ドラマ【おっさんずラブ】第4話ネタバレあらすじ視聴率!フラれた直後上司に戻る黒澤が辛い!

ドラマ【おっさんずラブ】第4話ネタバレあらすじ視聴率!

黒澤部長とは決着をつけた春田。だが牧とは…???

次回は生駒里奈も登場で目が話せない!!!

田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の、男同士のピュアな恋愛模様をコメディタッチで描いたドラマ【おっさんずラブ】。ここでは【おっさんずラブ】の…
スポンサーリンク

【おっさんずラブ】第4話の視聴率

第4話の視聴率は3.5%でした!

前回より0.3ポイント減でした。

【おっさんずラブ】第4話のあらすじ

黒澤部長(吉田鋼太郎)と妻・蝶子(大塚寧々)との修羅場に巻き込まれた春田(田中圭)。「私をだましたの?」と怒り心頭の蝶子は、ファミレスを飛び出していく。二人きりになった春田と黒澤、「妻とは必ずきちんと話をする。もう少し待っててくれ」と、うなだれる黒澤。「部長、頭を上げてください、そうしないと…」困っている春田の手を黒澤が握る。そして唇に近づけ、手の甲にキス。慌てて手を離そうとする春田。その二人にフラッシュが焚かれる。振り向くと、窓の外から写真を撮っている蝶子。

困り果てている春田。相談しようにも牧(林遣都)もまだ怒っている。

春田が職場でPCを操作していると、武川(眞島秀和)がマウスの手に手を重ね、肩を抱いて世話を焼く。戸惑う春田。それからというもの、大した理由もなく呼び出されたり、偶然にしては多すぎる連れション、デスクワーク中の後ろから近づける顔が近すぎる等、不審な行動の武川。『神様、この状態をぼくはどのように解釈したらいいのでしょうか…!?』

「居酒屋わんだほう」で春田がちず(内田理央)に武川の話をしているとちずの兄・新井鉄平(児嶋一哉)が店を今月いっぱいで閉店すると言い出す。この地域一帯がタワーマンションになり、その一階のテナントでリニューアルオープンするというのだ。閉店パーティーをすると鉄平。その時、突然「メロディーが降りてきた」とボイスレコーダーを置いて歌いだす鉄平。

「わんだほう」の帰り道でちずに閉店パーティーで彼女のふりをしてほしいと頼む春田。

一方、帰宅した黒澤。「ただいま」と言っても無視してキャベツを力ずくで切っている蝶子。恐怖に怯える黒澤。

街でサンドイッチマンをしている春田と牧。牧がタワマンに疑問を持っている様子。「不動産会社はどこですか?あの辺、昔から地主も多いし、買収するの大変だったでしょうねえ」。そこへ蝶子が現れる。驚く春田。「あなたを訴えます。あなたさえいなければ夫は私の元から離れることはなかった。あなたが30年間の夫婦生活をいとも簡単に壊したの」言い訳しようとした春田だったが、蝶子に押し倒される。

会社で牧と肘の擦り傷の手当てをしている春田。そこへ武川。「やってやろうか?」「いやいいです」「やってやる」「いや、いいです。自分でやります」「やなの?」睨む武川。『なんなんだよ、武川さん。あんたの目的はなんなんだよ』ふと武川に相談した時のことを思い出す。『キスの相手が牧だってバレてる?…えっ?…じゃまさか嫉妬?牧にきつく当たってたのはオレを巡る恋敵だからか…?』

夜、自宅で悩んでいる春田。牧が察する。訴えられる筋合いじゃない。春田も曖昧な態度取っているから悪いと責める牧。「はっきり言わないことは、優しさでもなんでもないですよ」と牧。

閉店パーティーで盛り上がっている天空不動産のメンバー。打ち合わせ通り、ちずが彼女のフリをしている。気になって見ている黒澤。そんな中、「部長にきちんと伝えたいことがあります。今度、時間をいただいてもよろしいでしょうか?」と約束を取り付ける春田。盛り上がりの最中落とした箸を拾おうとテーブルの下を覗いた春田が驚く。なんと向かいの席に並んだ牧と武川が、テーブルの下で手を握り合っているのだ!

帰ってくる春田。『何?あれ?なんかオレ、すごい動揺してるんだけど…つまり武川さんはオレじゃなくて牧だったってこと?…えっ?…っていうか牧もオレじゃないの?…勘違い?…なんで胸がざわついてるんだ?』そこへ鉄平からの電話。

「居酒屋わんだほう」から荷物が運び出されている。慌てて入ってくる春田と牧。業者が次々に荷物を運び出している。そこへ鉄平がやってきて「ダマされた!タワマンの予定なんかないって言われた!」牧も「周りの店に聞いたらそんな話はないと」鉄平は「店をタダ同然で手放す書類にサインした」と騒ぎながらも、「あ、メロディーが降りてきた」とボイスレコーダーをセットして歌いだす。

自宅で借りてきた書類を見ている春田と牧。「ダマされた可能性が高いですね。真堺コーポレーションなんて聞いたことない」と牧。「ちず、大丈夫かなあ、こんな時何もしてやれねえのかオレは」と春田。複雑な心境の牧。そこへちずが、荷物を持って入ってくる。しばらく泊めてというのだ。食事を作ってあげたり、寝巻きの用意をする牧を、ちずが感激して褒めちぎる。

牧がシャワー中、話をする春田とちず。「うまくやってそうじゃん」とちず。春田は閉店パーティーで牧と武川が手を握っていたことを話す。「モテてなかった。大騒ぎした自分を殴りたい」と春田。牧がドアの前まできて聞いてしまった。「よかったじゃん。一安心だね。」あとは部長さんじゃん」「今度時間をくださいって言った」そんな春田を「えらいえらい」と犬のようになでくりするちず。そこに歌麻呂(金子大地)からちずに電話が入る。躊躇しながら出ようとする手を捕まえ、「今、出なくてもよくね?」「うん」見つめ合う…掴んでいた腕を放す春田。微妙な空気が流れる。

蝶子をCAFEに呼び出した春田。「今夜話しをする。二人にはまたステキな夫婦に戻ってほしい」と春田。

牧が会社のPCで調べている。いっしょに調べている舞香(伊藤修子)が「詐欺の証拠でもあればいいんだけど」の言葉に何かを思い出す牧。

会社の廊下に立っている武川。前を通り過ぎようとした牧に声をかける。「牧、お前は今、不毛な恋愛に足を突っ込んでいる。そう思わないか?完全にお前の片思いなんだろ?」「はい」「あっち側の人間を好きになっても、幸せになることは絶対にない」「わかってます。そんなことはオレが一番わかってます」「俺ならあいつと違ってお前を傷つけたりはしない」「ですね」

夜、以前告白された場所に春田と黒澤が向き合っている。「部長」黒澤が突然ワーワー言いながら耳を塞ぎ、「聞こえない、聞こえない」と繰り返す。「ごめんなさい!」深々と頭を下げる春田。途端、「あ゛~~~~~」と泣き崩れる黒澤。「なんで~?待っててって言ったじゃん。なんで~、蝶子に何かいわれた?」「それは違います」「じゃあなんで~?断るのは俺が上司だから?それとも男だから?」「部長のこと、人としても、上司としても心から尊敬してます。ぼくらを強いリーダーシップで引っ張ってくれて、失敗したら全力で守ってくれて…理想の上司だと心から思ってます」「じゃあなんで~?」「でもそれは、恋愛感情じゃないんです。ぼくは、部長とまた純粋な上司と部下の関係に戻りたいんです。部長、こんなぼくを好きになってくれてありがとうございました」膝まづいたまま頭を下げる春田。立ち上がるふたり。一生懸命取り繕って上司の顔になる黒澤。「…三島第二地区の再開発が来月から始まる。忙しくなるぞ。頼りにしてるぞ」肩を叩いて泣き顔を見せずに去る黒澤。泣いている春田。遠くから盗み見ていた蝶子も泣いている。

真堺コーポレーションに乗り込んでくる春田と牧。契約は成立しているので変更は出来ないと「真堺」の社員。しかし、嘘をついていた証拠があると牧が取り出したのは、鉄平のボイスレコーダー。そこにはタワーマンション建設の話がしっかり録音されていた。見直したように牧を見る春田。

帰り道でちずに電話する春田。すぐに出て行くからと言うちずに、急がないでいいと優しい春田。その会話を寂しそうに聞いている牧。

帰宅してくる黒澤。食事の支度をしている蝶子。恐る恐る「ただいま」と言う黒澤。「おかえり」と返す蝶子。食事しながら、「うまい」と涙を流す黒澤。

シャワー上がりの春田に「出て行く」と言う、手荷物を持った牧。驚き引きとめようとする春田。どこへ行く気だと聞くと、武川さんの家と答える牧。「なんで武川さんなんだ」「元カレなんですよ。春田さんはちずさんと幸せになってください」出て行こうとする牧を玄関先で後ろから抱きしめる春田。そこへ帰って来るちず。驚いて買ってきたケーキを落とす。固まる三人。

『神様、オレはいったいどうしてしまったんでしょうか…?』

【おっさんずラブ】第4話の感想

【おっさんずラブ】第4話のまとめ

黒澤部長がフラれた直後をインスタにアップしてました。

人間模様が複雑になってきて展開が読めないので、みなさん次週を楽しみにしてしまうのですね。そして、牧くんファンが増殖している感があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク