【崖っぷちホテル】第5話ネタバレあらすじ視聴率!りょうのウエディングドレス姿が美しい!

ドラマ【崖っぷちホテル】第5話ネタバレあらすじ視聴率!

枝川(りょう)がブライダル事業に込めた夢とは?

今回は頑なに変化を好まなかった枝川が変わっていく!

岩田剛典主演、ドラマ【崖っぷちホテル】は、日本テレビ系列で4月から日曜10時枠でスタート。岩田が謎の宿泊客として戸田恵梨香が支配人を…
スポンサーリンク

ドラマ【崖っぷちホテル】第5話の視聴率

第5話の視聴率は7.2%でした!

前回より0.2ポイントのアップです。

ドラマ【崖っぷちホテル】第5話のあらすじ

宇海(岩田剛典)は知人からインヴルサでの挙式を依頼され、これを機にブライダル事業を展開すると発表する。佐那(戸田恵梨香)や丹沢(鈴木浩介)が賛成し、宇海は枝川(りょう)をウェディングプランナーに指名する。いつも非協力的な枝川だったが、なぜかこれを引き受ける。

そんな中、バリストンホテルの人間と怪しい電話を聞いてしまった新入りスタッフの小山内裕子(川栄李奈)は、佐那に知らせる。インヴルサを見捨てる気かもと推測する裕子。宇海を信じつつも不安な佐那。

一方、式のプランを徹夜で作った枝川に依頼人からの追加要請を次から次へ押し付ける宇海。

ウェディングケーキを3m45cmの巨大ケーキにしたい。当日は生ピアノの演奏がほしい。バージンロードを歩く時に実況中継がほしい。しかし、それぞれの担当部署に断られ、とうとう根を上げる枝川。宇海をバーに呼び出した枝川、「ギブアップ、全部の要望に答えられない」なぜ宇海が自分に任せたか感づいていた枝川。宇海は昔の雑誌に載っていた亡き桜井総支配人の記事を見せる。「総支配人の夢だった」と語りだす枝川。彼が叶えられなかった夢を自分がチャレンジしてみようと思ったのだった。「でも無理、夢は夢のままでおしまい」。そんな枝川に宇海は、「大人が夢を叶えるにはどうしたらいいんでしょうか?」と問いかける。「子供の時は、自分の力を信じて、前を向いて、笑顔でいること…大人が夢を叶えるにはこう考えてます。他人を信じて、頭を下げて、笑顔でいること」

厨房で働いている枝川にやってきたハルと江口が驚く。「ケーキをどうしても作りたい。私も手伝うからお願いします」と頭を下げる枝川。邪魔だと追い出そうとする江口だが、その時ハルの合図で8名ほどのシェフたちが入ってくる。ハルが専門学校時代の仲間を集めたのだ。江口に礼を言う枝川。

枝川がピエールの元へ向かうと、「大田原さん、ピアノで賞も獲ったことがあるんです」と言ってくる。フロントマン大田原がピアノを弾き出す。

客室の一室で実況中継の練習をしている丹沢を見る枝川。

思い切って宇海に「やめないでほしい」と切り出した佐那を笑う宇海。誤解だったのだ。安心する佐那に、全体リハーサルをすると言い出す宇海。

リハーサル当日、枝川がごねている。佐那に新婦役を頼まれたからだ。「全体像を映像で送ってくれってどういうことなのよ!」宇海が受けちゃったから仕方ない。新婦役はあなたしかいない。ときっぱり言う佐那。「あなた最近、物怖じしないで意見してくるわね」「総支配人ですから」言い返せない枝川。

そして華々しくリハーサルが始まる。それぞれが持ち場に付き、ウェディングドレスを纏った新婦(枝川)が入場する。「きれい」と驚くスタッフたち。ロビーの大階段を登る枝川。それを実況する丹沢。大田原がピアノを弾き、ピエールは神父として壇上にいる。長吉はピエロの格好で尚美と余興のスタンバイ。足元には玉乗りに使う大玉がある。

枝川が階段の上まで来た。新郎が姿を現す。それは…小山内だった。前総支配人に似ていたことから枝川も好意を持っている。小山内は、「宇海さんに頼まれました。忙しくて働いてばかりで、こういった式は挙げられなかったので、いい思い出になります。夢を叶えてくれてありがとう」と言う。枝川の目から涙がこぼれ落ちる。振り向き、スタッフ一同拍手。

その時、長吉が足元の大玉を蹴ってしまう。転がりだす大玉。そしてそのままケーキへ…

衝撃で倒れ、粉々になるケーキ。

そこへ入ってくる宇海。「みなさん、すみません。今、連絡が入って、明日のブライダル中止になりました」

ブライダルのプロモーションビデオを見ている丹沢、ピエール、大田原、長吉、尚美。どうやら宇海が撮ったリハーサルの写真を繋いで作ったらしい。

厨房のハルは巨大ケーキを作ったことに自信を深め、江口は「またあいつにしてやられた」と感じている。

バーで話す枝川と佐那。枝川がいつも飲むカクテルを作り、「このカクテル、東京のバーで働いている時、桜井さんが褒めてくれたの」と思い出話を語る。そしてこれが「最後の一杯」と言う。「最後?」と佐那。「過去にすがるのよそうと思って、このままでいるのはやめた。夢の場所にしたいんでしょ?」微笑んで頷く佐那。

ホテルの外観を写真に収めている宇海のもとへ裕子が来る。「こんなものがきていました」と封書を手渡す裕子。「このホテルに犯罪者がいるって」「誰ですか?」「時貞さんです」

第5話のセピアシーン

大階段の下に並んで座っている少年と少女。少年が花で作られた冠を少女の頭に乗せる。微笑み合うふたり。

ドラマ【崖っぷちホテル】第5話の感想

ドラマ【崖っぷちホテル】第5話のまとめ

今回も各部署のコンビがよく機能してました。前回の小山内さんへの枝川の感情を布石にしておいての今回の展開。うまく枝川を取り込むことに成功しました。1話ずつではなく、全体の流れを始めに綿密に把握してから書かれているのでしょう。今回の時貞の疎外感を出しておいての来週も流れが出来ていますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク