【相棒の大杉漣さん】代役に杉本哲太!台本・設定変更なしで最終回に出演!

杉本哲太

出典:シスカンパニー

2月21日(水)にお亡くなりになった俳優の大杉漣さん。

ドラマ【相棒】(テレビ朝日系)では警視庁副総監・衣笠藤治役でレギュラー出演していました。

2月28日(水)のドラマ本放送時にはお悔やみのテロップも流れたのですが役柄については言及せず…。

このたび、3月2日(金)のドラマ公式サイトにて、衣笠副総監役について代役を立てることが発表され、俳優の杉本哲太さんに決まりました。

今回は【相棒の大杉漣さん】代役に決まった杉本哲太さんについて。

スポンサーリンク

【相棒】の衣笠役(大杉漣)とは

相棒衣笠大杉

出典:相棒16

衣笠藤治…

警視庁のNo.2で、サイバーセキュリティ対策本部の発足に携わった人物。青木の父と竹馬の友で、青木の採用にも力を貸したという噂がある。かつて警察庁No.2だった峯秋とは、警察組織内の力関係を巡ってけん制し合う間柄。また以前、自身の娘が殺人事件の目撃者になった一件に特命係が首を突っ込んだ経緯から、その存在を疎ましく感じていて、廃止の機会を虎視眈々と狙っている。

出典:相棒16

以上のように衣笠は、特命係の右京(水谷豊)や元・ナンバー2の次長で現・警察庁長官官房付に降格した甲斐峯秋(石坂浩二)と対立する重要な役柄。

また、警察嫌いながら警視庁に採用された青木(浅利陽介)とも交流を持っていました。

甲斐官房付は、今回のシーズン16で組織上から浮いた部署・特命係の上司になりました。それは副総監の策略。特命とともに責任を負わせるつもりだったはずです。

また特命係は衣笠の家族とも縁があります。

シーズン15の11話「アンタッチャブル」で娘・市原里奈(桜田ひより)が事件の目撃者となり特命と接点が。里奈の危ないところも特命が助けました。

2017秋-2018年冬のシーズン16も12話でメインとなりました。このときは視聴者の誰が大杉さんの急逝を予想したことでしょう。またも恩を売った形となった特命。右京はかえって睨(にら)まれることになると花の里で話していました。

筆者も今後の対立を楽しみにしていたのですが…非常に残念です。心よりご冥福をお祈り申し上げます

【関連記事】

【相棒16】12話のあらすじと視聴率!衣笠副総監(大杉漣)襲撃事件が発生!

【相棒】衣笠役の代役は杉本哲太!

「相棒」公式サイトによると、ドラマ「相棒シーズン16」は最終回スペシャルの撮影は佳境を迎えているようです。

大杉さんもすでに撮影に入っていて、テレビ朝日では様々な対応策・可能性を検討した結果、台本・設定はそのままに代役決定となったとのこと。

杉本様にとって大杉様は、かつて、ご自身の主演作にご出演いただいたご縁があり、昨年も長時間、別作品でご一緒するなど俳優として「指標とすべき存在」だったと伺っております。この難局に際し、大杉様の跡を受け継いで頂く杉本様には心より御礼を申し上げますとともに、より良い作品を皆様にお届けすべくキャスト・スタッフ一同、全力を注いで参ります。

出典「相棒16」

「指標とすべき存在」と語る杉本哲太さん。どんな演技をみせてくれるのでしょうか。興味本位ではなく本当に楽しみです。筆者は今からもう泣けてしまいます。

おそらく衣笠役自体が急死して代役なしということも検討されたことでしょう。ただ、撮影に入っていたならば代役が望ましという判断でしょう。どちらにしても涙なしには見られません…。

杉本さんは自身の主演映画「1990牡丹燈篭」(1990年)などで大杉さんと共演しています。

ネットではこの代役について…

好評の声も多いですが寂しさも入り混じり、複雑な気持ちの反響が寄せられています。

※「相棒シーズン16」最終回は3月14日午後8時から2時間スペシャルで放送!お楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク