【警視庁ゼロ係3】第5話の視聴率とネタバレ!懐かしさ満載!ゼロ係だよ、全員集合!

【警視庁ゼロ係3】第5話の視聴率とネタバレ!

仲本工事をスペシャルゲストにドリフネタ満載の第5話!

火曜サスペンス風の仕上がりもなかなかです。

ドラマ【警視庁ゼロ係3】視聴率と全話あらすじ! シーズン3がいよいよスタート! 冬彦が書き溜めた未解決事件のレポートがシ…
スポンサーリンク

【警視庁ゼロ係3】第5話の視聴率

ドラマ【警視庁ゼロ係3】第5話の視聴率は7.8%でした!

脚本:徳尾浩司

監督:倉貫健太郎

【警視庁ゼロ係3】第5話のゲスト

山村紅葉(役:富永志乃)

富永志乃・・・旅館『ほっこり亭』のおかみ。

賀集利樹(役:狭川達哉)

狭川達哉・・・旅館『鷲の湯』オーナー。

山下容莉枝(役:藤枝かずえ)

藤枝かずえ・・・旅館『ほっこり亭』の従業員。

有森也実(役:湯川小夜子)

湯川小夜子・・・湯川春樹の娘。

姜暢雄(役:桐ケ谷英人)

桐ケ谷英人・・・なんでも相談係にネコを届けに来た男。

刈谷俊介(役:芝原徹)

芝原徹・・・旅館『ほっこり亭』の番頭。

常石利乃(役:滝沢妙子)

滝沢妙子・・・温泉アナリスト。

仲本工事(役:仲本工一)(特別ゲスト)

仲本工一・・・なんでも相談係にたらいを探してほしいと来た男。

【警視庁ゼロ係3】第5話のネタバレあらすじ

2体目のウエディングドレス姿の遺体は、やはり冬彦(小泉孝太郎)が書いた「ゼロレポート」の失踪者だった。冬彦は金田一(平岡祐太)に警視庁と神奈川県警の連携を頼むが、連絡するフリだけの金田一。

一方、慰安旅行で奥多摩に出かけたゼロ係。すると、露天風呂で女性の遺体を発見する。

ここからネタバレ

遺体の身元は、温泉アナリストの滝沢妙子(常石利乃)で、ゼロ係メンバーも宿泊していた旅館『ほっこり亭』に2日前から宿泊し、ブログに悪い評価を書いておかみの富永志乃(山村紅葉)ともめていた。

なんでも相談係に捨て猫を持ってきた男、それは保健所へと断られ、帰っていく。イケメンな男に反応する本条靖子(安達祐実)。

捜査の中、『ほっこり亭』の番頭の芝原徹(刈谷俊介)が殺害される。芝原の口座には、『ほっこり亭』を紹介してくれた旅館『鷲の湯』のオーナー・狭川達哉(賀集利樹)から定期的に金が振り込まれていたこともわかる。冬彦と寅三(松下由樹)は、志乃のほか、従業員の藤枝かずえ(山下容利枝)、狭川達哉(賀集利樹)にアリバイを聞くも志乃以外はアリバイがあった。

『鷲の湯』の温泉を利用した寅三の肌を見て、あることに気づく。

湯川春樹(石坂浩二)に温泉の湯を分析してもらうと、そこから検出されたのは北海道の登別温泉の成分だった。『鷲の湯』のボイラー室で冬彦は登別温泉の元の容器を見つける。

また、冬彦は、滝沢妙子の遺体発見現場の露天風呂から外へ通じる裏道に何かを引きずった痕を発見。遺体は運ばれたものと考え、怪しいトラックを見つけて内部を捜査すると、被害者の服とお守りを見つけるも、犯人によって閉じ込められ、危うく殺されそうになる。

すべてがわかった冬彦は、関係者を集め説明する。『鷲の湯』の温泉はだいぶ前から出なくなっており、温泉の元で偽装していた。それを知った『ほっこり亭』の番頭の芝原徹は、オーナー狭川達哉をゆすり、滝沢妙子にも教えた。それを聞いてしまった『ほっこり亭』従業員の藤枝かずえが、二人を殺したのだった。かずえのお守りの中には若くして産み、施設に預けた達哉との写真が入っていた。

湯川のところで解剖の結果を聞く、冬彦と寅三。湯川の話では、これだけのエンバーミング(防腐処理)が出来るのは、解剖医か葬儀関係の者、防腐剤から察するに葬儀関係者が怪しいと言う。そんな湯川には、娘・小夜子(有森也実)との間に確執があるようだ。

仕事帰りの本条靖子が、猫のイケメンとバッタリ出くわし、いっしょにお茶をしている。イケメンは桐ケ谷英人(姜暢雄)と名乗り、仕事は葬儀関係と言った。

【警視庁ゼロ係3】第5話の感想

ネタバレには書いてありませんが、特別ゲストの仲本工事が大きなたらいをなくし、なんでも相談係に探してもらうエピソードが盛り込まれていました。懐かしい体操着姿で、加藤茶といっしょに頭にたらいを落としてもらうシーン。係長役の片岡鶴太郎も当時のドリフネタを披露。年配の方にはたまらない演出でした。そして、事件は温泉殺人。出演が山村紅葉とくれば、これはもう火サスですね。面白さテンコ盛りの中に、本筋に通じる布石がしっかり入っていて気になるところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク