半分、青い。視聴率8話は19・8%!鈴愛が「隣の家族は青く見える」状態に!?

永野芽郁がヒロインの朝ドラ『半分、青い』第8話が4/10(火)に放送されました。

放送後、1980年代の懐かしいシーンと現代も通じる親子ゲンカが話題に!

今回は【半分、青い。】8話の視聴率、ネタバレあらすじと感想まとめ

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】8話の視聴率

【半分、青い。】8話の視聴率は19.8%!

4話連続の大台割れとなりました。

【半分、青い。】8話のあらすじ

『半分、青い。』8話あらすじはこんな感じ…

川でめまいをおこした鈴愛(矢崎由紗)を律(高村佳偉人)が助けます。その後、鈴愛たちは墓参りに行き、仙吉(中村雅俊)は糸電話を妻の墓前に捧げました。寂しいと嘆く鈴愛に、仙吉は、廉子はいつも空から見守っているとなぐさめます。

ある夜、晴(松雪泰子)は、鈴愛が律をけがさせたことを知り、問い詰めます。二人は大げんかになり、鈴愛は家を飛び出しました…。

【半分、青い。】8話のネタバレあらすじと感想

ネタバレあらすじ

冒頭は鈴愛の異変から。律が鈴愛を支え助けました。次のシーンはブッチャー(大竹悠義)の家で、町の人々が祭りの準備をします。ブッチャーの姉もいじめっ子の素質があり、トランプの七並べを途中でバラバラに。婦人たちは「お尻洗浄器つきトイレ」に興味津々でした。

感想

鈴愛の耳はまだ大事には至らず。このシーンは律が後悔することになるかもしれません。ブッチャーの家はお金持ち。あらすじ的には大きな意味がないような日常のシーンでした。

ネタバレあらすじ

妻・廉子の墓参りに行く楡野家。糸電話の件を聞いていた仙吉は感謝しつつ、三途の川はこの世にはないと鈴愛に告げます。おばあちゃんと話せなくて寂しいと嘆く鈴愛に、仙吉は自分の心にも空にもおばあちゃんはいて見守っている、となぐさめます。

レンコさーん!おばあちゃあーん!おかさーん!…楡野家の面々は高台から呼びかけました。

感想

墓参りシーンは本日のクライマックス。鈴愛の父・宇太郎(滝藤賢一)が亡き廉子の声まねをしてみんなを笑わせます。シリアスになりすぎず、泣かせにいかせすぎず、さじ加減が絶妙。また、鈴愛は三途の川がない、とうすうす思っていたのですね。それでも行動した実行力は今後も楽しみです。

ネタバレあらすじ

ある夜、鈴愛がテレビの音楽を録音していたところ、晴(松雪泰子)があわてて来てテレビを消してしまいます。晴(松雪泰子)は、食堂に来た岡田医師(余貴美子)から、鈴愛がゴミ箱を投げて律をケガさせたことを知ります。なぜ黙っていたのか!卑怯だ!と問い詰める晴。晴がつけた名前をバカにされたから、と知られたくない鈴愛はかたくなに答えません。鈴愛は和子(原田知世)と晴を比較し、大げんか。鈴愛は家を飛びだしました…。

感想

年代を感じさせるテレビの歌のカセットテープへの録音風景。ついに出ました。雑音が入ってしまうのもお約束。レコード・テープ・CD・ネット配信と変遷を遂げている音楽の歴史も感じます。

ケンカシーンは、他の母親と比較したらダメですよね。(笑)和子はいい匂い。お菓子も最先端。対して晴は、コロッケとぬか漬けの匂いで、パーマをかけたらマグマ大使のゴアと指摘する鈴愛。

「和子おばちゃんなら分かってくれる」「それなら和子さんの家の子になりなさい」「なる!」と売り言葉に買い言葉。和子も黙っていた理由が分からなければ叱ると思いますが、「隣の家族は青く見える」ですね。ベタな展開ですが、母娘の和解にはきっと泣かされるでしょう。

【半分、青い。】8話:話題の感想ツイート

鈴愛と晴の親子ゲンカシーンが「あるある」「リアル」と視聴者に話題です。理屈でなく感情的な言い合いになって、論点がすれ違う感じが面白かったですね。母と子というのもありますが女同士というのもあるかもしれません。他人の家をうらやましく思うのも子ども時代もよくあることですね。

ラジカセで録音シーンは「あさイチ」でも話題になりました。華丸が「母親が入ってくるんですよ 」といえば大吉がそこまでが「セットなんですよ 」となつかしみ笑いを誘いました。

【半分、青い。】の関連記事

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第1週「生まれたい!」の視聴率とあらすじ! 4/2(月)に新しい朝ドラがスタート! 永野芽郁が、ちょっと…

(記事内の画像出典は公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク