2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【下町ロケット】5話の視聴率とネタバレ!尾上菊之助の悪役転換に期待高まる!?

下町ロケット表紙

【下町ロケット】5話の視聴率とネタバレ!

阿部寛主演の『下町ロケット(続編)』(TBS)第5話が11/11(日)に放送されました。

5話は衝撃のどんでん返し回!?

視聴者は尾上菊之助の悪役転換に期待が高まったようで…。

今回は【下町ロケット】5話の視聴率・ネタバレあらすじ・感想について。

ドラマ【下町ロケット続編】キャストとあらすじ!阿部寛が挑むゴーストの意味は?
ドラマ【下町ロケット・2(続編)】のキャストとあらすじ! 2018年秋の日曜劇場は、人気ドラマ『下町ロケット』、3年ぶりの続編! 阿部寛:主演、共演に立川談春、安田顕らおなじみのメンバーが集結! 本作は、池井戸潤原作の新作小説「下町ロケット ゴースト」を実写化! 舞台は、宇宙から大地―。阿部寛が挑むゴーストの意味とは…
【下町ロケット】の視聴率と最終回ネタバレ!阿部寛が農業と首相の危機を救う?
【下町ロケット】の視聴率と最終回ネタバレ!阿部寛主演のドラマ【下町ロケット】(TBS)が絶賛放送中!3年ぶりの続編で、2015年版の最終回は22.1%の高視聴率をマーク。2018年版も秋ドラマの視聴率1位を狙います!今回は【下町ロケット】の視聴率と最終回ネタバレについて、1話から最終回まで全話追いかけます!
スポンサーリンク

【下町ロケット】5話の視聴率

【下町ロケット】5話の視聴率は、12.7%

5話の裏番組は人気ドラマ【遺留捜査】の2時間スペシャル(21時~23時05分)と日米野球(19時~21時54分)で、『下町ロケット』と丸かぶり…。

その中で前回から0.6ポイントのダウン幅に抑えた、12%台は健闘です。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区のリアルタイム視聴率)

新潟地区の5話視聴率は?

新潟地区の第5話・視聴率は、25.7%!(ビデオリサーチ調べ)

新潟は、殿村経理部長(立川談春)の実家があり、ドラマのロケも敢行されています。

佃製作所の舞台は東京・大田区ですが、第二の舞台で美しい風景が話題の新潟・燕市。

地元ということもあり4人にひとりが観たという、高視聴率をマークしました。

【下町ロケット】5話のネタバレあらすじ

ついにギアゴーストはケーマシナリーとの特許侵害訴訟・第一回口頭弁論の日を迎えた。伊丹(尾上菊之助)、島津(イモトアヤコ)らギアゴーストの社員、佃(阿部寛)、退職を決めた殿村(立川談春)ら佃製作所の社員が見守る中、運命の判決はいかに……。

一方、的場(神田正輝)の指示でスターダスト計画から離れることになった財前(吉川晃司)の次に進む道は、ロケットに関わる新事業開発の部署であった。ひょんなことから、佃製作所の社員たちと殿村家の稲刈りを手伝うことになった財前は、改めて重要なことに気づかされる。

(公式HPより)

裁判にて。神谷はギリギリに現れた。海外から戻った栗田先生に会いに行っていたからだ。

栗田の論文の技術(=ギアゴーストの技術)は特許を放棄し公開したものだ。つまり特許侵害は無効だ。

そして録音テープを提出。

末長弁護士(中村梅雀)と中川弁護士(池畑慎之介)の繋がりを示す会話だ。

末長を揺さぶった際に、伊丹の忘れ物の中に録音機があったのだ。

末長は不正に情報流出したことを認めた。

後日。佃たちに勝利の判決がでた。末長と中川は不正競争防止法違反で逮捕された。

そして殿村が退職の日。社員たち皆で送り出した。

一方、帝国重工のヤタガラス7号機が発射。無事に成功し、財前(吉川晃司)は新部署「宇宙航空企画推進グループ」へ異動する。

その挨拶にて、財前は農業に挑戦することを宣言した。

そんなある日。島津(イモトアヤコ)が佃製作所に報告と謝罪、そしてギアゴースト退社の挨拶に来た。

ギアゴーストがダイダロスと資本提携したという。

ダイダロス社長は重田登志行(古舘伊知郎)。伊丹(尾上菊之助)が倒産に追い込んだ会社・社長の息子だ。

第2の重田工業を出さないための企画を課長たちに酷評され、総務へ左遷された。

的場(神田正輝)は伊丹のことを買っていたが、真実は違った。

伊丹を見せしめにして、自分は違うと主張したのだ。重田の敵は伊丹でなく的場だった。

「復讐」という共通目的が出来たために伊丹と重田は業務提携したのだ。

島津は反対したが、伊丹は「嫌ならいいよ、シマちゃんは必要ない」と別れを告げる。

【下町ロケット】5話の感想

日本シリーズ始球式でも話題な財前役の吉川晃司。

カッコイイの声と何故スーツ?とツッコミの両論があふれていました。

【下町ロケット】5話のラストはまさかの伊丹(尾上菊之助)の裏切り!闇オチというやつで、その悪人の表情が話題に!?

【下町ロケット】5話のまとめ

『下町ロケット(続編)』第5話のメインは特許侵害の裁判でしたが、意外にもアッサリとスッキリ解決。

忘れ物を利用するんだな、とバレバレな演出でした。

ほかのエピソードは、殿さんとの別れ、財前の農業進出宣言は泣かせるシーンでした。

しかしラストは大どんでん返しが!

伊丹の裏切りです。

あまり伏線がなかったので唐突ですが、真面目で一生懸命な点は描かれてきました。

その裏返しで復讐に燃えているのでしょう。

味方だと思った次期社長・的場が伊丹を左遷させた張本人でした。

新展開の後半も期待しかありません

次回、『下町ロケット』6話はヤタガラス編のスタート!11月18日(日)よる9時から9時54分まで放送!お見逃しなく!

記事内の画像出典:公式HP

下町ロケット
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】