【半分、青い。】43話のあらすじと視聴率!トヨエツのあるある発言が話題!

半分青い第8週

永野芽郁がヒロインの朝ドラ『半分、青い』第43話が5/21(月)に放送されました。

ネームを捨てた鈴愛(すずめ)はクビになり岐阜の実家へ。そのころ秋風(豊川悦司)は非を認めるよう菱本(井川遥)に迫られて…。

今回は【半分、青い。】43話のあらすじと視聴率・感想まとめ!

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】43話の視聴率

半分青い第8週1

【半分、青い。】43話の視聴率は21・6%!

第1話の21.8%に次いで自己2位の高視聴率となりました。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】43話のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)は、秋風(豊川悦司)が自身で最高傑作とうたう新作のネームを捨てた疑惑で事務所から追い出されてしまいました。岐阜の実家に突然帰ってきた鈴愛に晴(松雪泰子)宇太郎(滝藤賢一)は驚くばかり。鈴愛はクビになったことだけ家族に告げて寝てしまいます。

そのころ東京のオフィス・ティンカーベルでは、鈴愛が捨てたとされた原稿が、実は秋風が酔っ払って電子レンジに置き忘れていたことが発覚。

弟子の裕子(清野菜名)ボクテ(志尊淳)らは作業をしていますが、秋風は彼らから無言の圧を受けていました。マネージャーの菱本(井川遥)がここで自分の非を認めないと誰もついてこないと責め立てます…。

菱本は、鈴愛の才能を本当に認めてないのかと確認します。カケアミや岐阜のころに描いた漫画を見せると、秋風は驚き評価します。名古屋の講演会では漫画の内容までは見ていなかったようです。

方向音痴の秋風の案内役で律(佐藤健)正人(中村倫也)が付き添い楡野家へ。クビの理由を知らない両親・祖父が平謝りのなか、鈴愛がおびえながらやって来ると、秋風は自身の非を詫びました。びっくり仰天の鈴愛は…。

【半分、青い。】43話の感想

42話ラストにて、豊川悦司が演じる秋風が「やってまった」と発言しネーム置き忘れが発覚!

鈴愛はクビになり岐阜へ帰るのに、どうなるのかと思ったら、菱本さんの的確なダメ出しで秋風が謝罪に…。

しかし秋風は鈴愛の漫画を覚えていない変人ですね。特に酔って描いたネームに対しては自信過剰だったようです。

トヨエツがネームを見つけたときのある台詞が視聴者の話題となりました・・・

傑作と呼んでいたネームは…秋風曰く「たいして面白くない」そうで、この台詞にはプロの漫画家を含め「あるある」と反響が大きかったようですね。


【神様のメモ】(律と清(さや)をモデルに鈴愛が描いた漫画)アニメーションが公開中

【半分、青い。】関連記事

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【分半、青い。】第8週のネタバレあらすじと視聴率! 永野芽郁がヒロインを務めるNHK朝ドラ。漫画家の夢が途絶えた鈴愛(すずめ)…

(記事内の画像出典は公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク