【まんぷく】20話視聴率は21・5%!福子・安藤サクラら疎開のきっかけは?

まんぷく表紙

朝ドラ【まんぷく】20話のあらすじと視聴率!

安藤サクラ主演、NHK朝ドラの第4週「私がみつけます!」第20話が10月24日火曜日に放送されました。

福子(安藤サクラ)らがとうとう疎開へ。そのきっかけとは?

今回は【まんぷく】20話の視聴率とあらすじネタバレについて。(見逃した方はU-NEXTで)

2018年度(平成30年度)後期の朝ドラ・連続テレビ小説は【まんぷく】。 ヒロインは安藤サクラ、夫役に長谷川博己。 脚本…
スポンサーリンク

【まんぷく】20話の視聴率

【まんぷく】20話の視聴率は21・5%

前回から1.1ポイントのダウンです。

しかし初回23.8%の自己最高以来、20話連続で視聴率20%超え。

好調キープです。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の99作目は『まんぷく』 ママさんヒロインの安藤サクラ主演、その夫に長谷川博己! 日清食品…

【まんぷく】20話のあらすじネタバレ

昭和19(1944)年夏。

日本の戦況は次第に悪くなり、克子(松下奈緒)は4人の子どもを連れて、忠彦の田舎に疎開することに。

福子(安藤サクラ)萬平(長谷川博己)鈴(松坂慶子)に疎開を提案する。

しかし鈴は「家を守らないと」の一点張り。出産しない福子や戦争に行かない萬平を非国民呼ばわりする始末。

夜。福子は萬平をマッサージした後、萬平の胸の中で横になる。今のままで幸せだった。

咲(内田有紀)が鈴の夢に出て、「この家をしっかり守ってください」と告げた。

同年秋。東京で初めて空襲があった。11月24日のことだ。

怖さを覚える福子。友人の敏子(松井玲奈)ハナ(呉城久美)は疎開することになった。

夜。今度は福子の夢に出てきた咲は「逃げなさい。首根っこ捕まえてでも」

翌日、福子と鈴はお互いに、夢に出た咲の逆の想いを伝えあう。感情的で平行線だ。

冷静な萬平の言葉はまったく2人に通じない。


年が明けた昭和20年1月。

大阪から少し離れた天王寺で空襲があった!

2か月後の3月4日。

大阪上空にやってきた戦闘機が降らせたものは、米軍の宣伝ビラだった。

そこには「このリーフレットは爆弾であり得たのだ。この無益な戦争に結末をつけるまで幾度となく爆撃する」とあった。

ついに鈴も疎開を決意し、3人は3月10日に大阪を離れた。大阪が受けた大空襲の3日前だった…。

【まんぷく】20話のまとめ

福子・安藤サクラら疎開のきっかけは?

20話は、ついに福子・安藤サクラたちが疎開を決意する、という展開。

疎開のきっかけはアメリカ軍の宣伝ビラでした。

爆弾なんて落とされないと言っていた鈴でしたが、危険を実感したのでしょう。

やはり自分の身に降りかからないと動けないものですね。

20話ラストでは福子の相談を待つことなく、疎開の準備をしていました。

戦争はやはり怖いです。

制作の予算もあり大規模な空襲は描きませんが(描く必要性もありませんが)、じわじわと襲ってくる恐怖が伝わってきます。

消えたラーメン屋、人が少なくなる道…振り返る福子・安藤サクラの不安な表情。

戦争は嫌だ…と泣いても、防衛する力がないと国を守れないことも分かります。日米同盟、集団的自衛権も必要なのかもしれない。

それでも二度と戦争は起こしてはいけない、その想いは忘れてはならないもの。いつも庶民が巻き込まれるのだから…。


【関連記事】

2018年度後期(10月-2019年3月)の朝ドラは『まんぷく』 ヒロインは安藤サクラ。夫役は長谷川博己!モデルはインスタント…
【まんぷく】第4週のあらすじネタバレと視聴率! 安藤サクラ主演、長谷川博己共演、福田靖脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『まん…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク