

さらにフォレストの他のメンバーもワイドショーに違約金についてリークすることで、桃子を守ろうとしていた。

運命の生放送

すべての事情を知った氷見は、メンバーと話し合った結果、収録を取りやめ、生放送で勝負をかけることを提案する。

氷見の提案に乗ったフォレストメンバーは生放送で解散を宣言。

氷見は事前に手を回していたため、深川をはじめとするスタッフ一同がフォレストメンバーの解散会見を完璧にサポートしてみせた。

深川はクビを宣告されるも、やりたいことをやりきったその表情は晴れ晴れとしていた。

悪徳社長に制裁を!

ここで問題になるのは森プロダクションの社長である。自身に無断で解散を断行したフォレストメンバーに怒り心頭の社長は彼女たちに違約金を請求しようとするが、その前に氷見が立ちはだかる。

氷見は以前クライアントとして助けた記者の東堂裕子(泉里香)に取引を持ち掛け、脱税や横領などの社長の悪事にまつわる情報を集めていた。

これらの情報をリークしないことと引き換えに、氷見はフォレストメンバーに違約金を請求しないと約束させるのであった。

氷見のヒミツ

その後、かつての世論は嘘のように、フォレストメンバーへは好意的な意見が集まっていた。また、事務所に侵入した覆面を被った男は氷見が手配していたことが発覚。

氷見の食えない態度に同僚たちは改めて圧倒されるのであった。

さらに職場には氷見宛ての不審なUSBメモリーが届く。そこにはなんと氷見と次期首相候補の2ショットが収められていたのであった…。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】1話感想

日産とのコラボCMが印象的

泉里香演じる東堂裕子がドラマを飛び出して、日産のCMに登場しました。

前クールでは『獣になれない私たち』とTikTokとのコラボCMが話題になりましたが、ドラマとCMのコラボは世界観がマッチしていて楽しいですね。

中川大志はホントにハーバード?

劇中でなんともいい味を出していた中川大志。

そのお茶目な姿だと“ホントにハーバード?”って感じです。

これから話が進むにしたがって、どのように話に絡んでいくのか期待ですね。

これってSMAP!?

1話では国民的アイドルの謝罪会見が取り上げられましたが、“あれ、どっかで見たことある?”

そうです!2016年に衝撃の解散を遂げたSMAPの謝罪会見です!

どこかでSMAPを意識して作られた脚本だったかもしれませんね。

まさかの山本耕史!

最後に突然登場した山本耕史。時期首相候補役での出演でしたが、氷見との2ショットが流出してるあたり、今後の展開に大きく絡んできそうです。

もしかしたら、最終回にまで登場し続ける超重要キャラになるかもですね!

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】1話まとめ

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】1話は国民的アイドルの解散劇でした。SMAP解散の騒動を思い出された方も少なくないのでは?

勧善懲悪のさっぱりした展開に私個人はとても好感を覚えました!

竹内結子はもちろん、周囲の脇役もいい味を出してます!

今後に期待ですね。

次回第2話は1月17日(水)22時から放送予定です。

今度は成海璃子がセクハラ被害者で登場するみたい…。

見逃せませんね!

一緒に最終回まで駆け抜けましょう!

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク