【BG~身辺警護人~】2話の視聴率とあらすじ!狙われた裁判官!犯人の予想外な目的は?

BG〜身辺警護人〜

初回視聴率15.7%と好スタートを切ったキムタク主演ドラマ【BG~身辺警護人~】。
ストーリー的にも斎藤工がいきなり辞めたりと予想外の展開が面白いですね。

それでは、【BG~身辺警護人~】2話の視聴率、あらすじ、感想について紹介します。

2018年1月18日よりTV朝日系列にてキムタク主演ドラマ【BG~身辺警護人~】が放送中。 キムタク主演ドラマとしてはTBS系…
2018年1月18日よりTV朝日系列にてキムタク主演ドラマ【BG~身辺警護人~】がはじまります。「エンジン」以来、井上由美子さんと1…
スポンサーリンク

【BG~身辺警護人~】2話の視聴率

【BG~身辺警護人~】2話の視聴率は15.1%。

【BG~身辺警護人~】2話あらすじ

BG〜身辺警護人〜 第2話

人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅の自転車が放火されるという事件が発生しました。裁判官である行永には警視庁のSPが警護に当たりますが、妻・亜佐美(大塚寧々)は警護対象ではないため島崎章(木村拓哉)のいる日ノ出警備保障にボディーガードの依頼がありました。

行永は一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控えており今回の放火は行永への脅迫行為だとみて警察は捜査をしています。

警備のために行永宅を訪れた菅沼まゆ(菜々緒)と章に対して亜佐美は「武器を持たないなら一般人と一緒」と批判的な態度を取ります。

また夫・行永が出勤すると章たちをお手伝い代わりに食器洗いや玄関の掃除などを命じます。そして外出した亜佐美の警護についた章たちですが途中で監視する視線に気が付きますが怪しい人物は見つけられませんでした。

一方SPの落合(江口洋介)の元に厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)から電話が入りました。自分を警護してくれないのかと言う立原に対して落合は「自分は先生の専属SPではない」と言います。

また章たちの上司である村田五郎(上川隆也)は先日身辺警護課をやめた高梨(斎藤工)の元を訪ね身辺警護課に戻ってくれるように説得しますが高梨は受け付けません。

そのころ章たちは亜佐美をガードして美容室に来ていました。美容室から出てきた亜佐美は人に会いたいので1時間だけ1人にしてほしいと頼みます。
その相手は不動産会社の営業マンでした。

話をしている顔を見て「女の顔になってる」と話す菅沼に対して章は買い物で買った靴が入った紙袋がなくなっていることに気が付き疑問に思います。

不動産会社の営業マンと何かトラブルがあったのかと問う章に対して亜佐美はクビを宣告します。
クビを宣告された章は自分の代わりに同僚の沢口正太郎(間宮祥太朗)を警護につけ自分は依頼人である行永に報告に行きました。

クビになった経緯を報告している中で亜佐美が合っていた不動産会社の営業マン三上(石黒英雄)が行永が判決を下そうとしている「老人ホーム殺人事件」の関係者である可能性が浮上してきました。
行永は章に妻を連れ帰ってほしいことと警察にも事情は伏せておいて欲しいと頼みます。

章は上司の村田に報告し菅沼たちと合流しましたが亜佐美は菅沼たちの隙を突き姿を消してしまっていました。自分の責任だという菅沼と沢口に対して「責任なんて取れない。ボディーガードは一度失敗したら終わり」と伝えます。
「まだ失敗したわけじゃない」という章の声で亜佐美を探すことにしました。

章が亜佐美をみつけたのはトランクルームでした。裁判官の妻として窮屈な日常を送る中で唯一一人になれる空間だったのです。そしてこの部屋を紹介したのは三上でした。

警察に報告すべきかどうか迷っている村田の元に高梨が現れます。迷っていることを伝えると「クライアントのいうことは全てではない。課長はあの人に振り回されるべきではない」と言い背中を押された村田は落合と行永の元に行き全ての事情を話します。

三上は過去に行永が判決を下したストーカー事件の被害者の婚約者でした。執行猶予が付いたストーカーを恐れた婚約者が自殺をしてしまったために行永を逆恨みしていたのでした。

章も亜佐美に全ての事情を話し自宅へ連れ帰ろうとしたときエレベーターの中に閉じ込められてしまいます。
エレベーターが開いたとき三上が待っていました。襲い掛かる三上から亜佐美を逃がしエレベーターの中で戦う章。
死闘の末、三上を押さえつけ警察が突入して三上を逮捕しました。

事件解決後、村田から高梨が身辺警護課に復帰することが発表されました。また帰宅途中の章をつけてくる車がありました。乗っていたのは立原でプライベートでの警護を依頼したいということでしたが「ボディーガードの依頼は会社を通してください。」と断ったのでした。

【BG~身辺警護人~】2話の感想

“BG2話も最高だった〜〜 拓哉アクション迫力ありすぎて 演技にみえない。リアル。。 全力すぎてかっこよし、、、 来週もたのしみすぎ😭🖤”
“BG2話、良かった〜〜 面白かった(笑) キムタクのお姫様抱っこ さすがです😅 裁判官のプライベート警護の 切り口が素晴らしい。 人間ぽい。”

【BG~身辺警護人~】2話のまとめ

今回も先が読めない面白い展開でしたね。狙われていたのが裁判官ではなく奥様であるというのは可能性としては高かったと思うのですが、犯人が関わっている事件が老人ホーム殺人事件なのか別の事件なのかと言うのは予測が難しくて面白かったです。

また前回突然辞めた高梨があっさりと復帰したのは驚きました。また章の過去についても調べたようですね。

【BG~身辺警護人~】の情報が出始めたときにネット上の予想で多かったのがキムタクの恋愛対象でした。今回はボディーガードと言う職業上からも発表されているキャストからも恋愛は描かれにくいかなと思っていましたが、唯一可能性として考えられていたのが石田ゆり子でした。

今回、江口洋介とキムタクにボディーガードを断れた時の寂しそうな表情などからも三人の恋愛がらみの話も今後は出てくる可能性がありますね。

とはいえ、キムタクの役柄は中学生の子供を持つ親でもあるし、若いころとは違った恋愛が描かれるのではないかと楽しみにしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク