ドラマ【結婚相手は抽選で】キャストとあらすじ!野村周平が受ける結婚法がヤバイ

結婚相手は抽選で表紙

ドラマ【結婚相手は抽選で】のキャストとあらすじ!

主演・野村周平×ヒロイン・高梨臨で、オトナの土ドラの新作が2018年10月スタート!

結婚相手を国が選ぶ?結婚とは何かを問う、社会派ヒューマンドラマです。

今回はドラマ【結婚相手は抽選で】のキャストとあらすじについて。※見逃した方はFODプレミアムで配信あり。

ドラマ【結婚相手は抽選で】の視聴率とネタバレ! 主演・野村周平×ヒロイン・高梨臨で、オトナの土ドラの新作が2018年10月スタ…
スポンサーリンク

ドラマ『結婚相手は抽選で』は2018年10月スタート!主演:野村周平が受ける結婚法がヤバイ

主演:野村周平×相手役:高梨臨

新ドラマ『結婚相手は抽選で』がフジテレビ系にて、2018年10月6日(土)よる11時40分スタート!

主演は人気俳優・野村周平。お見合いの相手役に高梨臨

原作は垣谷美雨の同名小説。国家が抽選で結婚相手を決めたらどうなるのか、という思考実験的なif小説を実写化!

「結婚は本当に必要なのか」と問う社会派ヒューマンドラマです。

抽選見合い結婚法がヤバイ!

本作の「抽選見合い結婚法」は、もちろん架空の法律。

近年、少子化を扱い、ぶっ飛んだ設定のドラマでは『オトナ高校』(2017年・テレビ朝日)がありました。性体験がない30歳以上の男女が強制入学させられる高校のドラマです。今回はそれ以上にヤバイ!

大まかな内容は…

  • 対象者:25歳~39歳の子どものいない独身男女。
  • 相手の選び方:本人の年齢プラスマイナス5歳の範囲で相手を抽選
  • 相手が気に入らない場合は2回まで断ることができる
  • 3回断った際は「テロ対策活動後方支援隊」に2年間従事。除隊後の職場復帰は政府が保障(断られる場合の回数に制限はない)

当然、賛否を巻き起こします。

上のルールの中で、一番ヤバイのは、3人断ると、テロ対策活動後方支援隊に強制入隊すること!

第二次安部政権で集団的自衛権の法案を通す際、戦争に巻き込まれると世論が大騒ぎ。兵役も復活するのではと危惧する声もあがったのは記憶に新しいところ。

兵役がない日本では、考えられない設定です。何回でも断ってよいのならばまだしも、人権無視の罰が待っている法律なんてあり得ません。はっきり言ってヤバイ法律です(笑)

ドラマ『結婚相手は抽選で』のあらすじ

少子高齢化が進む中、日本政府は苦肉の策として 「抽選見合い結婚法」を制定。

宮坂龍彦(野村周平)もまた、この法案の対象者。中学時代のトラウマから、人間不信と極度の潔癖症。恋愛が苦手だが、法案に大きな不安と期待を抱く。

龍彦は、見合い相手に断られながらも、様々な女性の人生と哀しみを知り、少しずつ正義感を成長させていく。

そのころ、冬村奈々(高梨臨)は、法律が施行される直前に彼氏に振られ、その後のお見合いで失敗を続けていた。

龍彦と奈々。会うはずのなかった2人が、ついにお見合いする……

奈々をフった元カレ・林嵐望(大谷亮平)はモテ男だが、なぜか見合いでふられ続けている。そんな中、地味な看護師・鈴掛好美(佐津川愛美)に一目ぼれ。しかし、それぞれ大きな悩みや秘密を抱えていた…。

世論は「抽選見合い結婚法」に反発。担当大臣・小野寺友紀子(若村麻由美)もまた、国民、娘、そして自分自身とも向き合うことになる。

――それぞれが導き出す“答え”とは?

ドラマ『結婚相手は抽選で』主演キャスト

野村 周平(役:宮坂龍彦)

結婚相手野村

登場人物:宮坂龍彦(みやさか たつひこ)

年齢:26才。

勤務先:コンピューターソフト会社「EDD SOFT」のSE(システムエンジニア)。

出身地:静岡県(都内で一人暮らし※原作とは違う)

中学時代に挫折して潔癖症になり、

あだ名:(≒ブログの筆名):たっちゃん

中学時代の挫折:中学2年生の時にいじめをなくしたいと思って立候補した生徒会長選がきっかけ。真面目なスピーチをして落選。その後バカにされて人間不信・潔癖症になり、コミュニケーション能力が欠落。恋愛したことはない、話しときに下を向く内気な男。

得意料理:カレーライス、お好み焼き・もんじゃ焼き

尊敬する人物:相田みつを

趣味:アニメ

好きな女性のタイプ:アニメ『ハートムービー!』の主人公・パプル(近藤紫)(第1話より)

ブログ:相田みつをの詩を引用した秘密の個人ブログをネットにアップしている。(第1話より)、ブログは「抽選見合い結婚法の被害者たち」というタイトルになり、やがて小野寺ひかりと接点を持つきっかけとなる。

第7話でレジスタンスの団体「ASBE」(アズビー)を仲間と立ち上げ、SNS「抽選見合い結婚法 目安箱」の管理者になる。

潔癖症:マイ箸を持ち歩き、机の周りを除菌シートで拭いて女子に引かれる。居酒屋のグラスもハンカチで包んで触る。

しかしお見合い相手・奈々(高梨臨)とのお好み焼きデートで「マイへら」を取り上げられ、強制的に(?)奈々からお店のヘラで口に入れられたが平気だった。

主な見合い相手
山下美佐子(やました・みさこ/演:横田美紀)2017年7月8日に見合い。龍彦のスマホの待ち受けがアニメキャラなことを気味悪がって、腹痛で帰る。その後、「性格の不一致」で断られた。
不動怜子(ふどう・れいこ/演:富山えり子)31歳。有名企業「株式会社壱葉商事」で企画部第一セクション主任に就いた。小学三年の頃、デブスとからかわれ、一生結婚しないと決めて、猛勉強の末に今に至る。そのため今さら結婚を強要する国や抽選見合い結婚法に恨みを持つ。龍彦を自分から断ってテロの後方支援に入隊する。
花村早苗(はなむら・さなえ/演:平岩紙)…30歳。龍彦の3回目の見合い相手。新潟県出身で短大を卒業後、予備校の事務員として勤務。これまで男性と付き合ったことはなく、結婚する気もない。5年前に子宮頸がんで子宮を全摘出しているため、子供を産めないから。少子化対策が目的の抽選見合い結婚法は病気のことを気にしていないと涙する。プライドもあり早苗の方から断った。④奈々(演:高梨臨)…1回目の会場でもお互いに会っているが、龍彦の5回目の見合い相手として2017年10月22日に再会する。デートを重ねたが、同年12月2日、奈々の依頼で龍彦から断る(奈々がすでに2回断ってリーチのため)。

※ブログで登場した相田みつをの詩はコチラ

キャスト:野村 周平(のむら しゅうへい)……1993年11月14日生まれ。アミューズ所属。代表作は、映画『日々ロック』『ちはやふる』『サクラダリセット』『帝一の國』など。2018年は1月期の深夜ドラマ『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』主演を務めた。

共演キャストの高梨臨、大谷亮平とは本作で初共演。佐津川愛美とは映画『クジラのいた夏』(2014)等で共演している。

2019年正月のSPドラマ『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』と連ドラ『僕の初恋をキミに捧ぐ(僕キミ)』に出演が決定している。

ドラマ【BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸】のキャストとあらすじ! 2019年1月15日放送のスペシャルドラマ。 主…
画像出典:テレビ朝日 ドラマ【僕の初恋をキミに捧ぐ】のキャストとあらすじ! 2019年冬ドラマで、青木琴美の人気漫画「僕…

【野村周平のコメント】

台本を読み、今起きている社会問題をしっかりと描いている本だと思いました。

僕が演じる龍彦は、潔癖症というバックボーンがあり、どうしてそうなったかという過去も含め、龍彦を演じる上でのテーマになっています。

監督とは、“龍彦の綺麗好きな部分は常に見せる”という話を共有しました。

現場にあるゴミを気にする、自分の部屋をとても綺麗にしている等のシーンは、わかりやすく彼を表現していると思います。

本番中のお芝居でも誰かが、何かを汚したりするお芝居には常に反応していきます(笑)。

「抽選見合い結婚法」という法案が施行され、龍彦たち対象者は国民の義務として参加することになりますが、あり、なしで言えば、僕なら絶対に“なし”です。

単純に抽選で結婚相手が決まるのが嫌というのもありますが、それ以前に、世の中には外に出たくないという方もいる等、様々な事情を抱えている人がいると思ったからです。

せめてまだ、国が認めた合コンのようなものであれば、新たな人とのつながりもできるかもしれないですし、僕も少しは興味を持ってみようかと思えますが…。

冬村奈々役の高梨臨さんとは初共演です。

いろいろとお話も伺いたいですし、この2ヶ月間を楽しく、共演を楽しみにしております。

物語の設定として、“結婚相手を抽選で決める”ということはありますが、そこがメインではなく、本当に観ていただきたいところは、その先に起きる様々な問題の部分だと思っています。

少子化問題や生涯未婚率、そして政治問題など、この法案が施行された背景や、「抽選見合い結婚法」に巻き込まれた登場人物たちが抱える、現代社会の様々な問題が浮き彫りになっていきます。

日本の今はこうなっているのか!? ではないですが、ドラマからその思いを感じ取って観ていただけると嬉しいです。(公式HPより)

ドラマ『結婚相手は抽選で』注目キャスト

高梨 臨(役:冬村奈々)

結婚相手高梨

登場人物:冬村奈々(ふゆむら なな)……東京の実家で暮らすプチお嬢様。二流の音楽大学を出たが結婚していないため、祖母に嫌味をいわれる日々。音大時代はミスキャンで準優勝している。

生年月日:1989年6月7日生まれ。

恋愛:嵐望と付き合って1年でフラれた。(第1話より)

家族構成:都内の実家に祖母と父と3人で暮らし。

…6歳の時に母が亡くなったため”おふくろ”の味を知らない。(第6話より)

祖母に対して恨みがある。祖母の思い通りに縛り付けられ、好きなバイオリンを辞めさせられたと思っている。(第6話より)

仕事:コネ入社のラジオ局「RADIO JAPAN」の正社員。本当は亡き母のようなバイオリンの先生になりたかった。そのため、目的意識なく働き、人生の目標を見失っている。

主な見合い相手春川 将(はるかわ・まさる/演:山中崇)…奈々の2回目の見合い相手。製薬会社勤務で、当初は奈々の身体を心配するなど優しさをみせていた。しかし偶然再会した真紀(演:浅野千鶴)の整形をバラして罵倒した場面で、奈々から断る。
・2017年12月。祖母・紅子が用意した偽の診断書で見合いを逃れ、休職した。

キャスト:高梨 臨(たかなし りん)……1988年12月17日生まれ。千葉県出身。スターダストプロモーション所属。夫はプロサッカー選手で浦和レッズの槙野智章。代表作にドラマ『不機嫌な果実』『恋がヘタでも生きてます』『あいの結婚相談所』など。2018年は『西郷どん』でNHK大河ドラマ初出演を果たしている。

大谷 亮平(役:銀林 嵐望)

結婚相手大谷

登場人物:銀林嵐望(ぎんばやし・らんぼう)……広告代理店勤務。父は帝都大学教授で、フランス文学者。嵐望の名前は19世紀のフランスの詩人ランボーから取った。母の銀林節子は有名な着物スタイリスト。

奈々(高梨臨)をフった男。イケメンで家柄も良くモテるが、何故か見合いでフられ続ける。抽選お見合いで、鈴掛好美(佐津川愛美)に一目ぼれするが…。

第5話で、見合い相手・好美と一夜をともにする。

第7話で、タイに認知していない娘がいることを好美に告白。

キャスト:大谷 亮平(おおたに りょうへい)……1980年10月1日生まれ。代表作にドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『奪い愛、冬』『ラブリラン』など。2018年は10月スタートの朝ドラ『まんぷく』出演が決まっている。

佐津川 愛美(役:鈴掛好美)

結婚相手佐津川

登場人物:鈴掛好美(すずかけ・よしみ)……田舎から上京した地味な看護師

本音は親元を離れたいのだが、東京でスキルを身に着けたいからという理由で母を説得し上京した。(第1話より)

第6話で、見合い相手の嵐望に結婚前提の付き合いを申し込まれ、母親に紹介。すると母から「あの人は信用できない」と反対された。

キャスト:佐津川 愛美(さつかわ あいみ)……1988年8月20日生まれ。静岡県出身。ホリプロ所属。 代表作に映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『ヒメアノ〜ル』など。2018年の深夜ドラマ『ラブリラン』で大谷亮平と共演している。

若村 麻由美(役:小野寺友紀子)

結婚相手若村

登場人物:小野寺友紀子(おのでら・ゆきこ)……内閣府の特命担当大臣(=抽選見合い結婚法担当)。シンクロオリンピック銀メダリストの経歴を持つ。

2017年4月10日、少子化対策担当大臣に就任。内閣の問題から目をそらす大臣だと知りながらも就任した。娘も新法案の対象年齢。(第1話より)

断わられる方に回数制限を設けない理由は、”もてない人間”がテロ後方支援に入隊するのがもったいないから。問題発言と非難される。さらに元夫のセクハラ問題で窮地に立たされる。(第6話より)

キャスト:若村 麻由美(わかむら まゆみ)……1967年1月3日生まれ。代表作にNHK朝ドラ『はっさい先生』(1987-1988)ヒロイン、『科捜研の女』(2008年 – ) など。

ドラマ『結婚相手は抽選で』キャスト一覧・相関図

龍彦(野村周平)と好美(佐津川愛美)の関係者キャスト・相関図

結婚相手は抽選で相関図1

ひかり(26):独身のフリージャーナリスト。抽選見合い結婚法を取材する反対論者。ドラマ第6話で小野寺大臣の娘だと判明。改正案も提出した。/第7話で同性愛者だと母に告白。相手とは3年も住んでいる。自分から好きになったのに母から信じてもらえなかった。……演:大西 礼芳

北風 祐輔(26)(きたかぜ・ゆうすけ):龍彦のオタク仲間。東大出身のエリートで、帝国理化学研究所に勤務。ルックスも二枚目だが、女にはモテず、今まで彼女がいない。※ドラマ第5話で自分はゲイだと告白。……演:松本 享

鯨井 浩樹(39)(くじらい・ひろき): 龍彦のオタク仲間。食品会社の流通部に勤めるサラリーマン。彼女いない歴39年で、ぎりぎり法律の対象者。……演:加藤 雅人

鈴掛 あき恵(60)(すずかけ・あきえ):好美の母。夫が亡き後は好美と二人暮らし。娘依存症。好美の結婚を望まず、このまま生涯、2人で暮らせればいいと思っている。……演:山口 美也子

奈々(高梨臨)の関係者キャスト

結婚相手は抽選で相関図2

冬村 紅子(75)(ふゆむら・べにこ):奈々の祖母。孫娘を自分の思い通りに育ててきた。あとは素晴らしい男性と結婚してくれることだけを望んでいる。……演:冨田 恵子

冬村洋平(55)(ふゆむら・ようへい) :奈々の父。小さな会社を経営している仕事人間。奈々の事は紅子に任せきっている。……演:久ヶ沢 徹

友紀子(若村麻由美)の関係者キャスト

結婚相手は抽選で相関図3

山口 一朗太(45)(やまぐち・いちろうた):厚生労働省の広報担当。厚労省のエリート役人。小野寺大臣の広報担当となり、陰で支えていく。独身だが、年齢的に抽選見合い結婚法の対象外。……演:平山 祐介

ドラマ『結婚相手は抽選で』のまとめ

『結婚相手は抽選で』のスタッフ

原作:垣谷美雨『結婚相手は抽選で』(双葉文庫)

脚本:関えり香(ドラマ『赤い疑惑(2005年版)』『赤い運命(2005年版)』『「今からあなたを脅迫します」第1・2・4・6・8・9話』、朝ドラ『てっぱん』、ほか) / 川嶋澄乃(映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』ドラマ『オーバー30』『怨み屋本舗、『花嫁は厄年ッ!』『愛の流刑地』ほか)

主題歌:高橋 優「aquarium」(ワーナーミュージック・ジャパン)

演出:石川淳一(映画『ミックス』ドラマ『リーガルハイ』『海月姫』ほか) 、紙谷楓

企画:横田誠(東海テレビ)

企画・プロデュース:栗原美和子(共同テレビ)

プロデュース:河角直樹(東海テレビ) 山崎淳子(共同テレビ)


企画・プロデュースの栗原美和子が「原作が放つインパクトの強い骨子」に惹かれ、企画したという本ドラマ。

目指すは『ふぞろいの林檎たち』のような、落ちこぼれた若者たちの成長物語だそうです。

2018年10月の土曜の夜は、”結婚とは何か”を問題提起します。

記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク