【奪い愛、冬】4話感想と水野美紀&三浦翔平のおもしろシーン!爆笑と恐怖の謎のコラボ!

2017年2月11日

2/10日放送の【奪い愛、冬】の4話、皆さんご覧になりましたでしょうか。

私は深夜に真っ暗な部屋で見ていたせいで「殺す気かっ!!」と小声で絶叫しながら画面にくぎ付けになってました。

感想を拾っていると多くの方が見ながら大絶叫したようです、自分だけじゃなかったと安心しました。

このドラマを見ているといろんな意味で心臓と表情筋に負担が掛かりますね。

「死因:水野美紀」の被害者が生まれないと良いですが…

さて、今回は【奪い愛、冬】4話の感想と水野美紀&三浦翔平のおもしろシーンまとめです。

二人の狂気の演技に是非ご注目下さい。


関連記事一覧


スポンサーリンク

【奪い愛、冬】4話の水野美紀&三浦翔平のおもしろシーンまとめ

【奪い愛、冬】4話の最恐シーン

4話ではこのシーンが最も話題を呼びました。

絶叫した方の9割はこのシーンだったと思います。

信は光からバレンタインチョコをもらい、「これで最後」という光の言葉を受け入れるかのように悲しげに去って行きます。

その後ろ姿を光は今までの思い出を噛みしめるように見つめていました。

穏やかで切ない挿入曲が名残惜しい二人の別れを演出中。

と、ホラー映画でよく聞く効果音と共に、横から隼のごとくカットインしてくる蘭(水野美紀)。

蘭「スパイが見張ってるよー」

絶叫モノのホラーシーンでした。

ところでその右手は何でしょう。

光は心肺停止の様相。

蛇に睨まれたカエルとはこういうことですね。

感情がぐちゃぐちゃな表情を見事に表しています。

三浦翔平の狂気の表情

「三浦翔平怖すぎる」と話題になったシーンがいくつかありました。

この人は目力があるので目を見開くと本気で怖いですね。

「や…やばい人だ…」と感じさせる演技の数々、ご覧ください。

 

まずは冒頭のシーン。

前回3話で信のマンションに入って行く光を目撃した後日、会社で光にプレッシャーを与えていくところです。

コーヒーを淹れに行った光の元へ。

「俺を裏切るような事した?した?」

質問すると同時に首を傾けます。

そしてその角度を保ったままぐるっと振り向きます。

後ろめたい光は目が見れません。

まるで異世界の生物のような、何かに憑りつかれているような動きでした。

 

次は光と信のキスしている写真の拡大版が送られてきた時の表情です。

もう包みが送られてきた時点で嫌な予感しかしなかったわけですが、普通に的中。

また目が見開いちゃいました。

そして否定しようとしない光を見て…

まぁこうなっちゃいますよね。

止めようとした礼香(ダレノガレ明美)もぶっ飛ばしていました。

 

秀子(秋元才加)から光は信と会いたいから蘭の脅しに屈服しなかったと聞いた。

そしてバレンタインの日、出張でいないはずの取引先に会いに光が向かった事を知り後をつけた康太。

そこで目撃したのは信が「俺はまだ光のことが好きだ」と言う衝撃的なシーン。

遠くからその様子を見ていた康太でしたが…

3人の方に向かっていきます。

これはもう誰かを殺そうとしている雰囲気ですね。

普通に考えれば怒りの矛先は信に向くはずなんですが光にいってしまう可能性もあります。

次回は大波乱が待っています。

【奪い愛、冬】4話の感想まとめ

コテージで光と康太の部屋まで聞こえてくる蘭の一方的な愛の声。辛そうにする光。康太は光の耳を塞いであげました。3つ子の確率は1000回に1回、全ての子供が無事に生まれてくる確率はなんと2億分の1だそうです。蘭さん、諦めて3回に分けましょう。

同じこと考えてました。もう確実にトラウマになりますよね。学校の怪談に出てきたテケテケ以来です。

秀子(秋元才加)の一言。首にリボンを巻いて「食べたら教えてあげる」と康太に迫ります。実際にいたら本気でヤバイやつだと思います。

【奪い愛、冬】最終回の予想

次回の5話からいよいよ反撃が始まります。

対象となるのは…本気で怖い水野美紀、異常な嫉妬を見せる三浦翔平、裏で手を回す秋元才加、光とだけは結婚を許せない榊原郁恵、この4人。

もう既に光と信がくっついて丸く治まるなんてあり得ない刺々しい状況ですね。

  • 駆け落ちしてHAPPY?エンド
  • どちらかが死亡して悲劇エンド
  • 嫉妬組の大勝利で元さやで我慢エンド

このあたりが濃厚かなと思います。

どちらにしても最終回は【圧倒的ハッピーエンド】は無いと思われます。

次回も楽しみですね。

 

Posted by dorama9管理人