【わろてんか】106回視聴率は21.5%!あさイチも受けたリリコの意味深おにぎりが話題!

【わろてんか】106回のあらすじと視聴率!

葵わかな主演の大人気NHK朝ドラ。

藤吉が亡くなったあと、社長に就任したてん(葵わかな)。

女興行師としてリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の漫才の向上に思い悩んでいたが…ヒントは思わぬところに!?

【わろてんか】全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】 …
「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…
スポンサーリンク

【わろてんか】106回の視聴率

【わろてんか】106回の視聴率は21.5%!

【わろてんか】106回のあらすじ

てん(葵わかな)はリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の漫才は最初の方が勢いがあったと思い悩む。

面白かった勢いの正体は何か。その理由を突き詰めれば解決すると伊能(高橋一生)に助言された。

キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)は台本が面白いから緊張し過ぎてると指摘された。

隼也(成田凌)は風太(濱田岳)から売店の売り子を任せられたがさっぱり売れない。

ただのまんじゅうだから売れないと言う隼也。亀井(内場勝則)が、「冷やし飴ゴーロゴロや」とその昔てんが工夫をして寄席の売り上げを増やしたことを語る。やる気を取り戻した隼也は似顔絵を書いて…。

てんは、万丈目夫婦のいつもの掛け合いを見て笑っていると、ふとリリコたちの初高座もこんな感じだったと気づく。しゃべらない漫才だった。

【わろてんか】106回の感想

【わろてんか】106回のまとめ

リリコと四郎が何だか良い雰囲気になってきました。

あさイチでも司会交代の正式なお知らせの前に、恒例の朝ドラ受けをしてくれました。

おにぎりを話題にしてました。確かに不恰好でも美味しそうです。

しかもリンゴすら上手くむけないリリコがおにぎり、意味深です。ひょっとして……。

てんが思いついた「しゃべらない漫才」!

これは土曜日にリリコと四郎の漫才が見れそうで今から楽しみです。

冷やし飴もなつかしい、つながりある構成は相変わらず巧いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク