【半分、青い。】103話あらすじと視聴率!裕子・清野菜名の転居先に視聴者心配

半分青い18週1

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第18週「帰りたい!」103話が7月30日月曜日に放送されました。

主人公・森山鈴愛(すずめ)がついに出産!そして1年後へ。

103話は、森山夫婦の話しが軸ですが、裕子(清野菜名)の転居の報告が!視聴者からは心配の声があがりました…。

今回は【半分、青い。】103話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】103話の視聴率

半分青い103話

【半分、青い。】103話の視聴率は、20.3%

44話連続の視聴率20%超えキープです。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】103話のあらすじネタバレ

2003年12月23日。鈴愛(永野芽郁)涼次(間宮祥太朗)の子・”かんちゃん”こと花野(かの)が1歳の誕生日を迎えた。ボクテ(志尊淳)裕子(清野菜名)がお祝いと報告に来た。裕子は仙台に行くという。永遠の友情を誓って3人でハグをした。

田辺店長(嶋田久作)が、涼次に雑誌を見せた。元住吉祥平監督(斎藤工)が今年活躍した10人特集のひとりとして掲載されていた。田辺は社長令嬢との結婚より音楽の夢を選んだため、涼次は良い人生の舵の切り方をしたと言う。

光江(キムラ緑子)麦(麻生祐未)めあり(須藤理彩)たちがお祝いの準備をして大納言で働く涼次の帰りを待つが、なかなか帰ってこない。

そのうち鈴愛はミルクを飲ませに離れに戻る。そこで涼次の新作のノートを開く。

泣く花野の声で我に返った鈴愛。体が異常に熱くなっていることに気づく。42度あったため、病院に駆け込む。

鈴愛は、点滴されて泣きわめく娘に取り乱し、気分を悪くしてベッドのある別室へ。失聴も気になって仕方ない鈴愛。怖くて仕方なくて、母の晴(松雪泰子)にも電話。産まれる前、へその緒が巻き付いても鈴愛は元気に育ったから、うちの家系は大丈夫、と元気づけた。

光江が涼次に電話すると、女性の声が聞こえた!?

【半分、青い。】103話の感想

裕子(清野菜名)の転居先に視聴者心配!

【半分、青い。】103話のまとめ

鈴愛の娘・かんちゃんが早くも1才に!

涼次の新作のメモ。これは映画の道へ再挑戦のフラグでしょうか。

フラグといえば、2011.3.11の震災が描かれそうな、裕子の東北・仙台行き!

心配ですね。シビアに描いてきた本作ですが、あまり悲しいシーンは描いて欲しくありませんが、どうなるのでしょうか。

不安と期待のなか、そろそろ残りの放送も8月、9月の2か月の放送に突入です。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第18週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『半分、青い。』第18…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク