ドラマ【黄昏流星群】第3話の視聴率とネタバレ!ネット上は予告編に大荒れ!

tasogare_title1

ドラマ【黄昏流星群】第3話の視聴率とネタバレ!

感情をムダに丁寧に描きすぎてテンポが悪い本作品。

しかし予告編に反響が殺到!来週から目が離せない!?

ドラマ【黄昏流星群】の全話あらすじと最終回ネタバレ!大人の恋の行方を最終回まで追う! 複雑な大人の恋を描くドラマ【黄昏流星群】…
ドラマ【黄昏流星群】の視聴率一覧!熟年男女の人生最後の恋の行方は? 2018年10月から始まるドラマ【黄昏流星群】は、人生の黄…
スポンサーリンク

【黄昏流星群】第3話の視聴率

第3話の視聴率は6.1%!

なんと1.2ポイントもダウンしてしまいました。

大きな展開がなければこのまま右肩下がりの可能性も!

予告編が話題のようなので次回がどうなるか次第ですね。

【黄昏流星群】第3話のあらすじ

すれ違う感情と縮まるそれぞれの距離

完治と栞

萩野倉庫に出向した完治(佐々木蔵之介)は、なんとか社員に馴染もうとするが、総務課長・川本保(礼二)はろくに仕事を教えず、周りの社員の視線も冷たい。完治にとって唯一の安らぎは(黒木瞳)と会えることだったが、もそっけない態度で落ち込む完治。しかし、社内では親しくしない方がいいと思ってというLINEが入り、安心する。ふたりは次週の日曜日に山へ行こうと約束するのだった。

しかし、若葉銀行の同僚・井上(平山祐介)から完治が飛ばされた原因の上司のパワハラは、反対派閥の捏造で、戻るチャンスがあると頭取や常務のゴルフの接待にとの約束をキャンセルして出ることになる。だが、その接待で気を遣いまくり上司を持ち上げている自分に虚しさを感じ、「俺は何をやっているんだ」と自問。ノー天気にゴルフを楽しむ上司と持ち上げている同僚たちを見て、「ゴマすり虫の群れだ」と嫌気がさし、帰ってしまう。

帰路の途中、に電話し、「今から会えませんか?山は無理でも海なら」と誘う。楽しみにしていた約束がなくなり、ショックを受けていたはそれを受け、ふたりは三崎口の海岸へ…。

ふたりは、その後いっしょに食事を楽しみ、自宅近くまで送る完治。ここでいいと一度は歩き出しただが、完治への思いが高まり、走って戻ると完治の胸に飛び込む。「うれしかった」と素直な気持ちを告げ、完治にキスする

真璃子と春輝

出向のことを浮気の相手ではないかと疑っていた篠田薫(本仮屋ユイカ)から聞いた真璃子(中山美穂)は、への嫉妬も相まって、黙っていた完治にこれまでの不満をぶつける。

親友の水原聡美(八木亜希子)に相談すると「離婚も考えたら」と勧められ、その気はなかったものの、ついPCで離婚についてのサイトを見ていた。それを娘の美咲(石川恋)を迎えに来た春輝(藤井流星)に見られてしまう。

美咲春輝の母に挨拶に出かける。春輝の母・日野冴(麻生祐未)は、家柄や躾を重んじる厳格な女。美咲を気に入りはするが、手土産を袋のまま渡したことに春輝に文句をつける。美咲は、完治が銀行をやめたことが言えずぎこちない態度で接する。

そんな美咲のことや真璃子の見ていたサイトのことが気になり、真璃子に電話を入れる春輝春輝の事務所を訪れた真璃子は、春輝にすべてを話す。完治が銀行員ではなくなったことを納得し、受け入れる春輝。「それであんなサイトを見ていたわけじゃない、離婚なんて考えていない」と言う真璃子だったが、ついこれまでの愚痴が出てしまい、涙を流してしまう。そんな真璃子の涙をそっとハンカチで拭ってやる春輝だった。

【黄昏流星群】第3話の感想

予告編の反響が凄い!

見逃した方は

FODで配信中です。
FODプレミアム

記事内画像出典:公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク