【高嶺の花】8話のネタバレと視聴率!まさか峯田和伸に泣かされるとは!

高嶺の花8話

【高嶺の花】8話のネタバレと視聴率!

石原さとみ主演の日本テレビ系・水曜ドラマ『高嶺の花』第8話が2018年8月29日に放送されました。

今回はドラマ『高嶺の花』8話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。(※放送を見逃した方はHuluがオススメ)

2018年7月期の水曜ドラマは『高嶺(たかね)の花』 主演は、石原さとみ!相手役は峯田和伸。原作なしでおくる、美女と野獣の格差…
スポンサーリンク

【高嶺の花】8話の視聴率

高嶺の花8話3

【高嶺の花】8話の視聴率は、9.3%

前回から0.6ポイントのダウンとなりました。

【高嶺の花】の視聴率と最終回ネタバレ! 主演・石原さとみ(『アンナチュラル』)×脚本・野島伸司(『彼氏をローンで買いました』)…

【高嶺の花】8話のあらすじネタバレ

高嶺の花8話2

もも(石原さとみ)は兵馬(大貫勇輔)の生け花に魅了され、彼との交流を深める。一方、直人(峯田和伸)は、千秋(香里奈)と親しくなる。商店街の人々も、直人に千秋を、同じ世界に住む新しい恋人として薦める。だが直人は、図書館で生け花の本を何冊も借りて、ももの苦悩を理解しようと努めていた。

ももとなな(芳根京子)の技量を見極める「俎上」の日を迎える。選ばれた6人の師範と市松(小日向文世)が、二人の作品を見て投票し、どちらが次の家元にふさわしいか決めるのだ。俎上に参加する師範はルリ子(戸田菜穂)の息がかかった者ばかり。だが市松は、ももとななが花を生ける様子は非公開にし、作品だけを見て投票を行うと宣言。これでは確実にななを勝たせることができまいとルリ子は動揺する。

ももとななが生けた花は、対照的なでき上りだった。絢爛豪華で鮮やかな作品と、限りなく淡い色合いの作品。師範たちの投票は3対3の同数に、最後に市松が票を投じて、次期家元が決定されるのだが……。

市松は、豪華ななな(芳根京子)に投票。薬は毒から生まれる。ななの成長を見たと評価。

一方、もも(石原さとみ)の生け花には、あらがえぬ衰退を市松は見た。

壊れたももは、兵馬に抱かれてリセットする、とななに告げる。ななはももに優しく接する。

ももは、ななが龍一(千葉雄大)に抱かれていないため中途半端な憎しみだ、とあざ笑う。

龍一はルリ子(戸田菜穂)に全て家元の指示とばらし、自分は神宮家の家元になると告げた。

ななは直人(峯田和伸)に助けを求める。

直人は、兵馬(大貫勇輔)と性行為直前に気絶したももを助け出す。

去り際、直人は兵馬にもう一人の自分は子どもの頃。健全に成長すれば現れないと告げる。

「彼女をだますのはやめてください、次の機会はねえよ!」直人は兵馬に怒りをぶつけた。

ももは自分の素敵な愛で男は誰も壊れるか逃げるという。直人は自分の愛も素敵だと告げた…

【高嶺の花】8話の感想

ラストで視聴者感涙!まさか峯田和伸に泣かされるとは!

【高嶺の花】8話のまとめ

高嶺の花8話4

7話は実の母と好きな人の情事を目撃して、芳根京子が壊れましたが…

8話は石原さとみの狂う番。独特な世界観のドラマですが、女優2人は見事に演じています。

兵馬(大貫勇輔)が拾ったアシスタントのモブ(演:山中柔太朗)も新登場!美少年でした。

8話最大の焦点・次期家元には、なな(芳根京子)が!!

一方、峯田和伸は香里奈と仲良くなりつつ、ラストは王子様のような役どころでした。

「次の機会はねえよ」というプーさん(峯田和伸)はカッコイイ!

まさか峯田和伸に泣かされるとは思いませんよね。

どこまでも深い愛で受け止めるプーさんこと直人。今後の2人はどうなるのかが気になります。

次回第9話は9月5日(水)よる10時から放送!ももが実の父親を知るようです。注目!


記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク