【精霊の守り人~最終章~】7話視聴率は6.3%!傷ついたタンダと再会。バルサの決断は?

精霊の守り人~最終章~

前回、タンダが危機にさらされたところで終わりましたが、果たして無事に逃げられるでしょうか。またバルサはタンダと再会できるのか気になりますね。

それでは、【精霊の守り人~最終章~】7話の視聴率、あらすじ、感想について紹介します。

スポンサーリンク

【精霊の守り人~最終章~】7話の視聴率

【精霊の守り人~最終章~】7話の視聴率は6.3%。

前回よりも0.5ポイントアップと少し回復しました。これまで苦戦していますが、クライマックスに向けて上げてくることができるでしょうか。

【精霊の守り人~最終章~】7話あらすじ

精霊の守り人~最終章~ 第7話

バルサ(綾瀬はるか)は、タンダ(東出昌大)を探している途中でタルシュ帝国の攻撃から逃れてきたマーサ(渡辺えり)やアスラ(鈴木梨央)たちと再会しタンダの身を案じていました。

またタルシュ帝国の兵士に見つかったタンダでしたがタルシュ帝国の兵士は力づくで奪うことはしない。欲しいものがあればお金を払って買うと伝えます。

マーサはアスラ(鈴木梨央)とチキサ(福山康平)だけでも逃がしてやれないかとバルサに相談します。そこでバルサはマーサにカンバル王国に避難することを提案します。

そのころ新ヨゴ国では帝(藤原竜也)は戦の勝利を願って祈っていました。ガカイ(吹越満)に聖導師(鹿賀丈史)が裏切っていることを聞かされた二ノ妃(木村佳乃)は帝の元に行き一緒に籠ると伝えます。

またシュガ(林遣都)はガカイを自らの師匠であるトロガイ(高島礼子)に引き合わせトロガイはもうすぐこの国がなくなると伝えます。

新ヨゴ国のヤズノ砦ではタルシュ帝国の猛攻が行われていました。優勢に戦いを進めるタルシュ帝国ですが一旦攻撃の手を休め兵の疲れをとることを選択します。

カンバル王国を目指していたバルサは途中で盗賊に襲われている一行を助けました。そこにはコチャ(とまん)がいてバルサにタンダが生きていることを伝えタンダのいるところへ案内してきました。

コチャの姉・ヨーナ(マギー)に看病してもらっていたタンダですが、足のケガが悪化して壊死していた。このままではタンダの命が危ないということで足を切ることを決断します。

そのころ新ヨゴ国では二ノ妃が自らの器と帝の器を取り換えていることに帝が気づき問いただします。その問いに対して二ノ妃はガカイから聖導師が敵と内通し裏切っているという話を聞いたことを話します。

タンダの足を切ることを決断したバルサでしたが、あいにく武器になるものは全てとりあげられているため足を切るのに満足する道具がありません。そこでバルサはタルシュ帝国の兵士に剣を貸してくれるように受け入れてもらえず力づくで剣を奪おうとタルシュ兵と戦います。

そこにヒュウゴ(鈴木亮平)が現れてバルサを見逃します。そしてバルサはタンダの足を切り落とします。

一方ヤズノ砦では新ヨゴ国がタルシュ帝国の攻撃により陥落寸前となっていました。玉砕覚悟で討って出ようとしたとき援軍が現れました。

チャグム(板垣瑞生)率いるカンバル王国とロタ王国の連合軍の到着でした。

【精霊の守り人~最終章~】7話の感想

【精霊の守り人~最終章~】7話のまとめ

ついにタンダと再会したバルサでしたが足を切り落とさないといけないというのは辛いシーンでした。また麻酔もない状態で剣で足を切り落としのは見ているほうも目をそむけたくなるぐらいリアルでした。

また今回は戦は単純に善悪で決められないということもしっかりと描かれていましたね。ここまでの話の展開ではタルシュ帝国は力づくで他国を攻める悪と言う描かれ方でしたが今回のお話では傷ついたタンダの命を奪うこともなく力づくで略奪するわけでもなく必要なものはお金を払って買うということでした。

また一方で攻められている新ヨゴ国の帝は何の策も練ることもなく祈るのみ。また戦に民を駆り出すという非道なことも行っています。

単純に勧善懲悪で終わらないというのも、このドラマの見どころではないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク