【わろてんか】85回のあらすじと視聴率!高橋一生と銀粉蝶の親子愛に泣かされる!

2018年1月14日

葵わかな主演、NHK朝ドラ【わろてんか】第15週・第85回が1月13日土曜に放送されました。

倒れかかる家に入ってまで伊能のへその緒を取りに行った実の母親・志乃(銀粉蝶)は捨てていない…てんは必死に伊能栞(高橋一生)を説得。

キースとアサリのコンビも復活で…

今回は【わろてんか】85回の視聴率、あらすじ、感想まとめ

スポンサーリンク

【わろてんか】85回の視聴率

【わろてんか】85回の視聴率は19.2%!

20%台から落ちたものの高視聴率はキープ。

これまでの視聴率の一覧はこちら。

【わろてんか】85回のあらすじ

てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は志乃(銀粉蝶)のお別れ会を開催する。

てんは、志乃の息子である伊能(高橋一生)を招待。

しかし伊能は現れない。


東京のお母ちゃんのためにキース(大野拓朗)が代わってあいさつをしようとした時、やっと伊能が現れた。

へその緒を返しにきた、と伊能。志乃は要らないよとそっぽを向く。キースがかまどから拾ったのだった。

幼少から身寄りのなかったキースは、東京でよく志乃から自慢話を聞いたという。生きわかれになった息子の話しをいつも嬉しく語ってくれた・・・

「これ、へその緒やろ、うちにあるで。」

と、隼也は木箱に書かれた名前「栞」の意味を尋ねた。


 

志乃「道しるべ、っていう意味さ。

森の木に一本、一本、目印を付けて歩くように

己の人生、道に迷わず、

たくさんの人を導いていって欲しい、

そういう願いを込めて付けた名前や」

最頑として志乃を許そうとしない伊能だったが、母が栞という自分の名前に込めた深い思いを聞き、伊能の心は大きく揺れ始める。

子どもの頃に一緒に活動写真を見に行ったとき…

伊能「あなたはいつも楽しそうだった。

だから僕は人の心を豊かにする活動写真を作りたいと思った。

今の僕があるのはそのおかげです。

ありがとうございます」

伊能は頭を下げて、志乃は泣き出した。

志乃「泣いてなんかないよ!」

嬉し泣きだった。


そして志乃は東京に帰る。その間際、伊能の新聞コメントを見せた。大阪府から感謝状をもらい、

伊能は「これからも人の道標(みちしるべ)となれるやう、誠実に一歩ゝゝ歩んでいきたいと思ひます」

とコメントがあった。伊能は送りに来て小料理屋の開業資金を渡した。

もらえないと返す志乃に、借りてください、20年はかかります。

それだけ長生きしろってことだよ、と解説するキースに免じ、受け取った志乃は「キーちゃんもずっと息子だよ」

志乃は感謝し東京へ帰った。

笑顔を見せた志乃、真顔の伊能だった・・・


そして待ち人、風太が帰宅。歓迎された。トキは風太に泣きついた。

風太はお守りのおかげやと感謝した。

2週間後、復興支援の風鳥亭は大盛況。東京進出も進んだ。

【わろてんか】85回の感想

泣かされた視聴者が多数!

ポイントは2点。

①伊能と志乃の親子愛に泣かされる!

名前に込められた母親の想いで心を許した伊能さん。

けれど真顔で見送り、ただ「お母さん」とは呼ばなかったですね。

その切なさがまたグッときます。

高橋一生さん自身も、今は亡き母親と確執があったことを何度かインタビューで語っているため、重なって見てしまいますね。にじみ出る見えない何かが演技に現れています。

②トキと風太の再会にも、もらい泣き。

難点は、説明過多。映画のように集中しない前提のテレビは昔からそうなのですが

・「嬉しいってこと」とてんが説明したり

・「長生きしろってことや」とキースが開業資金を説明したり

無い方が良いのですがそこへ目をつぶれば泣ける回でした。放送序盤のご都合展開が嘘のような秀逸な脚本と演者たち。藤吉とてんのラブロマンス・バカップルについていけず、脱落した視聴者もいるようなので残念。

「わろてんか」ここにきてグッと良くなって好評です。

Posted by Jima