【半分、青い。】130話あらすじと視聴率!小西真奈美が緑キャラでも可愛すぎる

半分青い22週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第22週「何とかしたい!」130話が8月30日木曜日に放送されました。

小西真奈美が緑キャラで初登場!変人キャラでも可愛すぎる!?

今回は【半分、青い。】130話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】130話の視聴率

半分青い22週金曜

【半分、青い。】130話の視聴率は、22.3%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】130話のあらすじネタバレ

津曲(有田哲平)は、しゃべるぬいぐるみ・岐阜犬の商品化の権利を買い取りたい、と鈴愛(永野芽郁)に申し出た。職場が神宮のスケート場に近いと知った鈴愛は、事務職で雇うことを条件で応える。

一方、律(佐藤健)の元へより子(石橋静河)が来ていた。菱松電機の婦人会で、中川部長の奥さん・カオリから律のスタンフォード行きを聞いたと言う。

部長が残念がっていたので、今後の出世に響くと心配するゆり子。海外赴任してほしい、部長夫人以上になりたいと告げた。こんな意地悪になったのはより子のせい、だけではないのだが…。

早速、下見で東京を訪れるが、津曲の会社は廃校になった区立中学校を再利用したシェアオフィス「なんでも作るよオフィス」。30の会社が入っているという。ひとりでやる会社・おひとりさまメーカーもあった。

校内を案内されると、出会う誰もが個性的で、それぞれ自分が作りたいものを作って売っていた。弾けるピアノ付きの服、大切な人に贈りたくなるパンなど…。

そこに突然、頭から足まで全身緑色でかためた女性・加藤恵子(小西真奈美)が現れる。津曲の妹だ。会社「グリーングリーングリーン」では緑と手触りを大事にしている。

たとえば緑のタオルはオーガニックコットンの素材で、ヨモギで着色していた。好きだから素敵に作れる自信があった。恵子は少ない人数でも本当に必要な人に届けて感謝の手紙ももらっていた。

恵子「楡野さん、人はやる気さえあれば、なんでもできます!」

鈴愛はカッコイイと思った。

そのころ、翼(山城琉飛)は世界の人に役立つ発明をするためアメリカに行くと弥一(谷原章一)に告げていた。そこへ花野がやってきて…。

鈴愛は、株式会社「ふぎょぎょ」を創業すると宣言。しかし最初は津曲のところで事務からだ。「パソコン勉強します」と鈴愛はもらし、嘘ついたことがばれた…。

【半分、青い。】130話の感想

小西真奈美が緑キャラでも可愛すぎる!

【半分、青い。】130話のまとめ

女優・小西真奈美が『半分、青い。』初登場!

宇宙から来たような緑のかっこう。緑大好きな個性すぎるキャラ。

なのに可愛い!!

そして台詞が素敵すぎる。早口なのも想いが溢れてるのが伝わりました。

130話は、より子を悪者に仕立てている脚本にナレーションでツッコミ。両方わるいですよね。律の心には、いつも鈴愛がいるのでは?

今後の鈴愛は楽しみですが、律が心配です…。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第22週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第22週「何…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク