ドラマ【警視庁・捜査一課長3】第1話の視聴率!安達祐実セーラー服&柔道着コスプレの回!

ドラマ【警視庁・捜査一課長3】のあらすじと視聴率!

第1話は2時間スペシャル。

新メンバー加入の第1話は無事発進出来たでしょうか?

ドラマ【警視庁・捜査一課長3】の全話あらすじ、感想と最終回ネタバレ! 内藤剛志さん主演の人気シリーズ。 新メンバーに安達…
ドラマ【警視庁・捜査一課長3】の視聴率一覧!最終回まで随時更新! 内藤剛志さん演じる、叩き上げの捜査一課長の活躍を描く人気シリ…
スポンサーリンク

ドラマ【警視庁・捜査一課長3】第1話視聴率

第1話の視聴率は12.7%!

まずは手堅い滑り出しです。

ドラマ【警視庁・捜査一課長3】第1話のゲスト

高島礼子(役:白田朱音(河井田瑞希))

河井田瑞希…ファッションブランド”MIZUKIコーディネート”社長。

田中美奈子(役:水岸麻衣)

水岸麻衣…”MIZUKIコーディネート”社長秘書兼デザイナー。

相島一之(役:村沢利朗)

村沢利朗…”MIZUKIコーディネート”副社長。

いとうあさこ(役:バーブ凛子)

バーブ凜子…20世紀ファッション評論家。

中村梅雀(谷中明彦)

谷中明彦…大岩と同期の刑事で、萌奈佳の父。

ドラマ【警視庁・捜査一課長3】第1話のあらすじ

東京のお台場で女性の絞殺死体が発見された。被害者は前夜、2000年頃のファッションを身に着け、自由の女神像をバックに写真を撮ってほしいと通行人に頼んでいた。新規加入の運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)と共に臨場した一課長の大岩(内藤剛志)は、そのファッションから18年前に謎の転落死をとげた同期の谷中明彦(中村梅雀)を思い出す。大岩はその死に疑問を持ちながら証拠を掴めず、事故死として処理されていた。死の直前に谷中に偶然会っていた大岩は、彼が今回の被害者と同じ服を着た女性の写真を持っていたことを覚えていた。谷中はその女性を”ミズキ”と呼び、しかもその写真は自由の女神像をバックに撮影したものだった。

被害者はファッションブランド”MIZUKIコーディネート”の専属モデル・神楽瞳(尾藤亜衣)と判明する。そしてそのブランドの社長兼デザイナーは河井田瑞希(高島礼子)という名だった。18年越しに繋がった諸々の事象に、谷中の死と今回の事件の関連を直感した大岩は、ある人物を捜査本部へ迎い入れる。その人物こそ、”警視庁広報課セルフランディングルーム室長”と言う肩書きを持ち、元柔道の人気選手だった谷中の娘・萌奈佳(安達祐実)だった。

捜査の結果、河井田瑞希(高島礼子)が社長の”MIZUKIコーディネート”は、副社長の村沢利朗(相島一之)との利権争いで分裂の危機にあり、被害者は社長派と副社長派を翻弄する動きを見せていた。社長の瑞希は、8時に一旦帰宅したあと9時にお台場へ外出。副社長は、社長秘書の水岸麻衣(田中美奈子)と二子玉川で食事をしていた。

20世紀ファッション評論家のバーブ凜子に話を聞いた小山田は、等々力に瑞希がもう一人の人間と小さなお店を開いていたと知る。その相棒は当時、謎の失踪をとげていた。

捜査本部では、被害者が8時まではお台場にいた証言があり、死亡推定時刻が10時ということから、別の場所で殺害された可能性を疑う。そこに、鑑識から瑞希の携帯に入っていた被害者からの留守電の分析結果が届き、バックにかすかに特殊なエンジン音があることが判明。そのエンジンを積んだ車を関東一円すべてあたっていく。そして目撃者の証言などから車の持ち主を特定、留守電が録音されたという等々力渓谷にて証言を得る。

等々力渓谷周辺の雑木林を捜索した結果、被害者のバックを発見し、中から18年前に大岩が見た破れた写真を見つける。さらに周辺を捜索すると、古い白骨した遺体を発見。そのそばには、”MIZUKI”と彫られたペンがおちていた。鑑識の結果、写真の女と一致する。それは18年前に瑞希の前から姿を消した白田朱音と瑞希が証言。

任意で同行された瑞希は、否認する。釈放された瑞希には、監視がつけられていたが、その目を盗んで瑞希は逃走。等々力渓谷付近で捜査一課・管理官・坂木望子が見つけるが逃げられる。瑞希の靴に不自然についていた泥があり、坂木が雑木林を捜索したところ、副社長の村沢の遺体を発見する。

村沢の車から、神楽瞳の血痕と毛髪が発見され、神楽瞳殺害は村沢の犯行だとわかる。

再び任意同行された瑞希だが、完全黙秘で答えようとしない。

大岩、小山田、奥野、萌奈佳らは、18年前の写真が、朱音を探すため配られたとしたら、他にも持っている人間がいるはずと思いつく。萌奈佳は、瑞希のデザイン画を見て、「まるで成長を拒否しているように18年間タッチが変わっていない」と話す。「もしかして我々は大きな間違いをしていたのでは」と大岩。

再び小山田がバーブ凜子に会い、予想通り写真を提供してもらう。萌奈佳は、会社の社員から、村沢が死の直前思いつめた表情でシュレッダーに書類をかけていたと聞き、すでに廃棄になった中身を小山田と坂木が廃品業者で見つけ、村沢の書類を復元する。

一方、村沢の関係現場を捜索、瑞希の自宅近くで村沢の殺害に使われたナイフを見つける。

そして、すべての謎が解ける。

瑞希を前に話す大岩。18年前、白田朱音のデザインを手に入れようと近づいた村沢だったが、断られ朱音を殺害。そして瑞希だけ残った店で瑞希からデザイン画を見せてもらった。その時、瑞希はセンスのいい朱音の描いたものを自分のものとして見せた。しかし、デザイン画にはそれぞれサインがしてある。つまり殺害されたのは本当の瑞希で、その時から朱音は瑞希になりすましていたのだ。その会社に瑞希の妹である水岸麻衣がやってきた。麻衣は、失踪した姉の夢を叶えるため、このまま河井田瑞希として生きてほしいと頼んだのだ。一方で姉を探すため、知り合いだった谷中刑事に捜索を以来した。捜査の過程で朱音が瑞希になりすましていることを知った谷中は瑞希を諭した。

村沢は、神楽瞳に部屋で18年前の瑞希のバックを見られ、殺害していた。そして秘密を守るため、谷中をも殺害。それを知った妹の麻衣が村沢を殺したのだった。

村沢を逮捕したかった。そして谷中の墓の前で詫びさせたかったと悔やむ大岩だった。

ドラマ【警視庁・捜査一課長3】第1話の感想

まずは、新メンバーの話題から。

安達祐実さん、セーラー服姿がまだまだイケると言う声が多かったです。

そして塙さんの女子力の高さの反応も!

もちろんビビちゃんファンもたくさん(=^ェ^=)

記事内の画像出典公式ホームページ

記事内画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク