【リピート】1話のあらすじと視聴率!ぱるるキスシーンにネット騒然も視聴者は本郷奏多も心配

2018年1月12日

【リピート】1話のあらすじと視聴率!

「イニシエーション・ラブ」の乾くるみ原作ドラマが1月11日木曜深夜、読売テレビ系列で放送スタートしました。

貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリらが10か月前にタイムリープ!? 待ち受ける運命とは…

今回は【リピート~運命を変える10か月~】1話の視聴率、あらすじ、感想まとめ。

スポンサーリンク

【リピート】1話の視聴率

【リピート】1話の視聴率は3.8%!

【リピート】1話のあらすじ

2017年10月10日。図書館司書として働く篠崎鮎美(貫地谷しほり)は子供たちに読みかせをしていた。パリに長期出張してこの3ヶ月会っていない。

思いを口にできない日々。一樹に出会ったのは一年前。夏目漱石を外国の人に話したいから教えて欲しいと言われ、思わず話しこんだ。やがて付き合いはじめて…

24日に帰国したら話したいと一樹から連絡があった。プロポーズかもと浮かれていたとき非通知の電話が…。

電話の男から「1時間後に地震が起きます」といわれた。

イタズラかと思ったが、電話が切れた1時間後に予言通りに地震が起こり、鮎美は驚く。

先ほどの男から再び電話があり、男は「風間」と名乗って、「未来から過去のある時点へと戻って人生をやり直しているので、未来に起きることをすでに知っている」と言う。

風間(六角精児)はその時間旅行を『リピート』と呼び、鮎美をゲストに誘う。理由はたまたま電話しただけだというが…。

由子(島崎遥)は毛利圭介(本郷奏多)の部屋でキスをした後、お金をあげるからキャバクラのボーイをやめてと迫る。犬の首輪を圭介につけて由子は笑った。

2017年12月16日。鮎美は毛利圭介(本郷奏多)、天童太郎(ゴリ)を含めた見知らぬ男女8人が中華料理屋に集まった。

ほかの五人は…

  • 横沢佐知子(手塚理美)…主婦
  • 高橋和彦(福田転球)…トラック運転手
  • 大森知恵(安達祐実)…食品化学の研究
  • 郷原俊樹(清水圭)…会社員
  • 坪井要(猪野広樹)…予備校生

やり直せるのは今年の2月24日の夜と決まっていた。競馬で大きく儲けることもできる。と、大金を見せた風間。

天童はなぜできるのか問うと、時空の裂け目を見つけたからという。幸運を独り占めするのがもったいないと感じ、1度きりを条件に招待した。

他の条件は…

  • 秘密を漏らさないこと。
  • リピート後も普段どおりにすること。
  • 生き死にを変えるなどしないように。

信用してもらえるように、風間はまた地震を予言し、お金を渡した。

予言が当たれば、天童はリピートするという。インスタ映えするスイーツを先に売り出したい。

圭介も競馬で金もうけのためリピートに賛同。鮎美は結婚するからリピートしないつもりだったが…。

2017年12月24日、レストランにて。鮎美は恋人の久瀬一樹に突然、別れ話しをされた。

理由は、2月25の鮎美の誕生日が原因。プロポーズの予定がタイミングが狂った日。

その日、携帯が水没し、図書館で子どもが倒れて救急車に付き添い、一樹との食事には行けなかった。外で帰る一樹に会ったが雨に降られて最悪な日になった。

一樹は「好きな人もできた」と付け加えてレストランから去った。

そして地震が起きた。予言が当たり、鮎美はリピートを決意。

――2018年1月11日。全員、10か月前へ遡る『リピート』の旅へ出ることになった。

トンネルに入り、途中から歩いていくなか、天童は目印をつけるがリピート先では消えるという。天童は景色を覚えろと圭介やな耳打ちした。

やがて光に包まれ…

過去の2月24日に戻った先では、鮎美はベッドに一人いた。圭介は道路に倒れた。由子と初デート中。まだ優しい時期だ。

翌日。クリスマスイブにして鮎美の誕生日。鮎美は運命を変えようと、携帯を落とさないし、少年の怪我を防いだ。

今回の鮎美は一樹との待ち合わせに間に合った。食事をして、ケーキのロウソクの火を消した。

指輪がケーキの中に?と思ってたら、ない。しかし帰り道に指輪を渡してくれてプロポーズされた。急に降ってきた雨に、鮎美は傘を差し出す。二人はキスをした。

翌日。鮎美は指輪を大切に見ながら、中華料理屋に集まった。

しかしトラック運転手の高橋が来ていない。

風間によると、亡くなったという。

【リピート】1話の感想

「面白い」の声が多いです。

原作も気になってしまいますね。

おちを予想する人も多いです。

運命を変えようとしたら、何かしら影響が出てしまう。かもしれない。

そんな展開でした。

あと、島崎遥 ぱるるのキスシーンと犬呼ばわりする「S」シーンが話題。

安心する人もいれば、ショックのファンもいて、ネットがざわつきました。

実は本郷くん側からも心配の反響がありました。

潔癖症はバラエティーで話してますから気になってしまいますね。

原作は圭介が主人公でしたが、

鮎美の視点で描くドラマ版もまずは好スタートです。

風間役の六角さんも怪しさ全開で、次回も見逃せまん。

Posted by Jima