【静おばあちゃんにおまかせ】のキャストあらすじ!中山七里の小説のドラマ化で岡田結実が初主演!

ミステリー作家・中山七里さんの小説【静おばあちゃんにおまかせ】が、岡田結実主演で今春テレビ朝日にて放送されることが決定しました。

岡田結実が正義感溢れる半人前の法学生「高遠寺円(まどか」を演じ、元裁判官の祖母。「静(草笛光子)」の援護を受けながら事件の謎を解く痛快ミステリーです。

ここでは、ドラマ【静おばあちゃんにおまかせ】基本情報キャストあらすじ、みどころを紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【静おばあちゃんにおまかせ】の基本情報

放送日時:第1話:2018年3月23日(金)よる11:25~/第2話2018年3月30日(金)よる11:15~

企画:古賀誠一(オスカープロモーション)

脚本:川﨑いづみ

監督:麻生 学

プロデューサー:船津浩一(テレビ朝日)/ 中頭千廣(オスカープロモーション)/ 村山太郎(オスカープロモーション)/ 浦井孝行(オスカープロモーション)

製作:テレビ朝日 / オスカープロモーション

1話完結形式で全2話。

詳しい情報は分かり次第更新いたします。

ドラマ【静おばあちゃんにおまかせ】のあらすじ

第1話のあらすじ

高遠寺円(岡田結実)は、東京は世田谷区成城の厳かな洋館に祖母の静(草笛光子)と二人で暮らす法学部生。元裁判官の静とは毎朝、その日のニュースで熱い議論を交わすことが日課となっている。この日のテーマは「正義」。まだまだ修行中の身の円は静に余裕でやり込められるが、大学の退屈な講義より静の“白熱教室”はずっと有意義。それよりもさらに円が求めているのは実地訓練だったが、そのチャンスがやって来る!
横浜埠頭で殺人事件が発生。被害者の久世達也、容疑者の椿山道雄(五代高之)はともに神奈川県警の警察官で、二人は組織犯罪対策課内で敵対する関係だった。円は以前、大学構内で発生した連続窃盗事件の真犯人を突き止め、危うく誤認逮捕から救った警視庁捜査一課刑事の葛城公彦(要潤)から、この事件の情報を入手。葛城にとって元上司の椿山は、「正義感にあふれる人」だったという。
逮捕後も一貫して無実を主張する椿山の力になりたいと考える葛城に、円は「正義って何ですか?」と問いかけてみる。その返事に心を動かされた円は、葛城が感じた椿山の「正義」を信じると決意。戸惑う葛城の手を取り、無実を証明しようと捜査の現場へと飛び出していく…!

公式サイトより

第1話のあらすじポイント

  • 原作を書いた中山七里は、”どんでんがえしの帝王”と称されている。
  • 円は、正義感が強く、行動力があり、裁判官を目指している。
  • 捜査一課刑事の葛城は、円のおかげで誤認逮捕を免れ恩を感じている。

第2話のあらすじ

法学部の2年生・高遠寺円(岡田結実)のもとに、警視庁捜査一課刑事の葛城公彦(要潤)から「折り入って相談したいことがある」というメールが届く。ひとり暮らしの高齢女性・朝倉喜美代(茅島成美)が自宅で死体となって見つかったのだが、第一発見者である孫娘・美緒(大後寿々花)が号泣しっぱなしで事情聴取ができず、同世代の円なら彼女から話を引き出せるのではないかと考えたのだ。両親が事故死した後、祖母の養女となったという美緒はまったく同じ境遇の円に対して心を開き、少しずつ状況を語りはじめる…。
調べを進めるうち、喜美代には5億円もの資産があることが判明。さらに事件当日、喜美代は大好きなド派手ファッションに身を包んで代官山に繰り出しており、そのファッションゆえ多数の人物が彼女の姿を記憶していたことも明らかになった。さらに、喜美代の長男・健郎(高杉亘)や長女の洋絵(鳥居みゆき)が、被害者である母を恨んでいたことがわかり…!?

公式サイトより

第2話のあらすじポイント

  • 葛城は、円を頼りにしている。
  • 「鳥居みゆき」、「なべやかん」、とお笑い系が名を連ねている。
  • 殺害動機のある人物が複数登場。

ドラマ【静おばあちゃんにおまかせ】のキャスト

岡田結実(役:高遠寺円)

高遠寺円…元裁判官の祖母と二人暮らし。正義感が強く、祖母と同じ裁判官を目指し、大学の法学部で学んでいる。

岡田結実…2000年4月15日生まれ。大阪府出身。お笑いタレント「ますだおかだ」の岡田圭右を父に持ち、タレントとして活躍。女優としては映画「傷だらけの悪魔」(17年)に続く2作目にして初ドラマ、初主演。

要 潤(役:葛城公彦)

葛城公彦…警視庁捜査一課の心優しい刑事。ある事件で知り合った円に度々捜査協力を依頼する。

要 潤…1981年2月21日生まれ。香川県出身。主な出演作【犯罪症候群】、【カンナさーん!】、【海月姫】など。

草笛光子(役:高遠寺静)

高遠寺静…円の祖母で、元裁判官。抜群の推理力で円が関わる事件に的確なアドバイスを送る。

草笛光子…1933年10月22日生まれ。神奈川県出身。1950年に松竹歌劇団に入団。以来数多くの映画、ドラマに出演。2018年公開予定の映画【ばぁちゃんロード】にも出演する。

内藤理沙(役:篠田あやみ)

篠田あやみ…円の大学の先輩。葛城のことが気に入っており、会うたびに色っぽい視線を送る。実は、苦学生で、様々なアルバイトに励んでいる。

内藤理沙…1989年1月10日生まれ。群馬県出身。2002年第8回全日本国民的美少女コンテスト出場をきっかけに芸能界へ。主な出演作【女囚セブン】【黒革の手帳】【今からあなたを脅迫します】など。

《第1話ゲスト》

柳沢慎吾(役:芝崎 仁)

芝崎 仁…神奈川県警刑事。警視庁の葛城が捜査に首を突っ込んでくることが我慢ならない。

柳沢慎吾…1962年3月6日生まれ。神奈川県出身。1978年「ぎんざNOW!」の「素人コメディアン道場」で第19代チャンピオンになり、お笑いタレントとしてデビュー。【3年B組金八先生】でテレビドラマデビュー。1983年【ふぞろいの林檎たち】で俳優としての地位を確立した。今でもドラマ、CM、バラエティなど多方面に渡って活躍中。

五代高之(役:椿山道雄)

椿山道雄…神奈川県警組織犯罪対策課・課長補佐。葛城の元上司。正義感に溢れ、同じ組織犯罪対策課の課長・久世達也とは確執があり、久世が射殺された事件で容疑者となってしまう。

五代高之…1956年7月1日生まれ。東京都出身。1979年【西部警察】のオーディションに合格し、大門軍団の若手刑事役としてデビュー。俳優養成所「五代塾」の塾長。代表作【暴れん坊将軍】【警視庁・捜査一課長】など。

温水洋一(役:山崎岳海)

山崎岳海…「横浜龍凰会」の渉外担当。疲れたサラリーマンにしか思えない風貌だが、ふとした瞬間に凄みを垣間見せる、れっきとした“その筋”の男。円の度胸にほれ込む。

温水洋一…1964年6月19日生まれ。宮崎県出身。

田中 健(役:姫村教授)

姫村教授…法医学者。「おばあちゃん子に悪い人間はいない」と言って、円の捜査に協力してくれる。

田中 健…1951年3月6日生まれ。福岡県出身。1972年歌手としてデビューの後俳優へ。主な出演作、映画【青春の門】テレビドラマ【俺たちの旅】【マー姉ちゃん】【信長 KING OF ZIPANGU】【素晴らしきかな人生】【科捜研の女】など。

《第2話ゲスト》

大後寿々花(役:朝倉美緒)

朝倉美緒…被害者・喜美代の孫。両親を事故で失い、祖母の喜美代と2人で暮らしていたが、最近ひとり暮らしをはじめた。事件の第一発見者でもある。

大後寿々花…1993年8月5日生まれ。神奈川県出身。主な出演作、映画【北の零年】【SAYURI】【女の子ものがたり】【カムイ外伝】テレビドラマ【セクシーボイスアンドロボ】【シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎】など多数。

茅島成美(役:朝倉喜美代)

朝倉喜美代…美緒の祖母。頭部を壺で殴られて死亡した被害者。自宅でそろばん教室を開いていた。“町田のレディー・ガガ”とよばれるほど、奇抜なファッションを好んでいた。

茅島成美…1942年9月14日生まれ。東京都出身。1952年東映ニューフェイス6期生に合格し芸能界へ。以降多くの映画、テレビドラマに出演。主な出演作、映画【八月の狂詩曲】テレビドラマ【3年B組金八先生】【大好き!五つ子】など多数。

高杉 亘(役:朝倉健郎)

朝倉健郎…喜美代の長男。何もかも管理したがる母に結婚も就職も壊され、喜美代を恨んでいた。

高杉 亘…1964年11月4日生まれ。東京都出身。主な出演作、テレビドラマ【お金がない!】【やんちゃくれ】【踊る大捜査線】など多数。

鳥居みゆき(役:鶴見洋絵)

鶴見洋絵…喜美代の長女。あらゆることにケチをつけてくる母・喜美代を嫌っていた。

鳥居みゆき…1981年3月18日生まれ。秋田県出身。お笑い芸人、女優、映像作家、小説家、絵本作家と多彩な顔を持つ。劇団『東京ギロティン倶楽部』の中心メンバー。

なべやかん(役:鶴見浩久)

鶴見浩久…洋絵の夫。気の強い妻に逆らうことができない。

なべやかん…1970年8月22日生まれ。東京都出身。お笑い芸人なべおさみを父に持ち、自身もお笑い芸人としてオフィス北野に所属。2015年にテレビドラマ【武蔵忍法法伝 忍者烈風】2017年ー2018年には【妖ばなし】を監督、撮影、出演で参加している。

栗山 航(役:鶴見雄治)

鶴見雄治…洋絵と浩久の息子。現在、大阪の大学に通っている。両親同様、祖母の喜美代のことを嫌っており、その養女となった美緒に同情している。

栗山 航…1991年6月15日生まれ。東京都出身。モデルを経て2013年テレビドラマ【牙狼〈GARO〉~闇を照らす者~】にて俳優デビュー。他、【お義父さんと呼ばせて】【私 結婚できないんじゃなくて、しないんです】などに出演。

ドラマ【静おばあちゃんにおまかせ】の見どころ

なんと言ってもバラエティやCMで引っ張りだこの岡田結実が初主演のドラマという点が見どころとなるでしょう。全力で事件に挑む円(まどか)はテレビで元気いっぱいの岡田結実のハマリ役ではないでしょうか。本人も役柄について”似ているところがたくさんあったので、ドラマは初めてなのに“スッ”と役に入っていくような感覚がありました。”とコメントしています。ドラマ初出演にして初主演の大役も、おばあちゃん役のベテラン、草笛光子さんがしっかりサポートしてくれるでしょう。

記事内の画像出典公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク