ドラマ【dele/ディーリー】のキャストとあらすじ!菅田山田2年越しの企画!

デイリー表紙

2018年7月期のテレビ朝日・金曜ナイトドラマは『dele(ディーリー)』

W主演に山田孝之と菅田将暉!

2人の共同アカウントで「菅田山田、なんかやるみたいよ」とツイートしていた”なんか”が本作!スタッフが菅田山田2人にオファーしてから2年。ついに実現するドラマの内容とは?

今回はドラマ『dele(ディーリー)』の気になるキャスト・あらすじを紹介します。

【2018夏ドラマ一覧】7月スタートの新ドラマ情報まとめ 2018年夏ドラマ(7月〜9月)の新ドラマ情報を民放〜ネット…
スポンサーリンク

ドラマ『dele(ディーリー)』は菅田山田が予告していた作品!

山田菅田、なんかやるみたいよ @takayukiyamadaphoto #山田菅田

山田菅田さん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

『dele(ディーリー)』はテレビ朝日系で2018年7月スタートのドラマ。

デジタル遺品を抹消する男たちの物語です。

菅田将暉と山田孝之が2018年4月に共同で開設したツイッターで「菅田山田、なんかやるみたいよ」と告知していました。※インスタでは”山田菅田”と逆になっています。

ファンに注目されていた作品こそが本作の『dele(ディーリー)』

タイトルは校正用語で「削除」を意味します。原案と脚本は、映画『真夜中の五分前』『ストレイヤーズ・クロニクル』などの実写化がある本多孝好(ほんだ・たかよし)。

製作陣は2年前から山田孝之と菅田将暉にオファーしてついに実現。本多のあて書きによる原案をもとに、毎回異なる脚本家が脚本を担当する1話完結型ドラマです。

ドラマ『dele(ディーリー』の気になるキャスト・あらすじは発表があり次第、随時更新します。

ドラマ『dele(ディーリー)』のあらすじ

本作の題材は、故人のパソコンなどに残されたデータ=デジタル遺品。車いすのフリープログラマー・圭司(山田孝之)が不都合なデジタル記録を内密に消す会社を立ち上げます。

祐太郎(菅田将暉)はひょんなことから圭介の仕事を手伝うことに…。

不正を告発しようとしていた記録、遺書、愛する人との思い出、テロ計画の証拠等々。2人はデジタル遺品を抹消しようとする中で、隠された真相や様々な問題に巻き込まれていく…。

人気小説家・原案×豪華キャスト・脚本家陣がタッグを組む話題のオリジナル作品!

ドラマ『dele(ディーリー)』W主演のキャストに山田孝之と菅田将暉!

山田孝之(役:坂上圭司)

山田菅田、山田の真剣な表情。 #山田菅田

山田菅田さん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

登場人物:坂上圭司……フリーのプログラマー。原因不明の難病で下半身マヒとなり、車いす生活となった。亡き父親が設立した「坂上法律事務所」と提携し、デジタル記録を内密に消す会社「dele.LIFE」を創業する。性格はプライドが高く頑固。旺盛な知識欲を持つ。

キャスト:山田孝之(やまだ たかゆき)……1983年10月20日生まれ。『WATER BOYS』(2003)でテレビドラマ初主演、『電車男』(2005)で映画初主演を務める。以降『闇金ウシジマくん』『勇者ヨシヒコ』シリーズなど多数主演作あり。2018年は映画『50回目のファーストキス』『ハード・コア』などの主演作がある。

菅田将暉とは映画『闇金ウシジマくんPart2』(2014年5月)ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(2016年10-12月)映画『何者』(2016年10月)『銀魂』(2017年7月)などで共演している。

山田孝之は菅田との共演について「いつかガッツリ共演してみたいと思っていたので今回の設定は嬉しく思いました。」とコメント。

菅田将暉(役:柴祐太郎)

登場人物:柴祐太郎……坂上圭司の会社を手伝うことになる”なんでも屋”。外に出ない圭司に代わって死亡確認など外回り担当。性格は素直で無邪気。人懐っこく誰からも好かれるが、想像を絶する過去を秘める。

キャスト:菅田将暉(すだ まさき)……1993年2月21日生まれ。2008年の第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストに残り芸能界へ。2009年『仮面ライダーW』で主演を務める。2013年、主演映画『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。主演映画も多数だがドラマ主演は『民王』など数少ない。

しかし脇でも存在感を発揮し出演作多数。グループ「グリーンボーイズ」でCDデビューもした。ドラマ『トドメの接吻』や映画『火花』では主題歌も担当。ソロでの歌手活動も活発。

菅田将暉は山田孝之との共演に、「(演技で)『ここはどうしようかな』と考えているとき、山田さんと話をすると、腑に落ちることがよくあります」とコメント。ドラマについても「この作品で描かれる人間像にきっと見てる方は驚き、考えさせられ、答えを見つけたくなるはず!」とアピール。

ドラマ『dele(ディーリー)』に出演予想されるキャスト

公式ツイッターなどに登場し、ドラマ『dele(ディーリー)』に出演が予想される俳優陣を紹介します。

野田洋次郎(RADWIMPS)

山田菅田と洋次郎くん。

山田菅田さん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

キャスト:野田洋次郎(のだ ようじろう)……、1985年7月5日生まれ。シンガーソングライターで、バンド「RADWIMPS」のボーカル、ギター担当。「RADWIMPS」は大ヒットした映画『君の名は。』(2016)の映画音楽や主題歌・挿入歌を担当。ミュージックビデオのようだと評されるほど「RADWIMPS」の音楽がヒットに貢献した。

野田洋次郎は、俳優として映画『トイレのピエタ』(2015)で主演し第39回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。ドラマは『100万円の女たち』(2017)で主演を務めている。

コムアイ(水曜日のカンパネラ)

キャスト:コムアイ……1992年7月22日生まれ。「水曜日のカンパネラ」のボーカル担当。俳優として出演作品に『トーキョー・ミッドナイト・ラン』(2016)二階堂ふみとW主演、『わにとかげぎす』(2017)出演、映画『猫は抱くもの』出演などがある。

般若

山田菅田と般若さん。 #山田菅田

山田菅田さん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

キャスト:般若(はんにゃ)……1978年10月18日生まれ。ラッパーとして活躍。俳優として『やれたかも委員会 クラブナイト編 クラブナイトへGo!』(2018年5月6日)にマスター役で出演している。

2018年7月スタートのドラマ『dele(ディーリー)』基本情報

ドラマ放送日:2018年7月スタート、金曜23時15分(関西は『探偵!ナイトスクープ』のあと金曜深夜24時24分から)

放送局:テレビ朝日系列

監督:瀧本智行

脚本:本多孝好、金城一紀(『SP』『BORDER』『CRISIS』『奥様は、取り扱い注意』)、瀧本智行(『脳男』『犯人に告ぐ』)、青島武(『追憶』『グラスホッパー』)、渡辺雄介(『20世紀少年』『GANTS』)、徳永富彦(『相棒』『警視庁捜査一課9係』)

原案:本多孝好

プロデュ―サー:山田兼司

※本作『dele(ディーリー)』は山田孝之と菅田将暉をあてがきして企画。2年以上の歳月をかけて練り上げた渾身の連続ドラマ。2018年7月スタートが楽しみですね。

(記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク