【半分、青い】125話あらすじと視聴率!律・佐藤健の泣きの演技に視聴者感涙!

半分青い21週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第21週「生きたい!」125話が8月24日金曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】125話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】125話の視聴率

半分青い21週土曜

【半分、青い。】125話の視聴率は、23.1%!

自己2位の高視聴率をマークしました。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】125話のあらすじネタバレ

ある日、ふくろう町にあやしげな男が現れる。不思議な風貌の男は、つくし食堂で草太(上村海成)から渡された五平餅の割引券を手に、鈴愛(永野芽郁)のいるセンキチカフェにやってきた。

津曲(有田哲平)と名乗るあやしげな男は、店に入ってくるなり岐阜犬に興味を示し、語りかける。津曲の悩みに、仕事と別れた妻子への養育費は分けて考えるべきとアドバイス。感心する津曲は血液型を尋ねる意地悪な質問に出た。

「犬にO型はない!」と笑う津曲。そのとき突然、岐阜犬の声を出している和子(原田知世)の様子がおかしくなり、異変を感じ取った鈴愛は、あわてて店を飛び出して萩尾家に向かう。

発作がおさまったあと、律は和子の頼みでイチゴを買いに出た。帰り、売り切れで閉店していたセンキチカフェで、律は鈴愛へもお礼のイチゴを置くついでに、岐阜犬に話しかけると返答があった。

律は母への感謝と何もできないふがいなさをもらす。和子は、律と花野の子守歌が本当にうれしかったと話す。「そんなの、いつでも歌ってやるよ」と律は泣いた。「おかあさん…」と悲痛な声で呼んだ。

この8日後、満月の夜に和子は逝った。

【半分、青い。】125話の感想

【半分、青い。】125話のまとめ

和子がついにナレ死(ナレーションで死を伝えること)

その8日前、岐阜犬を通しての本音の親子の会話がありました。

原田知世、佐藤健の演技に視聴者絶賛!

ふだん和子さんと呼ぶのに、「おかあさん」と泣きながら言う佐藤健の台詞は、見ていて心に刺さりました。

津曲(有田哲平)も新登場!今後の物語のキーになりそうです。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第21週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第21週「生…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク