【半分、青い。】11話視聴率とネタバレあらすじ!鈴愛はカエルじゃないの意味とは?

永野芽郁がヒロインの朝ドラ『半分、青い』第11話が4/13(金)に放送されました。

左耳の聴力を失った鈴愛(矢崎由紗)。晴(松雪泰子)は母親としての責任を感じ、夜な夜な涙。そんな中、小学校の授業で鈴愛に災難が降りかかり…。

今回は【半分、青い。】11話のあらすじと視聴率・感想まとめ!

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】11話の視聴率

【半分、青い。】11話の視聴率は、20.6%!

3話連続の20%超えとなりました。

関連記事:【半分、青い。】視聴率一覧表と単日・週間平均ランキング!最終回まで更新中 

【半分、青い。】11話のあらすじ

【半分、青い。】11話のあらすじはこんな感じ…

鈴愛(矢崎由紗)は左耳が失聴。母の晴(松雪泰子)は責任を感じて涙する日々。鈴愛のピンチに、律がマグマ大使を呼ぶ声が聞こえたと助けてくれ、その後、律の前で号泣する鈴愛でした。

【半分、青い。】11話のみどころ

半分青い11話

11話は、鈴愛の失聴が医師に伝えられたあとのお話し。そのことを受け入れられない母・父・祖母。弟や律も鈴愛を気遣うという周りの様子が描かれていきました。

今回は見どころを3点あげます。

①中盤に川を舟で渡るシーン。

②鈴愛の耳を寄せ合うシーン。

③初めて泣いた鈴愛。

では、上記の3点に着目して、ネタバレあらすじにあわせて感想を述べていきます。

【半分、青い。】11話のネタバレあらすじと感想

①中盤に川を舟で渡るシーンの3つの意味とは?

ネタバレあらすじ

鈴愛(矢崎由紗)は左耳の完全な失聴になりましたが、いつも通りに明るく過ごしています。弟の草太(志水透哉)は貯金をはたいて姉にぐるぐる定規をプレゼント。律は耳栓をして鈴愛に近づこうとしていました。晴(松雪泰子)は何かしたくて、和子(原田知世)に頼み、民間療法にすがります。

鈴愛はおじさん(吉澤健)に頼み川を小舟で渡ります。叔父さんの亡き妻も戦争で失聴していたのでした。舟の上から母を見つけた鈴愛。晴の大声の内容は聞こえなくても大体わかりました。鈴愛は晴を呼びます。「おかあちゃーん」と何度も何度も。

感想

突如はさまれる川渡りのシーン。何気ない日常ですがここでこの場面がある意味が3つあるように思います。

(ⅰ)カエルでなく、スズメ

小舟に乗る前の雑談は1度見たときはよく分からなかったのですが、トンビが鷹を産んだ律と比較して「カエルの子はカエル」だと鈴愛は自分のことを言います。こんな後ろ向きなこと言う鈴愛だったと違和感がありました。…2度目見た時に思うのは、鈴愛が失聴になり自信を失っているということ。

名前はカエルかと間違われたのでスズメと答えますね。おじさんが言う「マイネームずずめ!」は、他と比較するのではなく「スズメはスズメ!」という背中を押すメッセージのように聞こえます。

(ⅱ)おじさんの「亡き妻の失聴」を鈴愛が知ること。

片耳失聴だとバランスを崩しやすいとおじさんは知っていて、何度も「立つな」と注意します。身近に同じような方がいて鈴愛は安心したかもしれません。学校の人には話せてないようなので、大人の「話し相手」を作者は用意してあげたのかも。

(ⅲ)「以心伝心」!

上記2つは多少、深読みすぎですね。最後の3つ目が分かりやすく、母の大声が聞こえなくておじさんに確認すると、大体の内容がわかっていた鈴愛。片耳の失聴があっても、母と子の以心伝心は今まで通り変わらないということですね。

三途の川はない、片耳が聞こえない、(この後でてきますが)ピンチのとき笛はふけない…

…それでも思いが通じるときがあります。もちろん、それは宗教観で違いますし、多人種の国と違い日本人向けでもあります。

ただ、言葉で話しあう必要は時にありますが、それでも人と人の心が通じ合うことの素敵さはありますね。たとえばノールックパスなどの流れるパスが通るサッカーに惚れ惚れするように。

②鈴愛・律の耳を寄せ合うシーンは、北川悦吏子の真骨頂!

ネタバレあらすじ

晴は母親としての責任を感じ、夜な夜な涙する。悪夢をみた鈴愛は母の元に来ましたが、廊下に出ていた宇太郎(滝藤賢一)が晴のことを思い、祖父の元へ連れて行きます。仙吉(中村雅俊)の布団の中へ入る鈴愛。宇太郎も一緒にもぐりこみ、談笑しました。

ある日、小学校では平均台を歩く授業が!鈴愛のピンチを救ったのはやはり律(高村佳偉人)でした。律はヤモリがいると騒動を起こしました。

放課後。鈴愛は、河原で律に左耳の音を聞いてもらっても律には聞こえません。

感想

川辺で寄り添う鈴愛と律。キュンキュンする視聴者多数です。

北川悦吏子の脚本ドラマ『運命に、似た恋』(NHK)も少年少女の恋愛が描かれましたが、こういうシーン作りはさすが恋愛の神様、真骨頂です。マコーレー・カルキン主演の映画『マイ・ガール』での初めてのキスのような素敵さでした。

③初めて泣いた鈴愛。なんと強くて明るいドラマ!

ネタバレあらすじ

鈴愛は初めて涙を流します。律は鈴愛が泣いたことに驚きます。鈴愛は自分が泣くと周りが泣くから我慢していたといいます。…1980年秋、鈴愛が9才のころ。左耳の聴力を失い、世界が半分になり、生き物として弱くなった鈴愛。しかし本能が生きよう、世界を楽しもうとしていました。

感想

鈴愛は、律の前で初めて泣いて、前向きになります。

帰らずに残ってくれた律。良き親友を持ったものです。体育のとき「以心伝心」で助けてくれた律。以前、教室では鈴愛が律を守りましたがその逆ですね。

最後の永野芽郁のナレーションには、ポエムすぎて酔っているという批判もありますが、前を向こう。生きようというメッセージが伝わってきます。家ではひとりでも泣かず、天井をみあげていた鈴愛。

号泣できたこと、再び立ち上がれたことは、律がいたことが大きいですね。不幸の押し売りではなく、明るく前向きになれるドラマです。

【半分、青い。】の関連記事

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第2週のネタバレあらすじと視聴率! 永野芽郁がヒロインのNHK朝ドラは視聴率20%台連発スタートで好調! …

(記事内の画像出典は公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク