【半分、青い。】62話視聴率は21.0%!傷心の鈴愛・永野芽郁、創作に没頭へ

半分青い第11週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第11週「デビューしたい!」第62話が6/12(火)に放送されました。

傷心の鈴愛(すずめ)(永野芽郁)が創作に没頭した理由とは…

今回は【半分、青い。】62話あらすじと視聴率について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】62話の視聴率

半分青い第11週火曜

【半分、青い。】62話の視聴率は21.0%

自己9位の高視聴率です。

これまでの自身最高の視聴率は21.9%。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】62話のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)律(佐藤健)から別れを告げられ、悲しみに暮れていた。

裕子(清野菜名)は鈴愛のために朝食を買ってきてなぐさめた。豪快な子どものようにしがみつく鈴愛。ボクテ(志尊淳)は、メロンパンをあげた。

オフィス・ティンカーベルでの業務中も急に涙がこみあげてトイレにかけこんだ。秋風(豊川悦司)がみかねて言った。「描け。泣いてもいいから描け。楽になる。救われるぞ。物語には人を癒す力があるんだ」

鈴愛と律は体に触れあったことがなかった。正人(中村倫也)とは触れたいと思った鈴愛だが…。

裕子は「律くんと鈴愛はもっと深いところで繋がっていたんだよ。恋なんかよりもっと深いところで」とフォローした。

秋風塾にて鈴愛はネタを話した。『月が屋根に隠れる』月が見える夜に、男女が別れ話をしていて思い出を語り合う話しだ。

鈴愛「私は律に、見て、月がキレイだねって言えなかったんです。思い出しばりだったから。思い出を増やしちゃいけないような」

秋風「もうしゃべるな。それを描け!」秋風は鈴愛の口を抑えた。

鈴愛「鬼!」

秋風「鬼上等!描くんだ」

鈴愛は漫画を描きはじめて・・・

【半分、青い。】62話の感想

前回、律にふられた鈴愛。

周りがあたたかく、支えてくれるのが62話のみどころでした。

もう一つ、62話のポイントは創作について。

ある小説家が生活すべて作品のためでオフはない、と語っていたことがありますが、創作者は秋風のように自身の体験に向き合い作品に描くのですね。

漫画に向き合う鈴愛に注目です。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第11週のあらすじと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第11週「デ…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク