【半分、青い】138話あらすじと視聴率!律・佐藤健「土足で踏み込むな」に共感

半分青い23週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第23週「信じたい!」138話が9月8日土曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】138話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】138話の視聴率

半分青い138

【半分、青い。】138話の視聴率は、22.8%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】138話のあらすじネタバレ

律(佐藤健)はシェアオフィスでの起業に興味を持ち、鈴愛(永野芽郁)や、他の起業家の仕事を見に来るようになった。

鈴愛が発明した「猿でもできる美人の攻略法」を律に見せる。けっこう売れたが、くだらなさ過ぎて母には言えない商品だ。

鈴愛は、麦(麻生祐未)と会い、元住吉祥平(斎藤工)が自主制作映画「かたつむりの囁き」を撮っていると知る。大手で撮れなくなっているらしい。ひとりでやる大変さを痛感する鈴愛。

「安定ってありがたい」と思う麦。「その人がいたから間違わなかったってことあるんじゃないかな」と、自分がそばにいたら自殺未遂もなかったのに、と思いだす。

さらに鈴愛は恵子(小西真奈美)のオフィスの一角でネット通販も考える中、律の勤める菱松電機の平均年収が806万と知る。恵子は売り上げが横ばい中で「夜も眠れない」という。不安なときは文字に書いて信じる心を強く保った。

鈴愛は「お母ちゃんのオペは絶対成功する100パーセント」と緑の壁に描いた。

麦や恵子の話しから、一人で起業をするのはリスクがあることを痛感する鈴愛…。

一方で、律は元妻のより子(石橋静河)が再婚する、と正人(中村倫也)に告げた。ショックを受けつつ、幸せならいい、俺も頑張ると思う律だった。

先輩・南村(山崎樹範)の「なんでも作るよオフィス」に毎日立ち寄っている。「ここから離れたら、また普通のサラリーマン人生になるのが怖い」という律。

鈴愛と律は、花野が麦とお泊りのため、津曲(有田哲平)のカフェで夕食をとる。

起業への思いを強める律に対して、鈴愛は「菱松におった方がいい」と語る。「律には向いてない。看板に守られて生きとる。看板を捨てたらあかん。養育費だって…」

律の精神的な弱さも心配する鈴愛。「人の心の中に土足で踏み込んでくるな」律は怒って立ち去った……。

【半分、青い。】138話の感想

律・佐藤健「土足で踏み込むな」に視聴者共感

【半分、青い。】138話のまとめ

律(佐藤健)が「土足で踏み込むな」と怒りました。

よくぞ言った、と共感する人が多かったです。

人の気持ちを考えないで踏み込むのって、鈴愛の特長。得意技。

良く言えば自分の気持ちに正直、悪く言えば自分の考えを押し付ける鈴愛。

秋風先生のがんを言いふらしたり、ボクテ・裕子ちが心配しているのに「気持ちが分からない」とけなしたり、秋風に人の心がない発言・涼次に死んでくれ発言…

しかし改めて思うのは、律(佐藤健)は鈴愛(永野芽郁)をきちんと怒ってあげられる人、ということ。

絶対手を放してはいけない人。ケンカ別れの土曜日回となってしまいましたが、早く仲直りしてほしいところです。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第23週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第23週「信…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク