【トットちゃん!】57話のあらすじと感想!徹子・清野菜名の秘密の恋と仕事、可哀そうと話題

【トットちゃん!】最終週・第57話が12月19日(火)に放送されました。

黒柳徹子さんの半生を描くテレビ朝日系・昼帯劇場の第2弾。

今回は【トットちゃん!】第57話のあらすじと感想、まとめ。

スポンサーリンク

【トットちゃん!】57話のあらすじ

カール・祐介・ケルナー(城田優)の東京で開いたコンサートで、徹子(清野菜名)は司会を務めた。祐介はいったんステージに登場したものの、ピアノに触れることなく、立ち去った…。

徹子は楽屋をたずねると「必ず弾くから大丈夫」と顔を出してくれた。

「ステージで待ってるわ」徹子はお客さんのもとへ駆け込み、話しをつないだ。

佑介との思い出話しで笑いを巻き起こすも帰ってこない佑介。付き人は、佑介は帰ったから払い戻しにする、病状もいえないという…。

その夜。ホテルの佑介を見舞う。彼の手がかすかに震えていた。

目をつむる佑介に私がいた方がいいかと尋ねる。いない方がいいと言う佑介のもとを徹子は笑顔で「わかったわ、お大事に」と立ち去った。

徹子は佑介との出会いを思い出す。

つらくても徹子には毎日仕事があった。月・火は「徹子の部屋」収録6本、水・木は「ふしぎ発見」や取材、金曜は「徹子の部屋」の打ち合わせ、土日も仕事があった。…脳腫瘍の医者の話しが話題に出て徹子は佑介を思った。本屋も医学コーナーを見てしまう徹子。

パリの家に戻った佑介からFAXがきて、「東京のことは許してほしい」とあった。徹子は夜空を見あげ、きらきら星を唄う。

【トットちゃん!】57話の感想

【トットちゃん!】57話のまとめ

佑介が脳腫瘍!?……秘められた恋人との悲しい話し、になりそうでつらいです。けれど、こんな時でも笑顔で懸命にお仕事を頑張っている徹子さん。

「やりたいこと」とはいえ、仕事とはやはりつらいもの。ドラマとはいえ徹子さんの体に障らないか心配です。

予告ではNHK朝ドラ「チョッちゃん」が!?最終週なのに勢いが止まりません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク