【半分、青い。】128話のあらすじと視聴率!ひめっちの元ネタたまごっちとは?

半分青い22週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第22週「何とかしたい!」128話が8月28日火曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】128話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】128話の視聴率

【半分、青い。】128話の視聴率は、22.8%!

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】128話のあらすじネタバレ

センキチカフェに突然津曲(有田哲平)が現れる。鈴愛(永野芽郁)律(佐藤健)ブッチャー(矢本悠馬)菜生(奈緒)たちの警戒をよそに一方的に身の上話をしゃべり続けたあげく、岐阜犬を自分に預けてくれないかと要求。

このしゃべるぬいぐるみのアイデアを、有名なおもちゃメーカー「トイギャラクシー」に売り込みたいのだという。

「岐阜犬はもうしゃべらない」と鈴愛は謝る。人工知能と勘違いしたのでは、と思ったのだ。

からくりはともかく津曲はプレゼンに自信満々。たまごっちのパクり「ひめっち」を開発した実績があるからだ。律は津曲に任せてみた。

一方、律は海外赴任の話を蹴って、家族のために大阪に帰る決心をしていた。

翌朝。花野の笛で律は起こされて…

【半分、青い。】128話の感想

『たまごっち』のパクリ『ひめっち』が話題!

【半分、青い。】128話のまとめ

ひめっちの元ネタたまごっちとは?

小道具ひめっちが凝りすぎ!?(笑)

128話に再登場した津曲(有田哲平)が持ってきた自社商品「ひめっち」。

「たまごっち」とは何か?簡単に紹介すると…

・1996年に発売された本家の「たまごっち」は一大ブームに。大量生産し在庫を抱え過ぎて赤字になったと言われます…

・しかし2004年に赤外線通信を取り入れた「かえってきた!たまごっちプラス」発売

・2007年の第二期ブームのころに、アニメ映画「えいがでとーじょー! たまごっち ドキドキ! うちゅーのまいごっち!?」が公開されました。

・本作128話の舞台、2008年秋のころは、「たまごっちプラスカラー」などが発売。進化を続けています。

・たまごっち20周年を迎えた2016年には「Tamagotchi m!x」が発売。親のたまごっちの遺伝子を引き継いだ子どもが生まれ、毎回見た目の異なるたまごっちが育つ新しい育成遊びが楽楽しめます。

・2017年11月には初代たまごっち完全復刻版「祝20しゅーねん! 新種発見!!たまごっち」が発売されました。

youtubeチャンネル「たまごっちTV」も配信中。たまごっちは今も人気で、懐かしいモノではないようです。

「ひめっち」は類似品ですが、イケメンを姫に与えるところが斬新。バンダイ社さんが目をつけて商品化したら売れるかも!?


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第22週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第22週「何…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク