【大恋愛】8話の視聴率とあらすじ!睡眠薬で眠らされる尚。その結末は?

大恋愛~僕を忘れる君と

前回は尚の母・薫と元婚約者・侑市に恋の予感がありました。果たしてどうなるでしょうか?

それでは、【大恋愛~僕を忘れる君と】8話の視聴率、あらすじ、感想について紹介します。

スポンサーリンク

【大恋愛~僕を忘れる君と】8話の視聴率

【大恋愛~僕を忘れる君と】8話の視聴率は8.5%。

前回よりも0.5ポイント下がりましたね。結婚前に比べると視聴率が低い水準になっています。やはり恋愛ものは結婚前のほうが人気なのでしょうか?

【大恋愛~僕を忘れる君と】8話あらすじ

大恋愛~僕を忘れる君と 8話

尚(戸田恵梨香)は産婦人科医としての知識をフルに使って子どもを身ごもるための方法を考えて真司(ムロツヨシ)と小作りに励んでいました。

一方、侑市(松岡昌宏)は診察に訪れた公平(小池徹平)に尚の講演会の映像を見せますが公平は「全然覚えていません」ととぼけます。

「他の患者さんに危害を加えるなら他の医師を紹介します。」と迫る侑市に公平は「患者には医者を選ぶ権利はあるけど医者には患者を選ぶ権利はない」と拒否します。

尚は母・薫(草刈民代)と親友の柚香(黒川智花)に子供を作りたいという気持ちを話します。母に反対されてると思っていた尚でしたが、あっさりと認めてくれて拍子抜けします。
「どうしちゃったの?」という尚に柚香は「好きな人でもできたんじゃない?」と言います。

その帰り道のスーパーで買い物中の尚の前に公平が現れます。レジで財布が見つからずに慌てている尚の代わりに公平が代金を支払い、代わりに少し付き合うことに。

そのころKITAレディースクリニックに侑市が薫を訪ねてきました。公平の講演会での動画を見せ注意するようにアドバイスに来たのでした。

公平とお茶をして自宅に戻った尚は真司の担当編集者・水野明美(木南晴夏)と鉢合わせします。真司が忘れたスマホを取りに来たのだと言います。

水野からスマホを受け取った真司は侑市からの着信に気づき折り返し電話をかけます。侑市から公平に対して注意をしてほしいと忠告を受けます。心配になった真司は尚に電話をかけます。
少し話をしたところで水野から次の予定を告げられて電話を切ります。

いつもの居酒屋を訪れた侑市でしたが、そこに薫がいました。一緒に食事をすることになった2人ですが、現在は完治する方法がないアルツハイマーを専門分野に選んだことに迷っていると弱音を吐く侑市に薫は「私は先生が思ってらっしゃるよりも頼りにしています。」と伝えます。

自宅に戻った真司は尚に小説の続編のタイトルを相談します。尚の同意もあり「もう一度第一章から」に決まりました。

真司が自宅で水野に小説の続編について相談をしているのを聞いた尚はタイトルを聞いていたことを忘れてしまっていて、真司の相談役が自分だけじゃなくなっていることに不安を感じ公平に相談します。

真司は引越のバイト時代の先輩・木村(富澤たけし)に呼び出され尚が公平と会っていたことを聞かされます。

自宅に戻った真司は、尚に公平と会っていたかどうかを確認します。そして公平が尚にキスをしたことや失神の原因を作ったことを伝え外出するときは自分もついていくと言います。

尚は自分が真司と対等でいられないと言い怒って飛び出してしまいます。慌てて追いかけた真司でしたが尚を見失ってしまいます。

自宅に戻りスマホで電話を掛けますが尚は冷蔵庫の中に自分のスマホを忘れてしまっていました。

悲しみに打ちひしがれて泣いている尚に公平が声を掛けます。公平は尚に睡眠薬を飲ませて眠らせます。

そして、真司に電話を掛けます。真司は公平の元に慌ててやってきました。「真司と尚は対等じゃない。真司は尚を小説を書く道具にしている」という公平に真司は殴りかかろうとします。

しかし、そこを尚が止めます。尚は睡眠薬を入りの飲み物を飲んだふりをして飲んでいなかったのです。

真司が尚のことを小説の道具にしていたと語る公平に「真司に小説を書いてもらうのは私の生きがいなの。それが他の誰にもまねできない私たちだけの夫婦の形なの。だから本当は対等かどうかなんてどうでも良いの」と言います。

「真司のことも忘れちゃう」という公平に尚は「忘れちゃうところが、この病気の唯一の救いでもある。私はあなたを恨まない。恨んだところで忘れちゃうから。だから全部忘れてください。」と言います。

それを聞いた公平は「バイバイ」と言い残して去っていきます。

家に帰った尚と真司は今日の出来事を語り合いながら、真司は尚でないと駄目だと言い、尚も真司じゃないと言い、お互いに愛を確認し合うのでした。

【大恋愛~僕を忘れる君と】8話の感想

【大恋愛~僕を忘れる君と】8話のまとめ

小池徹平が怖すぎて、どうなるのかと心配でしたが最後はハッピーエンドでしたね。ただ、アルツハイマーという病気は記憶に障害があるだけで、その一瞬一瞬は他の人と一緒。
それだけに無理に寄り添おうとしすぎて過保護にしてしまうことも本人に不安を与えてしまうということですね。

それにしても尚は名演技でしたね。睡眠薬入りの飲み物によく気が付きましたね。やはり真司に言われて意識のなかった自分にキスをしたということもあったのかもしれませんね。

お互いにすれ違いがあり心配しましたが最後は全て解決しましたね。
やはり、このドラマにはハッピーエンドが似合います。

いよいよクライマックス、来週は子供も誕生するようですね。
今度はどんな問題が起こるのでしょうか?

2018年10月12日よりTBS系列にて戸田恵梨香主演ドラマ【大恋愛~僕を忘れる君と】がはじまります。若年性アルツハイマーに冒された…
2018年10月12日よりTBS系列にて戸田恵梨香主演ドラマ【大恋愛~僕を忘れる君と】が放送されます。ラブストーリーの名手と呼ばれる…

記事内の画像出典:ドラマ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク