【脳にスマホが埋められた!】1話のあらすじと視聴率。伊藤淳史演じる脳内スマホ人間って!?

7月6日(木)ついに始まりました。読売テレビ、新ドラマ「脳にスマホが埋められた!」

放送前からあの大人気作家、鈴木おさむさんが手がけるということと、実力派俳優 伊藤淳史さんがまか不思議な脳内スマホ人間を演じるということでストーリーにもキャストにも期待が大きかったです。

今日はリアルタイムで観た人も見逃した人も【脳にスマホが埋められた!】1話のあらすじや視聴率を確認し、2話に備えましょう!

スポンサーリンク

脳にスマホが埋められた!1話視聴率

脳にスマホが埋められた!初回視聴率は3.7%

まずまずですが、性別年齢問わず楽しめる内容となっていましたので、これからうなぎのぼりが期待できます!!

脳にスマホが埋められた!1話あらすじ

アパレル会社「エクザルトン」に勤めるサラリーマン、折茂圭太(伊藤淳史)。ごくごく平凡な人生だった。そう4日前までは…。

前兆は4日前から!?

いつも通り出勤した圭太は突然、小堀課長(戸田昌宏)に呼ばれる。不思議に思いながらもついていくと衝撃な話が。「折茂圭太、リストラ候補」。所属する総務課から1人辞めさせなければならないことになり、その対象にさせられたのだ。寝耳に水の圭太は肩を落としながらも、小堀から渡された「希望退職」の用紙を手に持ち席に着く。

そんな様子を見た竹ノ塚係長(池田鉄洋)、そして女性社員 蜂谷(野村麻純)・臼田(ぼくもとさきこ)・栗山(篠田麻里子)たちから慰めの言葉をもらうが、みんなの圭太への扱い(雑用)は変わらない。

圭太には仕事を辞めれない理由があった。半年前に離婚した妻に養育費を払わなくてはいけない。かわいい1人娘 愛花(高嶋琴羽)のために、そして妻と復縁するために!と心を奮い立たせる。そんなとき愛花に会うとスマホでゲームをしていた。「いつの間にスマホを!?」問いただすと愛花は平然と答える。「ママの彼氏から買ってもらったの。2人結婚するかもって。」

リストラ候補に、妻の彼氏の存在に…圭太はやり場のない気持ちをかき消すかのように夜、ジョギングに出る。途中ベンチに腰を掛け手首にある長い毛に話しかける。「ねぇ、ケビン。僕はどこで間違ったんだろう。」その時、流れ星が見えた。まばゆい光をもつその星は、圭太の目の前に接近してきて!?

脳内スマホ人間誕生

目が覚めると時刻は午前8時15分。このままでは遅刻してしまう!急いで会社に向かう圭太。だけど、何かがおかしい。通る人のスマホの中身が吹き出しで表示される!?なんだこれ!!

訳が分からないまま会社に着くと、圭太は3日間無断欠勤していた事実を知りさらに驚く。記憶にないのだ。そんな圭太をよそに女性社員の「早く辞めればいいのに」など圭太のことをけなすニャインのメッセージが見えてしまい、自分の身に何があったのか、こんがらがる頭を抱え一人屋上に向かう。

「ケビン、僕はどうなっちゃったんだろう。」そこにパタンナーとして勤める契約社員、石野柳子(新川優愛)がやって来た。圭太にスマホで会話をしてくる柳子。そして圭太に自分のスマホのメッセージが見えているのを確信すると、「やっと会えた!スマホ人間さん!」と喜ぶ。「ネットの都市伝説で知ってから、ずっと探してたんです。私にあなたを研究させてください。」

事件発覚!

その晩、竹ノ塚と飲みにいった圭太。入社からずっとお世話になっている大好きな先輩だ。飲みの途中、スマホに女性社員からニャインが入り、メッセージを返す竹ノ塚。当然圭太にはそのメッセージがみえてしまうが、そこには信じられない言葉が。「折茂君、まだ会社辞める気ないみたい。」「最初のリストラ候補は俺だから、辞めてくれないと俺がクビ切られる。みんな引き続き折茂君辞めさせるの協力宜しく。」信頼している先輩の裏の顔にショックで言葉を失う。

家に戻った圭太は着替えようとすると、変な所を押してしまいスマホのアプリが起動する。どうしたらいいかあたふたしているところに柳子が訪ねてきた。スマホの扱い方を教えてもらい電源を切った圭太は落ち着きを取り戻し、さっきあった竹ノ塚の話をする。その話を聞いた柳子は激怒し復讐しようと言う。だけどお人よしの圭太は恩人の先輩にそんなことできないと首をふる。見かねた柳子は声を大にする。「牙をむいてきた時点で恩人も何もないでしょ。ケビンの存在をばらされたくなければ私の言うとおりにしてください。」こうして脳内スマホ圭太と柳子の復讐劇が幕を開けた。

脳内スマホ能力発揮!

【ミッション1】鼻歌を歌いながら出社し罠をかける

昨日まで青ざめた顔をした圭太に何があったのかみんな興味は深々。「実は人事部から呼ばれて。リストラ候補から外れたんです。なんでもどうしてもリストラしたい人がいるからって。」竹ノ塚は動揺を隠せず即座に女性社員にニャイン。「今日の昼休み時間を下さい。」…かかった!

【ミッション2】証拠を録音する

昼休み、竹ノ塚と女性社員が話しているところを録音成功。そこには竹ノ塚が偽装してでも圭太のミスの実績をつくという悪質な会話が。柳子はその録音内容を人事部にメールしようとするが、圭太はそれを阻止し録音データを持って行ってしまう。そして竹ノ塚を呼び出しその録音を聴かせる。竹ノ塚は開き直り「生き残るためには卑怯な手が必要なんだよ。」圭太も負けじと返す。「竹ノ塚さんは昔僕に言ってくれました。どんなに不器用でも真面目にコツコツ取り組めば成果が出るって。僕はその言葉のおかげで頑張れてます。」

優しい心Ⅹ脳内スマホ機能は最強!

背中を押された竹ノ塚は自ら会社を辞め、ラーメン屋へ修行に出た。また柳子はこの一件で脳内スマホ機能以外の圭太の持つ内面的なものにも興味を示す。そんなある日会社に黒部社長が現れ、柳子は黒部社長との過去の記憶が蘇る。一方、圭太は家に戻るとシェアハウスの入居者が引っ越してきたのを知り喜ぶのもつかの間、その入居者とは「柳子」だった!!なんで君が!ここに!!?

脳にスマホが埋められた!1話感想

さすが!の一言でした。期待を裏切りません!

まず、ストーリー。あり得ない世界観なのになぜかぐいぐい吸い込まれる。今やみんなが使っている「LINE」アプリが「ニャイン」アプリとして登場しました。人が話す言葉よりスマホの言葉が本音というのは、あるあるすぎて怖すぎます…。

そして伊藤淳史さん。彼の演技に実際伊藤淳史さん経験したことあるんじゃないの?と疑ってしまうくらい(笑)自然体でした。面白かったです。また新川優愛さんは安定の可愛さでしたし、なにより出てくる女性人物オシャレです。やはり設定がアパレル会社だからでしょうか?服装・髪型、皆さんばっちり決まってます!女性の方はファッション面にも注目できストーリーと同時に楽しめそうですね。

2話ではどんな事件が起こるのか、楽しみに待ちましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク

『【脳にスマホが埋められた!】1話のあらすじと視聴率。伊藤淳史演じる脳内スマホ人間って!?』へのコメント

  1. 名前:エルメス 投稿日:2017/07/13(木) 09:48:05 ID:38f91ca67 返信

    電車男が今度はスマホ男かぁ~、性格はそのままの真面目なダメ男なんだね。非現実的ながら無理なく話についていけたのはやっぱニャインでのやり取りがリアルだったからかな?面白かったのでまた観ます!