【トドメの接吻】熱いキスシーンとイケメンで内容より目の保養?注目の今後の予想は?

2018年1月7日開始の日曜ドラマ【トドメの接吻】。

1月7日に【トドメの接吻】1話が放送されました。

1話放送後には様々な世間の反応がありました。

そこで、世間の反応を織り込んでのドラマ解説と見どころ、予想などをご紹介したいと思います。

【トドメの接吻】が2018年1月に放送スタート。 主演、山崎賢人で送る話題の連ドラ初主演作品。 クズなイケメンホストが毎話、キス…
スポンサーリンク

【トドメの接吻】の放送後の世間の声

トドメの接吻といえば、放送前から多くの感想があった『豪華『イケメン』というキーワードが多数ありました。

主演・山崎賢人さんは、ラブストーリー系ドラマ・映画にも多数出演し、ドラマ『好きな人がいること』(2016年フジテレビ)。

映画『L・DK』(2014年)・『ヒロイン失格』(2015年)・『orange(2015年)』『四月は君の嘘』(2016年)・『一週間フレンズ。』(2017年)など、少女漫画原作の作品に多数出演していて、女性ファンが多いです。

また【トドメの接吻】出演中の新田真剣佑(あらたまっけんゆう)さんや佐野勇斗(さのはやと)さん志尊淳さんも女性ファンが圧倒に多い俳優さんなので、放送前から世間は話題で持ちきりでした。

確かに、今を活躍する人気俳優が集結したので、原作なしのドラマでも見ごたえは充分とは思いました。

それでは、1話放送後の世間の声をご紹介します。

“#トドメの接吻 ちと怖いけど、これは面白かった! 何より、目の保養になる・・・”

濵田愛梨 (@Rysk_0811)さん 高校生1-9→2-6/ 軽音部 / Ryosuke Yamada / Rika Watanabeの最新ツイートと返信

“トドメの接吻みてるけどかっこいい人しか出てこないwwww”

1話放送後、イケメン俳優が多数出演とのこともあって、「目の保養になる」「かっこいい!」という感想で溢れていました。

一方で、山崎賢人さんの熱いキスシーンが多数あり、歓喜する視聴者もいれば、見たくないといったファンの方も多かったです。

内容的には、ドラマ名にも『接吻』というワードがあるだけあって、1話からキスシーンが盛りだくさんでした。(リビングで家族で鑑賞…といった感じではないです。)

その他にも内容重視で考察している方もいました。

タイムリープといった難しいワードに、何が鍵になってタイムリープが起こっているのか!?と予想している方もいました。

原作がない分1話ではまだまだ分からないのですが、世間の予想もご紹介します!

誰が犯人?予想まとめ

多数あったのが、山崎賢人さん演じる旺太郎の弟が真剣佑さん演じる尊氏なのではないのか?といった予想がありました。

確かに冒頭では旺太郎と弟が船の事故で弟が行方不明になり、未だ見つかっていません。

(1話では今も必死に捜索している旺太郎の母のシーンがありました。)

尊氏は社長を継ぐために養子になったと言うことで、まさか…?の世間は兄妹なのでは?という声が多かったです。

ドラマならではの関係性、運命など考えるともしかしたら…と思います。

また、毎回キスで殺すオンナ(門脇麦さん)は何故キスで殺すのか?といった予想ですが、キス女は旺太郎を守るためにキスをしてタイムリープさせているのではないか?という予想が多かったです。

キス女は「あなた殺す」ではなく、「あなた死ぬ」と何度も旺太郎と接触する際に言っていたのが印象的です。

その言葉の意味も含めて、キス女は旺太郎を殺そうとしている誰かから守っている…ということでしょうか。

今後更に予想する意見が増えますね!

見逃せない内容に、ファンもドラマ視聴者も注目です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク