【半分、青い。】17話の視聴率とあらすじ!鈴愛・永野芽郁の恋は笑えない?

永野芽郁がヒロインの朝ドラ『半分、青い』第17話が4/20(金)に放送されました。

高校最後の夏。鈴愛(すずめ)の恋は運命の相手なのか?

今回は【半分、青い。】17話の視聴率・あらすじ・感想まとめ!

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】17話の視聴率

【半分、青い。】17話の視聴率は、20.2%!

3話連続の20%超えです。

関連記事:【半分、青い。】視聴率一覧表と単日・週間平均ランキング!最終回まで更新中 

【半分、青い。】17話のあらすじ

半分青い17話

自転車が苦手な鈴愛(永野芽郁)がバスを待っている際、男子学生の落し物を拾い追いかけます。学生は西高校の新聞部で礼儀正しい好青年でした。

学校に遅刻した鈴愛は、昼休みに早速、菜生(奈緒)に伝える。モテたことは大事にしたいという鈴愛。ブッチャー(矢本悠馬)も話しに入りおどろきます。

医師の岡田(余貴美子)は、テーマパークに反対。渋滞や自然が壊されることを危惧していました。その頃、男性たちは企画者側の小倉瞳(佐藤江梨子)と踊り、浮かれていました。

律(佐藤健)と奈生は、その学生ともう一度会えたら運命の出会いだと言います。鈴愛は、別にかっこよくないと思いますが、同意しました。

…それから数日後の朝、同じ場所でバスを待つ鈴愛の元に声が聞こえます。「おーい。この前のひと!カセットテープを拾ってくれたひと!」

鈴愛は方向が分からず辺りを見まわすと、道路の反対側にあの学生が!…バスに遮られ、学生から鈴愛の姿は見えなません。バスが通り過ぎたバス停には鈴愛が!運命の再会でした。

【半分、青い。】17話の感想

鈴愛の恋は笑える!?

第3週の後半は北川悦吏子オススメとのこと。

鈴愛(すずめ)の笑える恋物語になりそうです。しかし、金曜なのに、まだ盛り上がりに欠けているとも受け取れます。

顔をみていきなり「微妙」と思ったり、「かっこよくない」と鈴愛が言ったり、これは腑に落ちない展開ですね。

新聞部の高校生は可愛らしい顔立ちなので。これはもう鈴愛の好みの問題では?相手を好きに思っていない鈴愛に「贅沢は敵だ」と言う律にも違和感。もう少し冷静に判断する聡明さがあったような。律の恋は明らかにときめいていたので、運命でしょうが…。

周りを気にして焦っている、恋に恋する年頃の鈴愛を律はあえて押し出してみたのか?上手くいくいかないより、なんでも経験ですから。

ただ、新聞部(まだ名前がないため字幕ではそう表記されています。)くんは芸人でいうオイシイ役なのかもしれませんが…。今のところ、脚本の北川悦吏子の言う「笑える」という視聴者はあまりいないようです。

永野芽郁のクランクインシーン!

第16話(4/19・木)での、バス停から走るシーンは、永野芽郁の2017年11月1日・クランクインしたシーンだそうです。

ロケ地は瑞浪市の万尺公園。永野芽郁の魅力あふれる全力失踪。躍動感ある名シーンでした。

初恋は永野芽郁と佐藤健の恋への伏線か…

筆者は永野芽依と佐藤健が『半分、青い。』放送終盤に仲が深まると予想しますが、今回の鈴愛の初恋(?)はそのための土台となっていくと思われます。

初恋のまま結婚して添い遂げる方もいますが、同じ日に生まれた2人がまだ子どものように恋心に気づかない、そんな律のナレーションが、明らかに意味深。

恋とは何か学んでゆく鈴愛のはじめての恋の行方に注目です。

【半分、青い。】17話の関連記事

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第3週のネタバレあらすじと視聴率! NHK朝ドラは子役時代が終了し、ヒロイン・永野芽郁がついに本格出演! …

U-NEXTで見逃し配信中】

永野芽郁主演のNHKオンデマンド『半分、青い』見逃し配信中! 見逃した、もう一度見たい方にオススメ。

U-NEXT

(記事内の画像出典は公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク