【嫌われる勇気】1話の感想『超絶賛否両論』香里奈完全復帰作は批判も多め!

1/12放送開始の木曜ドラマ【嫌われる勇気】、今回は1話の感想をまとめていきます。

【嫌われる勇気(ドラマ)】のキャストとあらすじ!リアルすぎる?主題歌は大塚愛、OPはNEWS!
2017年1月スタートの木曜10時ドラマは【嫌われる勇気】。 主演は香里奈さん、脇を固めるのは加藤シゲアキさんと椎名桔平さん。…

このドラマの評価対象は単純に『面白い』『面白くない』の話ではありません。

このドラマがヒットするかどうかはテーマとなっているアドラー心理学自体の説得力も大きな要因となっています。

そもそも『人の悩みは全て対人関係』という前提自体に苦言を呈す方も少なくありません。

それが全てなんて言い切ることには私もちょっと不自然な感じがします。

そして問題は主演の香里奈さんへの印象。

2012年のスキャンダル以降、芸能界でほぼ干された状態だったので当然その部分について厳しい意見も多くみられました。

ここまで賛否両論あるドラマは珍しいですね。

面白いという方にはバッチリ嵌るし、ダメという方にはとことん受け入れられない、そんなドラマです。

個人的な感想としてはとても面白いという印象を受けました。

テンポも良いし挿入歌もクオリティ高め、刑事モノながら心理学という大きなものが関わってくることで見どころもある、興味が湧くお話だと思います。

それでは、木曜ドラマ【嫌われる勇気】1話感想をどうぞ。

スポンサーリンク

【嫌われる勇気】の感想『超絶賛否両論』香里奈完全復帰作は批判も多め!

面白いという意見が半分、受け入れられないという意見が半分というこれぞ賛否両論という感じですね。

最近のドラマの中では圧倒的に批評が多いと感じました。

そもそも心理学をテーマにしたドラマは全ての人に受け入れられるわけはありません。

人には人の考え方がありますし「嫌われる勇気」なんて持つ必要はなく、人に良く思われたいと思うのも人間の性ですよね。

アドラー心理学は精神的なマイナス部分をカットする為のものであって、プラス思考とは少し違います。

プラスを増やすものではなく、マイナスを削っていく、悩みというネガティブな感情から解き放たれる為のものです。

このドラマを見る方はとりあえず『嫌われる勇気』の原作を読むべきですね。

そうする事で圧倒的に理解が深まりますしドラマ自体も楽しめるのではないでしょうか。

毎日の生活に悩みを抱えている方にはとても響く本です。

もしドラのように原作には原作の良い部分があり、それをドラマ化することでより分かり易くなる…という感じでしょうか。

この作品はどうやってもアドラー心理学を理解する必要があるので小説版も読んでみた方が良いと思います。

嫌われる勇気、この番組自体嫌われる勇気を持った勇敢な方針だと感じました。

視聴率も気になりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク