【半分、青い。】66話のあらすじと視聴率!秋風のエロ漫画差別で視聴者不快に

半分青い第11週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第11週「デビューしたい!」第66話が6/16(土)に放送されました。

視聴者の反響は、秋風(豊川悦司)のエロ漫画差別。不快に思った方が多いようで…

今回は【半分、青い。】66話あらすじと視聴率について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】66話の視聴率

半分青い第11週土曜

【半分、青い。】66話の視聴率は21.7%

前回から0.1ポイントのアップ。7話連続で20%台キープです。

1週間、6話連続すべて20%超えは自身初。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】66話のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)は、菱本(井川遥)から「神様のメモ」がパクられたと聞かされた。

ボクテ(志尊淳)にネタを渡したことを話す鈴愛は、雑誌のエロチックな絵柄を見て「なにこれ」とつぶやく。

その日。ボクテ自身の作品「女光源氏によろしく」が、雑誌ガーベラの新人賞を受賞したと連絡が入る。秋風(豊川悦司)は一番才能があるから順当だという。

しかし秋風はボクテの受賞を辞退したと言う。

鈴愛も裕子(清野菜名)もボクテを許してほしいと必死に懇願する。すると秋風は、秋風(豊川悦司)はボクテの裏切りに落胆し、破門を決める。

そんな中、秋風はボクテだけでなく、鈴愛もクビにすると言う。プロ同士の貸し借りは御法度だった。そこへ「先生それだけは!」と声が!

机の下に隠れていたボクテが頭をぶつけながら飛び出した…。


時間をおいて3人で改めて謝罪した。それでも許されず、ボクテは出て行く決心をし、鈴愛の許しだけをお願いした。

秋風はボクテが「神様のメモ」をエロ漫画にしたことも不満だった。土下座する勢いと机にぶつけたボクテのコブに免じて鈴愛は許された。

1992年の夏だった。そして鈴愛はボクテの辞退で新人賞の繰り上げ授賞を果たす…。

【半分、青い。】66話の感想

ボクテが去るという劇的な展開へ。代わりに鈴愛が漫画家デビューとなった66話でした。

視聴者の話題はエロ漫画への秋風の発言!?

秋風がエロを下に見ている、と批判が殺到しました。

しかし、フォローする意見も・・・

秋風の事情・背景を察する方。

ボクテがエロ漫画志望じゃないのに変更しことに怒ってる、と解釈する方も。

素直に見れば秋風はエロをバカにしています。

なので、不快に思う視聴者が多いのも仕方ありませんね。

「あんなエロまがいの作品にされてなぜ怒らない 」

と秋風が鈴愛に詰めよる場面から推測すると、エロを下に見ています。が、作者変更でつまらなくなったとも言っています。

秋風はエロを入れて面白くなったのならば怒らなかったのかもしれません。しかし、鈴愛版よりつまらなくなったようです。

ボクテは才能があり、雑誌にあわせて作風を変えることができることがあだになりました。今後のボクテの行方もきになりますね。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第11週のあらすじと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第11週「デ…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク